「Samsung Gear S2」はヒットするスマートウォッチか?


サムスンから新型のスマートウォッチ「Samsung Gear S2」が発表された。スポーティな「Gear S2」と革バンドの「Gear S2 classic」の2モデルをラインナップし、「Gear S2」では単体での通信も行えるという。

現在、スマートウォッチ市場は「Apple Watch」の快進撃が進行中。今年4月に発売されて以来、早くも世界ウエアラブル端末市場で2位にのし上がった。対するサムスンは現在、5位と低迷中。最新機種「Samsung Gear S2」を投入することで、不振が続くスマートウォッチ市場でシェアトップを目指す。

公式製品紹介ページはこちら

スマートウォッチのまとめ記事こちら

円形ディスプレイ搭載スマートウォッチ「Samsung Gear S2」

Samsung Gear S2」は円形ディスプレイを搭載したスマートウォッチ。回転式のベゼルと「ホームボタン」や「戻る」ボタンを備え、アプリに迅速にアクセスできる。

ボディは11.4ミリと薄型になり、前モデルよりも装着しやすく改善。ディスプレイには1.2型の円形Super AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載している。OSは「Tizen OS」を採用し、1GHzのデュアルコアプロセッサ、4Gバイトの内部ストレージ、512Mバイトのメモリーを搭載。バッテリー容量は250mAh。無線充電に対応し、1度の充電で一般的な使い方なら最大2~3日利用できる。

通信はWi-Fi 802.11 b/g/nとBluetooth 4.1をサポート。通知、カレンダー、電子メール、ニュースを確認できるほか、定型文のテキストメッセージを送信できる。また、「Gear S2 with 3G」では3G通信機能を搭載し、単体での通信が可能。SIMは通常のタイプとは異なり、機器に直接組み込まれた「e-SIM」を内蔵し、音声通話も行える。そのほか、近距離無線(NFC)機能を内蔵し、モバイル決済が利用可能になっている。

Samsung Gear S2のスペック

  • OSはTizen OS。
  • CPUは1GHzのデュアルコア。
  • 内蔵メモリは512MB。
  • ストレージは4GB。
  • ディスプレイ解像度は360×360ピクセル。
  • サイズ/重量は、「Gear S2」が幅約42.3mm×高さ約49.8mm×厚さ約11.4mm/約47g 「Gear S2 classic」が幅約39.9mm×高さ約43.6mm×厚さ約11.4mm/約42g。
  • バッテリー容量は250mAh。
  • 連続駆動時間は2日から3日。
  • 防水・防塵はIP68に準拠。
  • 通信はIEEE802.11b/g/nに準拠したWi-Fi、Bluetooth 4.1、NFCに対応。
  • カラーバリエーションは、「Gear S2」がDark GrayとWhiteの2色、「Gear S2 classic」はBlackのみ。

3G通信対応「Gear S2」のスペック

  • サイズ/重量が幅約44.0mm×高さ約51.8mm×厚さ約13.4mm/約51g。
  • バッテリー容量は300mAh。連続駆動時間は約2日。そのほかの仕様は標準モデルと同様。
  • ※対応周波数やバンドについてはアナウンスされていない。

くわしいスペックはこちら

Amazonで「Samsung Gear S2」をチェックする

楽天で「Samsung Gear S2」をチェックする

ヤフーショッピングで「Samsung Gear S2」をチェックする

ヤフーショッピングで「Samsung Gear S2 中古」をチェックする


<関連記事>

<人気スマートウォッチ>

スマートウォッチ&活動量計に新モデル続々! 2018 比較 

スマートウォッチの人気モデルはどれ? 全機種を比較

<活動量計 / リストバンド>

スポーツ&健康管理に使える活動量計が人気! 全機種を比較

<激安スマートウォッチ>

5千円以下で買える多機能な激安スマートウォッチ まとめ

<アナログ風スマートウォッチ>

アナログ液晶のスマートウォッチ おすすめ 2018 人気モデルを比較

<アウトドア用スマートウォッチ>

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ 全機種を比較