「CHUWI Hi8 SE」ぶっちぎりコスパの8型Androidタブレット


AmazonでAndroid 8.1を搭載した8型のタブレット「CHUWI Hi8 SE」が販売されている。コスパの高い8インチのタブレットとして注目の製品。必要なスペックと機能が十分につめ込まれている。

「CHUWI Hi8 SE」は8型Androidタブレットで最強コスパか?

8インチのAndroidタブレットは数多く販売されているが、群を抜いてコスパが高いのが「CHUWI Hi8 SE」だろう。中華タブレットとして軽く見られる傾向があるが、日本製のタブレットと比較してもスペック・機能ともに見劣りすることはない。

このタブレットが他の8型タブレットよりも秀でているのは、まず「Android8.1」とOSバージョンが新しいこと。同じ8型の「Teclast P80 Pro」はAndroid 7.0であり、この点で一歩劣る面があることは否めない。

また、フルHDのIPS(OGS)液晶や32GBストレージ、4000mAhバッテリー搭載、背面500万画素、前面200万画素カメラ搭載となかなかのスペック。特にカメラについては背面200万画素、前面30万画素カメラ搭載の「Teclast P80 Pro」よりも大きく性能を上回っている。

そのほか、高速で途切れづらいWi-FiデュアルバンドやGoogle Playに対応している点も魅力を感じるところ。ボディが7.8mmと非常に薄くなっているため、携帯性も抜群にいい。

公式製品紹介ページはこちら
https://www.chuwi.com/product/items/Chuwi-Hi8-SE.html

非公式レビュー動画 ディスプレイやボディの質感・ゲームプレイの様子・ベンチマーク結果が分かる

「CHUWI Hi8 SE」 スペック 詳細

Android 8.1搭載の極薄8型タブレット

CHUWI Hi8 SE」はAndroid 8.1を搭載した8型のタブレット。厚さ7.8mmの薄型ボディにMediaTek MT8735 クアッドコア CPUと2GB RAMを搭載。16:10のOGS液晶、4000mAhバッテリー、32GBストレージ、500万画素カメラ(背面)を備えるほか、Wi-Fiデュアルバンド、Google Play、Miracastにも対応している。

ディスプレイはどうなってる?

ディスプレイは8.0インチ解像度1920 x 1200ドットのIPS液晶を搭載。カバーパネルとガラスセンサーを一体化させたOGS液晶で、スムーズに操作することが可能。また、アスペクト比16:10の色鮮やかな液晶で、快適に動画やアプリを利用できる。

プロセッサやメモリはどうなってる?

プロセッサはMediaTek MT8735 クアッドコア 1.1GHz 、RAMは2GB を搭載。64bit対応の4コアCPUで、従来製品よりも20%高速で、10%の省電力性を実現。グラフィック(GPU)はARM Mali T720を採用し、動画やゲームを滑らかに再生する。

ベンチマークのスコアは?

AnTuTu アプリによるベンチマークスコアは、総合で「35278」、CPUで「17557」、GPUで「2122」、UXで「12297」、MEMで「3302」。

Geekbench によるベンチマークのスコアはシングルコアで「557」、マルチコアで「1361」。

バッテリー容量・駆動時間はどうなってる?

バッテリー容量は4000mAh駆動時間8時間ほど。低電力で駆動するため、長時間使用することができる。

ストレージ容量はどうなってる?

ストレージ容量は 32GB。microSDカードで 最大128GBまで拡張できる。

カメラはどうなってる?

カメラは背面500万画素、前面200万画素。チャットやWeb会議で活用できる。

通信・Wi-Fi・Bluetoothは?

通信は WiFi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0をサポートする。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースは micro USB 、microSDカードスロット、3.5mmジャック

ボディはどうなってる?

ボディには厚さ7.8mmの薄型デザインを採用。340gの軽量さで、手にしっかりとフィットする。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは21.50 x 12.20 x 0.78 cmで、重量は340g。カラーはブラックをラインナップする。

「CHUWI Hi8 SE」  スペック  一覧

  • ディスプレイ  8.0インチ解像度1920 x 1200ドットのIPS液晶
    ※16:10 / OGS
  • プロセッサ  MediaTek MT8735 クアッドコア 1.1GHz
  • GPU  Mali T720
  • RAM   2GB DDR3
  • ストレージ容量  32GB(最大128GBまで)
  • バッテリー  4000mAh
  • カメラ  背面500万画素、前面200万画素
  • インターフェース  Micro USB 、microSDカードスロット、3.5 mm ヘッドフォンジャック
  • 通信  WiFi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0
  • OS  Android 8.1

「CHUWI Hi8 SE」の価格は?

Amazonでの「CHUWI Hi8 SE」の価格は現在 11,800円。「Teclast P80 Pro」は現在 13,800なので2千円ほどお買い得。8インチでコスパの高いタブレットを探している人におすすめしたい。

Amazonで「CHUWI Hi8 SE」をチェックする

GearBestで「CHUWI Hi8 SE」をチェックする

 

<関連記事 >

Chuwiのタブレットをまとめて紹介!

Chuwiタブレット&2in1 PCはコスパNo.1 全機種を比較 

人気のタブレット

安くなきゃヤダ!1万円前後の激安Androidタブレット まとめ 

一度は手に入れてみたい 超ハイスペックな高級Androidタブレット まとめ

<中華タブレット>

中華タブレットに新モデル続々! 2018 全機種を比較

<SIMフリーで使えるタブレット>

外でも快適! SIMフリーで使えるAndroidタブレット まとめ 

<8インチのWindowsタブレット>

8型Windowsタブレットが再び人気に?! 全機種を比較