「HUAWEI P30 lite」は今買うべきSIMフリーの格安スマホか?


楽天でAndroid 9.0を搭載した6.1型のスマートフォン「HUAWEI P30 lite」(国内版)が販売されている。トリプルカメラ搭載のSIMフリースマホとして注目の製品。前モデル「Huawei P20 lite」の性能を大きく上回っている。

「HUAWEI P30 lite」の完成度はやっぱり高かった?!

「HUAWEI P30 lite」は上位モデル「Huawei P30」、の廉価版でライカ製レンズは搭載されていない。

プロセッサはKirin 980からKirin 710に変更され、RAMは6/8GBから4GBへ、トレージ容量は128GBから64GBへ、Bluetoothは5.0から4.2へスペックダウン。上位モデル「Huawei P30」では利用できたNFCに対応していないなど、上位モデルとの差はかなり大きい。

しかしながら、「HUAWEI P30 lite」はそれでも非常に魅力的な要素を多分に持っているスマホであることに変わりはない。

前モデルの「Huawei P20 lite」、廉価版の「HUAWEI nova lite 3」、「Huawei Mate 20 lite」では使えなかったトリプルカメラが利用でき、120°の超広角撮影で迫力ある写真も撮影できる。

また、ディスプレイ内指紋認証に対応しないものの、上位モデル「Huawei P30」と同等の液晶(6.1インチ・解像度2312 × 1080 )を持ち、Kirin 710と4GB RAMとの組み合わせで動作もサクサクだ。

これに加えて顔認証と指紋認証が利用でき、2400万画素のフロントカメラで高画質な自撮り写真まで撮影できることをふまえると、そのコストパフォーマンスは非常に高いといえるだろう。

前モデル「HUAWEI P20 lite」は、SIMフリー市場で販売台数1位を記録した(2018年10月〜2019年3月まで・BCNランキング)ことで有名だが、「HUAWEI P30 lite」はその上をいくほど完成度が高いSIMフリースマホに仕上がっている。

派手な目玉要素はあまりないが、3万円台で購入できる実用的なスペック・機能をもったスマホとして手に入れる価値は十分にありそうだ。その実力と魅力については後で詳しく述べる。

公式製品紹介ページはこちら
https://consumer.huawei.com/jp/phones/p30-lite/

Huaweiスマホのまとめ記事こちら

トリプルカメラ&フルスクリーン液晶搭載スマホ「HUAWEI P30 lite」

HUAWEI P30 lite」はAndroid 9.0を搭載した6.1型のスマートフォン。厚さ 7.6 mmの薄型ボディにHiSilicon Kirin 710 オクタコアCPUと4GB RAMを搭載。解像度2312 × 1080 ピクセルのフルスクリーン液晶や3340 mAh、64GBストレージ、背面2400万画素+800万画素+200万画素、前面2400万画素カメラ、ジャイロセンサーを備えるほか、顔認証、指紋認証、急速充電、Wi-Fiデュアルバンド、au VoLTE、キャリアアグリゲーション、120°の超広角撮影、ビデオ着信音(お気に入り動画を連絡先の着信音にする)にも対応している。

ディスプレイはどうなってる?

ディスプレイは6.1インチ解像度2312 × 1080 ピクセルの TFT液晶を搭載。ピクセル密度415 ppiの高精細なフルスクリーン液晶で、 画面比率 84.2%を実現。前面カメラの周辺に滴型ノッチを配置したことで画面がより広くなっている。また、ブルーライトカットモードを搭載し、目の疲れを軽減できる。

なお、前モデルの「Huawei P20 lite」は5.84インチ、解像度1080 x 2280ドットの液晶を搭載。アスペクト比 19:9のフルスクリーン液晶で、画面比率 80.5%を実現していた(※ブルーライトカットモードもあり)。

プロセッサ・ベンチマーク・メモリ、グラフィックは?

プロセッサはHiSilicon Kirin 710 オクタコア(2.2 GHz/4 + 1.7 GHz/4) 、RAM(メモリ)は4GB を搭載。12 nmプロセスで製造された64ビット対応の8コアプロセッサで、最大2.2 GHzの周波数で駆動。

AnTuTuアプリによるベンチマークのスコアは「138500」(CPU)。グラフィック(GPU)はARM Mali-G51 MP4を採用し、動画やゲームを滑らかに再生する。

なお、前モデルの「Huawei P20 lite」はHUAWEI HiSilicon Kirin 659 オクタコアCPUと4GB RAMを搭載。AnTuTuアプリによるベンチマークスコアは「87976」(CPU)だった。

バッテリー容量はどれくらい?

バッテリー容量は 3340 mAh(取り外し不可)。Huawei独自の急速充電「HUAWEI Quick Charger」(付属ACアダプター利用)に対応し、短時間で充電できる。

なお、前モデルの「Huawei P20 lite」のバッテリー容量は3000 mAhで、駆動時間は8時間ほど。9V/2Aの急速充電にも対応していた。

ストレージ容量はどれくらい?

ストレージ容量は64GBで、micro SDカードで最大512GBまで増設できる。

なお、前モデルの「Huawei P20 lite」のストレージ容量は32GBで(※au版のみ64GB)、micro SDカードで最大256GBまで増設できた。

カメラはどうなってる?

カメラは背面2400万画素+800万画素+200万画素前面2400万画素

背面カメラにはトリプルカメラを採用。24 MPにはf/1.8広角レンズ、8 MPには13mm の超広角レンス、2 MPにはf/2.4の深度用レンズを搭載している。

また、AIによる22種類の自動シーン識別が可能。被写界深度測定用のレンズを搭載し、美しいボケ味を表現できる。

そのほか、高速オートフォーカス「PDAF」、デュアルLEDフラッシュ、顔認識、タッチフォーカス、HDR、パノラマ、ジオタグなどの機能が利用できる。

前面カメラには f/2.0のレンズを搭載。AIによる8種類の自動シーン識別が利用できる。

動画撮影は1080p@30fpsをサポートする。

なお、前モデルの「Huawei P20 lite」のカメラは背面1600万画素(1.12μm、F値2.2) + 200万画素(深度測定用)のデュアルカメラで、前面のフロントカメラは1600万画素だった。AIによるシーン認識にも対応していた。

通信・対応バンドはどうなってる?

通信は4G、3G、2Gに対応。

対応バンド・ネットワーク(周波数)は4G FDD-LTE 1/3/5/7/8/18/19/26/28 TDD-LTE 41、3G W-CDMAはバンド1/2/5/6/8/19、2G GSM850/900/1800/1900MHz

SIMカードサイズはNano SIM+Nano SIM(デュアルSIM)。Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth4.2、GPS(A-GPS/GLONASS)もサポートする。

格安SIMは利用できるの?

ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、au KDDI の通信網に対応。楽天モバイル、LINEモバイル、BIGLOBE、DMMモバイル、OCNモバイル、IIJmio、イオンモバイルなどの格安SIMも利用できる。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースはUSB Type-C、3.5mmジャック。搭載センサーは指紋認証、コンパス、環境光、加速度、近接、ジャイロ、Hall。

なお、前モデルの「Huawei P20 lite」のインターフェースもUSB Type-C、3.5mmジャックで全く同じだった。

ボディはどうなってる?

ボディにはシンプルでスタイリッシュなデザインを採用。背面の端を湾曲させ、握りやすく片手でも持ちやすくなっている。なお、ピーコックブルーのみ美しいグラデーション加工が施されている。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは149.1 x 71.4 x 7.6 mmで、重量は165 g。カラーはミッドナイトブラック、パールホワイト、ピーコックブルーをラインナップする。

「HUAWEI P30 lite」 スペック  一覧

  • ディスプレイは6.1インチ、解像度2312 × 1080 ピクセルのTFT液晶
    ※FHD+ / 415 ppi / 画面比率 84.2% / ブルーライトカットモード
  • プロセッサはHiSilicon Kirin 710 オクタコア(2.2 GHz/4 + 1.7 GHz/4)
  • GPUはARM Mali-G51 MP4
  • RAMは4GB
  • ストレージ容量は64GBで、micro SDカードで最大512GBまで増設可能
  • バッテリー容量は 3340 mAh(取り外し不可)
  • カメラは背面2400万画素+800万画素+200万画素、前面2400万画素
  • OSはAndroid 9.0 + EMUI 9.0.1
  • 付属品はマイク付イヤホン、ACアダプタ、USBケーブル、クイックスタートガイド、クリアケース

「HUAWEI P30 lite」の価格は?

楽天での「HUAWEI P30 lite」の価格は現在 税込で35,510円(ポイント8倍)。格安スマホとしてはUQモバイルからも販売される。トリプルカメラやフルスクリーン液晶が使える6.1型のスマートフォンを探している人におすすめだ。

楽天で「HUAWEI P30 lite」(国内版)をチェックする

Amazonで「HUAWEI P30 Lite 」(国内版)をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI P30 lite」(国内版)をチェックする

【ファーウェイ公式】5/21~5/27限定★Band 3がもらえる HUAWEI P30 lite(ピーコックブルー)約6.15インチ 高精細フルHD+ディスプレイ/Peacock Blue スマホ本体 スマートフォン本体 本体のみ simフリー【送料無料】

価格:
35,510円

(2019/05/24 09:59時点 )

感想:0件

UQモバイルから格安スマホとして発売中!

「HUAWEI P30 lite」は、UQモバイルから格安スマホとして発売されている。SIMフリーモデルで、月々のお支払例は3,218円/月から。気になる人はチェックしてみよう。

 

「HUAWEI P30 lite」VS「Huawei P20 lite」

「HUAWEI P30 lite」と前モデルの「Huawei P20 lite」はどのように違っているのだろうか? スペックや機能を比較しながら、その違いを明らかにしてみよう。

ディスプレイが大型化

前モデル「Huawei P20 lite」は5.84インチ、解像度1080 x 2280の液晶を搭載していた。一方、「HUAWEI P30 lite」は6.1インチ、解像度2312 × 1080の液晶を搭載。「Huawei P20 lite」よりも0.36インチ大きくなり、画面比率も 80.5%から 84.2%に向上している。画面の見やすさは「HUAWEI P30 lite」の方が優れており、より迫力ある映像で動画やアプリを楽しめるようになっている。

Kirin 659 から Kirin 710 へ

前モデル「Huawei P20 lite」はHiSilicon Kirin 659 オクタコアCPUを搭載し、AnTuTuアプリによるベンチマークスコアは「87976」(CPU)。それに対し、「HUAWEI P30 lite」はHiSilicon Kirin 710 オクタコアCPUを搭載し、AnTuTuアプリによるベンチマークスコアは「138500」(CPU)。

約5万の差があることから、「HUAWEI P30 lite」の方が格段に高速に動作することが分かる。また、グラフィック性能(GPU)もMali-T830 MP2からARM Mali-G51 MP4に強化されており、動きの激しいゲームや動画では「HUAWEI P30 lite」の方がよりスムーズに動作する。

デュアルカメラからトリプルカメラへ

前モデルの「Huawei P20 lite」のカメラは背面1600万画素+ 200万画素のデュアルカメラだったが、「HUAWEI P30 lite」からは背面2400万画素+800万画素+200万画素のトリプルカメラになっている。これにより、通常の広角撮影の他に120°の超広角撮影も簡単にできるようになった。

AIによるシーン認識、背景をぼかした撮影も「Huawei P20 lite」と同様にできる。また、前面カメラも1600万画素から2400万画素に強化。AIによるシーン認識も利用可能で、より美しいセルフィー写真を撮影できるようになっている。

ストレージ容量が32GBから64GBへ

前モデルの「Huawei P20 lite」のストレージ容量は32GB(※au版のみ64GB)だったが、「HUAWEI P30 lite」からはその2倍の64GBに変更された。また、「Huawei P20 lite」がmicroSDカードで最大256GBまで拡張できたのに対し、「HUAWEI P30 lite」はmicro SDカードで最大512GBまで拡張できるように改善されている。

Android 8.0から 9.0へ

前モデルの「Huawei P20 lite」のOSはAndroid 8.0だったが、「HUAWEI P30 lite」からはAndroid9.0にバージョンアップされている。これにより、バッテリー使用の最適化(不要なアプリをバックグランドに置く)、液晶画面の明るさ自動調節、電源長押しでのスクリーンショット撮影、通知のミュートなどのさまざまな機能が利用できるように改善された。

また、Huawei 独自のカスタム UI がEMUI 8.0からEMUI 9.0.1へとバージョンアップし、メニュー構成を見直したシンプルなユーザーインターフェースになっているほか、ジェスチャーナビゲーションなどの新機能の追加、動作面でのパフォーマンス向上が図られている。

「HUAWEI P30 lite」の魅力

HUAWEI P30 lite」にはどのような魅力があるのだろうか? スペックや機能、前モデルの「Huawei P20 lite」、上位モデル「Huawei P30」、廉価版の「HUAWEI nova lite 3」、「Huawei Mate 20 lite」などと比較しながら、その実力と魅力を明らかにしていきたい。

トリプルカメラで超広角撮影も快適

「HUAWEI P30 lite」には背面2400万画素+800万画素+200万画素のトリプルカメラが搭載されており、120°の超広角撮影も簡単にできる。前モデルの「Huawei P20 lite」、「HUAWEI nova lite 3」、「Huawei Mate 20 lite」はAI機能を備えているもののデュアルカメラ仕様にとどまっており、「HUAWEI P30 lite」のように120°の超広角撮影は利用できない。

また、ライカレンズを搭載しないものの上位モデル「Huawei P30」の基本的なカメラ機能を受け継いでおり、P30に近い高品質な写真が撮影できるというメリットがある。

2400万画素カメラで自撮り写真も高画質

「HUAWEI P30 lite」には前面に2400万画素カメラが搭載されており、高品質な自撮り写真を撮影できるようになっている。前モデルの「Huawei P20 lite」と「HUAWEI nova lite 3」は前面1600万画素カメラのため、「HUAWEI P30 lite」のカメラより約800万画素ほど画素数が低くなる。

また、「HUAWEI P30 lite」の前面カメラにはAI機能も利用できるようになっており、細かい設定なしで簡単にクオリティの高いポートレート写真が撮れる。ただし、「Huawei Mate 20 lite」は前面2,400万画素+200万画素で、デュアルカメラによる背景をぼかした自撮り写真も撮影できるようになっており、「HUAWEI P30 lite」の前面カメラよりも性能が高くなっている。

大容量ストレージで大量保存も余裕

「HUAWEI P30 lite」には64GBのストレージを搭載し、microSDカードで最大512GBまで拡張できる。前モデルの「Huawei P20 lite」(※au版のみ64GB)と「HUAWEI nova lite 3」は32GBストレージ(最大256GBまで)だったため、ストレージ容量が2倍に増えたことになる。

最近のスマホは高画素になったため、写真のデータもその分大きくなる。PCに移さずにそのまま撮りためているとすぐに容量不足になり、動作にも支障をきたすことになる。高画質な写真を大量に保存するためにはやはり64GB分のストレージ容量があった方がいい。「HUAWEI P30 lite」には64GBのストレージを搭載しているため、容量不足を気にすることなく大量に写真を保存できる。

大型液晶が高精細で見やすい

「HUAWEI P30 lite」は前モデル「Huawei P20 lite」も大きく高精細な6.1インチ、解像度2312 × 1080のフルスクリーン液晶を搭載しており、画面が非常に見やすい。前モデルの「HUAWEI nova lite 3」は6.21インチ(解像度2340 x 1080・409 ppi)とP30 liteよりも大きなディスプレイを搭載しているが、ピクセル密度は「HUAWEI P30 lite」(415 ppi)よりも低く、コントラストもやや浅め。「HUAWEI P30 lite」はコントラストも高く、明暗差のバランスをとれた美しい映像になっている。

Kirin 710&4GB RAMでスムーズに動作

「HUAWEI P30 lite」はHiSilicon Kirin 710 オクタコアCPUを搭載し、前モデル「Huawei P20 lite」よりも高速に動作する。両者のベンチマークスコアは約5万の差があり、グラフィック性能(GPU)も強化されていることから、「HUAWEI P30 lite」の方が快適にゲームをプレイできる。

なお、前モデルの「HUAWEI nova lite 3」もHiSilicon Kirin 710 オクタコアCPUを搭載しているが、メモリ(RAM)が3GBになっており、「HUAWEI P30 lite」(4GB RAM)より1GB分少ない。このため、複数のアプリを同時に使った際には「HUAWEI P30 lite」の方がスムーズに動作することが分かる。

楽天で「HUAWEI P30 lite」(国内版)をチェックする

Amazonで「HUAWEI P30 Lite 」(国内版)をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI P30 lite」(国内版)をチェックする

【ファーウェイ公式】5/21~5/27限定★Band 3がもらえる HUAWEI P30 lite(ピーコックブルー)約6.15インチ 高精細フルHD+ディスプレイ/Peacock Blue スマホ本体 スマートフォン本体 本体のみ simフリー【送料無料】

価格:
35,510円

(2019/05/24 09:59時点 )

感想:0件

 

この続きはこちら!