「Sony Xperia 10 / Plus」 レビュー以上に驚愕ワイドなスマホ


AmazonでAndroid 9.0を搭載したスマートフォン「Sony Xperia 10」(6.0型)と「Sony Xperia 10 Plus」(6.5型)が販売されている。アスペクト比 21:9 という驚異的な液晶を搭載したスマホとして注目の製品。すばやく画面を分割する機能も備えている。

21:9 液晶で活用の幅が広がる「Sony Xperia 10 / Plus」の魅力

「Sony Xperia 10 / Plus」は21:9 フルスクリーン液晶の他にもQualcomm Snapdragon 630オクタコアCPUと3/4GB RAM、スタミナモード搭載の2870mAhバッテリー、64GBストレージを備えており、スペックは比較的高い。その性能はすでに発売済みの「Sony Xperia XA2」を上回るほどだ。

その他にも背面1300+500万画素のデュアルカメラを備えており、4K動画撮影やスローモーション撮影にも対応。ハイレゾ音源再生やステレオ録音にも対応し、カメラや音楽にこだわる人にも満足するスマホに仕上がっている。

しかし、「Sony Xperia 10 / Plus」に最大の魅力はやはり21:9 フルスクリーン液晶にあるだろう。この驚異的に縦長ワイドな液晶があるために、「Sony Xperia 10 / Plus」は他のスマホにはない使い方ができる。そしてその活用こそが「Sony Xperia 10 / Plus」の大きな魅力となっていると思われる。その詳細については以下で詳しく述べる。

公式製品紹介ページはこちら

非公式レビュー動画 ディスプレイの見え方やボディの質感・操作・アプリ・ゲームプレイの様子が分かる

「Sony Xperia 10」 スペック 詳細

21:9 のフル HD+液晶を搭載したワイドなスマホ

Sony Xperia 10」はAndroid 9.0を搭載した6.0型のスマートフォン。厚さ8.4 mmの薄型ボディにQualcomm Snapdragon 630オクタコアCPUと3/4GB RAMを搭載。21:9 のフル HD+液晶やスタミナモード搭載の2870mAhバッテリー、64GBストレージ、背面1300+500万画素のデュアルカメラ、前面800万画素のフロントカメラを備えるほか、急速充電、スタミナモード、NFC、Wi-Fiデュアルバンド、GLONASS GPS通信、ハイレゾ音源再生、4K動画撮影、スローモーション撮影、ステレオ録音にも対応している。

ディスプレイはどうなってる?

ディスプレイは 6.0インチ、解像度1080 x 2520ピクセルの液晶を搭載。アスペクト比 21:9フル HD+液晶で、圧倒的に高い没入感を実現。画像強調テクノロジーによって色彩豊かな映像を映し出すほか、液晶表面を堅牢な Gorilla Glass 5 で保護している。

また、Side sense 3とアプリランチャーによってすばやく画面を分割することが可能。ブラウザや動画アプリ、電子メールアプリなど複数のアプリを同時に使用できる。なお、Side sense 3とAI機能により、スクロール操作は不要。両側のどこかをダブルタップするだけでアプリを予測して表示する。

プロセッサやメモリ、グラフィックはどうなってる?

プロセッサはQualcomm SDM630 Snapdragon 630 Octa-core 2.2 GHz 、RAM(メモリ)は 3GB or 4 GB を搭載。14nmプロセスで製造された64ビット対応の8コアプロセッサで、最大2.2 GHzの周波数で動作。グラフィック(GPU)は Adreno 508 を採用し、動画やゲームを滑らかに再生する。

なお、同じプロセッサを搭載しているスマホにはAQUOS sense plus・ZenFone 5Q・Moto G6 Plusなどがある。Moto G6 Plusを使ったベンチマークスコアは、シングルスコア:830点・マルチスコア:4000点(Geekbench 4;CPU・メモリ性能)。3DCG性能はスコア:13,020(3D Mark Ice Storm Unlimited)。ミッドレンジの上位モデルによく搭載されるプロセッサである。

ベンチマークのスコアは?

Sony Xperia 10」のAnTuTuアプリによるベンチマークスコアは、総合で「88237」、CPUで「38577」、GPUで「19466」、UXで「25323」、MEMで「4871」。

Sony Xperia 10 Plus」のAnTuTuアプリによるベンチマークスコアは、総合で「117538」、CPUで「56144」、GPUで「21471」、UXで「33159」、MEMで「6764」。

ゲームは快適にプレイできるの?

ゲームを快適にプレイできる程度のベンチマークスコアはクリアしている。3Dゲームを含めてほとんどのゲームはスムーズに動作する。詳しいゲームプレイの様子は以下の動画レビューから分かるようになっている。

バッテリー容量 & 駆動時間は?

バッテリー容量は 2870mAh。スタミナモード搭載でスマホの電池(バッテリー)消費を抑えて長時間駆動する。

また、USBケーブルを利用して最大100Wまでの受給電を可能にする「USB Power Delivery」に対応。5W(5V / 1A)出力の標準的なモバイルバッテリーやUSB急速充電器と比べて、最大100Wの給電能力をもち、20倍ものパワーで高速に充電できる。なお、専用アクセサリーとして急速充電器「Fast Charger UCH32C」も販売される。

ストレージ容量はどれくらい?

ストレージ容量は 64GBで、micro SDカードで最大512GBまで増設できる。

カメラはどうなってる?

カメラは背面1300+500万画素、前面800万画素

<背面カメラの詳細>

背面カメラには1.12μmサイズの1/3.0センサーと1.4μmサイズの1/4.0センサーを搭載。レンズはf2.0、広角76.4°レンズとf2.4の広角87.9°レンズを備える。

機能面ではハイブリッドオートフォーカス、ローライトフォト(ISO12800)、5倍デジタルズーム、背景ぼかし、手振れ補正(ステディショット〜、LEDデュアルフラッシュ、タッチフォーカス、HDR、パノラマ、ジオタグなどの機能が利用できる。

以下の動画レビューは、「Sony Xperia 10」のカメラで撮影した写真のサンプルを集めたもの。拡大してみると、細部まで精密に映し出していることが分かる。

<前面カメラの詳細>

前面カメラには1.12μmサイズの1/4.0センサーとf2.0の広角84° レンズを搭載。HDRやSteadyShot機能、ポートレートエフェクト機能、ディスプレイフラッシュ機能などが利用でき、暗い場所でも明るく美しいセルフィー写真が撮影できる。

動画撮影は4Kに対応。120fps のスローモーション撮影も利用できる。

通信・対応バンド・Wi-Fi・Bluetooth は?

通信は4G、3G、2Gに対応。

対応バンド・ネットワーク(周波数)は 4G LET Band 1, 2, 3, 5, 7, 8, 20, 28, 38, 39, 40, 41M、3G Bands 1, 2, 5, 8 、 2G GSM GPRS/EDGE Bands 850/900/1800/1900 / UMTS HSPA+ (※型番によって対応バンドが異なるので注意が必要。上記のバンドは型番 I4193のものを記載)。

SIMスロットはデュアルSIM仕様で、SIMカードはNano SIM+Nano SIM

Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0(A2DP, LE, aptX HD)、GPS (A-GPS、GLONASS)、NFCもサポートする。

格安SIMは使えるの?

ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、 au の通信網に対応。

楽天モバイル、LINEモバイル、BIGLOBE、DMMモバイル、OCNモバイル、IIJmio、イオンモバイルなどの格安SIMも利用できる。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースは USB Type-C。搭載センサーは加速度計 周囲光センサー eCompass™ 指紋センサー ホールセンサ 磁力計 ステップカウンター ステップ検出器 重要なモーション検知器 近接センサー。

ボディはどうなってる?

ボディには6インチながらも厚さ8.4 mmの薄型デザインを採用。人間工学的に設計された細身のボディは片手でも持ちやすく、手にフィットしやすい。また、ボディにはスタイリッシュなメタル素材を採用。表面は光によって反射し、美しい輝きを放つようになっている。なお、片手でも操作しやすいようにミニUIを用意。親指をスワイプするだけでディスプレイを小さくして、すべてのアプリなどに簡単にアクセスできる。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは155.7 x 68 x 8.4 mmで、重量は 162 g。カラーはブラック、ネイビー、シルバー、ピンクをラインナップする。

「Sony Xperia 10」 スペック  一覧

  • ディスプレイは6.0インチ、解像度1080 x 2520ピクセルの液晶
    ※21:9 / Full HD+ / Image Enhance Technology / Corning Gorilla Glass 5
  • プロセッサはQualcomm SDM630 Snapdragon 630 Octa-core 2.2 GHz
  • GPUはAdreno 508
  • RAMは3 or 4 GB
  • ストレージ容量は64GBで、micro SDカードで最大512GBまで増設可能
  • バッテリー容量は 2870mAh
    ※battery Care / Smart Stamina / Stamina Mode/ USB Power Delivery (USB PD)
  • カメラは背面1300+500万画素、前面800万画素
  • インターフェースは USB Type-C
  • 通信はWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0(A2DP, LE, aptX HD)、GPS(A-GPS、GLONASS)、NFC、SIMフリー
  • OSはAndroid 9.0
  • 純正アクセサリーはFast Charger UCH32C、Xperia 10 Style Cover Solid SCBI10、Style Cover Stand SCSI10 for Xperia 10

「Sony Xperia 10 / Plus」の価格は?

Amazonでの「Sony Xperia 10」の価格は現在 54,627円(型番I4193) 。「Sony Xperia 10 Plus」 (型番I4293)は65,023円。21:9 のフル HD+液晶を搭載したワイドなスマホを探している人におすすめだ。

Amazonで「Sony Xperia 10」をチェックする

6.5インチの「Sony Xperia 10 Plus」も発売中!

Amazonでは6.5インチの「Sony Xperia 10 Plus」も発売されている。6.0インチの「Sony Xperia 10」よりも0.5インチ大きな液晶を持ち、RAMは最大6GB 搭載する。また、背面のデュアルカメラは1200万画素+800万画素と高画質化(Sony Xperia 10は背面1300+500万画素)。バッテリーは3000 mAhと、Sony Xperia 10(2870mAh)よりも増強されている。

「Sony Xperia 10 Plus」  スペック  一覧

  • ディスプレイは6.5インチ、解像度1080 x 2520の液晶
  • プロセッサはQualcomm SDM636 Snapdragon 636 Octa-core 1.8 GHz
  • GPUはAdreno 509
  • RAMは4 GB or 6 GB
  • ストレージは64GB
  • バッテリーは3000 mAh
  • カメラは背面1200万画素+800万画素、前面800万画素
  • インターフェースは USB Type-C
  • 通信はWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0(A2DP, LE, aptX HD)、GPS(A-GPS、GLONASS)、NFC、SIMフリー
  • OSはAndroid 9.0

Amazonで「Sony Xperia 10 Plus」をチェックする

「Sony Xperia 10」の魅力と活用法について

Sony Xperia 10」にはどのような魅力があるのだろうか? 同じミッドレンジモデル「Sony Xperia XA2」にないメリットといえば、やはりXperia 10の21:9フル HD+液晶にあるだろう。ここでは「Sony Xperia XA2」のスペック・機能と比較しながら、と「Sony Xperia 10」の魅力と21:9フル HD+液晶の活用法を探っていく。

ワイドで高精細な映像が楽しめる

「Sony Xperia 10」には6.0インチで21:9 のフル HD+液晶(解像度1080 x 2520)が搭載されている。同じミッドレンジモデルの「Sony Xperia XA2」は5.2インチで16:9のフルHD液晶(解像度1080 x 1920 )だったので、0.8インチほど大きくなり、解像度もフルHDからフル HD+へと高精細化されたことになる。当然のことながら、動画を観る際には没入感の違いが非常に大きくなり、「見やすさ」「快適さ」もケタ違いに変わってくる。この液晶のメリットを考えると、「Xperia XA2」から「Xperia 10」へと乗り換える価値は十分にある。

複数アプリを同時に使っても見やすい

アスペクト比 21:9 の液晶は18:9や16:9のフルスクリーン液晶と比べて、どのような違いがあるのだろうか? その疑問の答えは本体を横向きにして2つのアプリを同時に使用したときに明らかになる。

18:9や16:9のフルスクリーン液晶では2つのアプリを同時に使用したときにやや窮屈な印象を受ける。たとえていうなら、一つの画面に無理やり2つの画面を映し出したかのようである。それに対して 21:9 のフルスクリーン液晶は2つのアプリを同時に使用したときでも、窮屈な印象がなく余裕すら感じる。まるで通常のスマホを横向きにして2台並べたかのような感じで、動画を見ながら、ネット検索もスイスイと行える。

BluetoothキーボードとマウスでミニPC化できる

「Sony Xperia 10」の 21:9 液晶をどのように活用すべきだろうか? ユニークなアイディアとしてBluetoothでキーボードとマウスにつなぎ、ミニPC化するというものがある。これはもちろん、サムスンの 「Samsung DeX」のように外部ディスプレイと接続するものではなく、「Sony Xperia 10」のディスプレイをそのまま使用するという方法をとる。

画面は6インチになるが、アスペクト比 21:9のため画面を分割してもまったく窮屈さを感じることがない。また、Qualcomm Snapdragon 630オクタコアCPUと3/4GB RAM搭載のために、たいていのアプリはサクサク動作する。ウェブで調べものをしながら、ちょっとした文章をまとめるということがなんなくとできてしまう。こうしたことは5.2インチで16:9だった「Sony Xperia XA2」には絶対にできない。「Sony Xperia 10」の優れたメリットの一つであるといえる。

ゲーム中のWeb&チャットも見やすい

「Sony Xperia 10」の 21:9 液晶にはまだまだ活用方がいろいろある。例えば、複数アプリ同時使用でも画面が非常に見やすいのなら、ゲームをプレイしながらネットやチャットを利用しても非常に快適だ。

RPGゲームなどをプレイしていると、この先どうしていいか分からなくなるときがあるが、そういうときはうんうん悩むのではなく、すぐに画面を分割。もう片方の画面にWeb検索画面を開いて調べ、すぐにゲームに戻れる。 21:9 液晶なので画面の端が見づらいことはない。ゲーム中に友人や知人とチャットしても文字が見やすく、メッセージのやり取りも快適だ。

総合  評価

21:9フル HD+液晶の活用法としては他にも音楽を聴きながらWeb検索、元の写真を表示しながら画像の加工処理、読書しながら調べもの、歌詞を表示させて音楽鑑賞などなどがある。上で述べた通り、Bluetoothキーボードとマウスに接続することで、その用途はさらに広がる。6インチという大きさながらも片手で収まるほどコンパクトなのも魅力的だ。ソニー製なので音質やカメラ性能にも優れており、「2つのアプリを同時使用」する上でこれほど優れているスマホは他にないといえる。

Amazonで「Sony Xperia 10」をチェックする

Amazonで「Sony Xperia 10 Plus」をチェックする