「Xiaomi Redmi Note 7」スペック詳細 Redmi Note 7 Proとの違い


2019年1月に発売された「Xiaomi Redmi Note 7」と「Redmi Note 7 Pro」とのスペック、性能の違いを調べてみました。

「Xiaomi Redmi Note 7」と 「Redmi Note 7 Pro」の違い

Xiaomi Redmi Note 7」と 上位モデル「Redmi Note 7 Pro」は以下の点で異なっています。

・プロセッサ

・ベンチマークスコア

・メモリ・ストレージ容量

大きな違いは、プロセッサの違いで、「Xiaomi Redmi Note 7」がSnapdragon 660を搭載しているのに対し、「Redmi Note 7 Pro」はSnapdragon 675を搭載しています。これにより、ベンチマークの差も大きくなっています。

また、「Xiaomi Redmi Note 7」ではメモリが 3/4/6 GB、ストレージが32/64/128GBだったのに対し、「Redmi Note 7 Pro」ではメモリが4GB or 6 GB、ストレージ容量 が64GB or 128GBと2種類に絞られています。ベンチマーク結果の詳細は以下の詳細なスペック情報でまとめてあるので、そちらをご覧ください。その他のスペックは共通しています。

公式製品紹介ページはこちら
https://www.mi.com/global/redmi-note-7/

非公式レビュー動画 ディスプレイの見え方やボディの質感・操作・アプリ・ゲームプレイの様子が分かる

「Xiaomi Redmi Note 7」スペック 詳細

Xiaomi Redmi Note 7」はAndroid 9.0を搭載した6.3型のスマートフォン。厚さ 8.1mm のボディに Qualcomm Snapdragon 660 オクタコアCPUと 最大6GB RAMを搭載。19.5:9のフルスクリーン液晶、4000mAhバッテリー、最大128GBストレージ、背面4800万画素+500万画素カメラ(AI機能付き)、前面1600万画素カメラを備えるほか、顔認証、指紋認証、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0、Quick Charge 4の急速充電にも対応している。

ディスプレイはどうなってる?

ディスプレイは 6.3インチ、解像度2340 x 1080 ピクセルの液晶を搭載。アスペクト比 19.5:9 のフルスクリーン液晶で、 画面比率 90% を実現。ピクセル密度 409 ppi 、16万色の色鮮やかな発色の液晶で快適にアプリや動画を楽しめる。また、液晶表面は堅牢な ゴリラガラス 5(Gorilla Glass5)で保護し、傷や破損から守るようになっている。

プロセッサやメモリ、グラフィックはどうなってる?

プロセッサは Qualcomm SDM660 Snapdragon 660 Octa-core (4×2.2 GHz Kryo 260 & 4×1.8 GHz Kryo 260) 、RAM(メモリ)は 3/4/6 GB を搭載。14 nm プロセスで製造された64ビット対応の8コアプロセッサで、最大2.2 GHz の周波数で駆動。グラフィック(GPU)は Adreno 512 を採用し、動画やゲームを滑らかに再生する。

なお、「Redmi Note 7 Pro」のプロセッサは Qualcomm SDM675 Snapdragon 675 (11 nm) Octa-core 2×2.0 GHz & 6×1.7 GHzで、RAM(メモリ)は4GB or 6 GB、グラフィック(GPU)は Adreno 612 を採用していた。

ベンチマークのスコアは?

Xiaomi Redmi Note 7」のAnTuTuアプリによるベンチマークスコアは、総合で「144170」、CPUで「66815」、GPUで「30648」、UXで「39037」、MEMで「7670」。

Redmi Note 7 Pro」のAnTuTuアプリによるベンチマークスコアは、総合で「180831」、CPUで「82987」、GPUで「36343」、UXで「47942」、MEMで「13559」。

ゲームは快適にプレイできるの?

ゲームを快適にプレイできる程度のベンチマークスコアはクリアしている。3Dゲームを含めてほとんどのゲームはスムーズに動作する。詳しいゲームプレイの様子は以下の動画レビューから分かるようになっている。

バッテリー容量&駆動時間はどれくらい?

バッテリー容量は 4000mAh 。連続待受時間251時間、連続通話時間23時間、連続動画再生時間は13時間、連続ゲームプレイ時間は7時間となっている。

ストレージ容量はどれくらい?

ストレージ容量は 32/64/128GBで、micro SDカードで最大256 GBまで増設できる。

なお、「Redmi Note 7 Pro」のストレージ容量 64GB or 128GBだった。

カメラはどうなってる?

カメラは背面 4800画素( f/1.8 wide, 1/2″, 0.8µm)+500万画素(f/2.2, depth sensor)、前面 1200万画素(f/2.0, 1.12µm)。

48MPカメラにはF1.8の明るいレンズと12MPカメラの4倍の大きさになる1/2センサーを搭載。5MPカメラにはf2.2の深度用レンズを備えている。

また、背景ぼかし、オートフォーカス、顔認識、フラッシュ、タッチフォーカス、HDR、パノラマ、ジオタグなどの機能が利用できる。

前面の16MPカメラにはAIによるポートレートモードと顔認識機能を搭載し、美しいセルフィー写真が撮影できるようになっている。

通信・対応バンド・Wi-Fi・Bluetooth は?

通信は4G、3G、2Gに対応。

対応バンド・ネットワーク(周波数)は 4G: LTE Band 1/3/5/7/8/34/38/39/40/41 、 3G: Band 1/2/5/8 、2G GSM: 850/900/1800/1900 MHz。

SIMカードサイズは Nano SIM+Nano SIM

Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS( A-GPS, GLONASS, BDS)もサポートする。

格安SIMは使えるの?

ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、 au の通信網に対応。

楽天モバイル、LINEモバイル、BIGLOBE、DMMモバイル、OCNモバイル、IIJmio、イオンモバイルなどの格安SIMも利用できる。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースは USB Type-C、microSDカードスロット、3.5mmジャック。搭載センサーは指紋(リアマウント)、加速度計、ジャイロ、近接、コンパス。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは 159.2 x 75.2 x 8.1 mmで、重量は 186 g。カラーはブルー、ブラック、トワイライトゴールド、ホワイトをラインナップする。

「Xiaomi Redmi Note 7」 スペック 一覧

  • ディスプレイ 6.3インチ、解像度2340 x 1080 ピクセルの液晶
    ※ 19.5:9 / 画面比率 81.4% / 16M Colors / Corning Gorilla Glass 5 / 409 ppi
  • プロセッサ Qualcomm SDM660 Snapdragon 660 (14 nm) Octa-core (4×2.2 GHz Kryo 260 & 4×1.8 GHz Kryo 260)
  • GPU Adreno 512
  • RAM 3/4/6 GB
  • ストレージ容量 32/64/128GB
    ※micro SDカードで最大256 GBまで増設可能
  • バッテリー容量 4000mAh
    ※連続待受時間は251時間、連続通話時間は23時間、連続動画再生時間は13時間、連続ゲームプレイ時間は7時間
  • カメラ 背面4800画素( f/1.8 wide, 1/2″, 0.8µm)+500万画素(f/2.2, depth sensor)、前面1200万画素(f/2.0, 1.12µm)
  • 通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS( A-GPS, GLONASS, BDS)
  • インターフェース USB Type-C 2.0、microSDカードスロット、3.5mmジャック
  • センサー 指紋(リアマウント)、加速度計、ジャイロ、近接、コンパス
  • OS Android 9.0 + MIUI 10
  • サイズ 159.2 x 75.2 x 8.1 mm
  • 重量 186 g

参考資料「Xiaomi Redmi Note 7 Pro」 スペック 一覧

  • ディスプレイ 6.3インチ、解像度2340 x 1080 ピクセルの液晶
    ※ 19.5:9 / 画面比率 81.4% / 16M Colors / Corning Gorilla Glass 5 / 409 ppi
  • プロセッサ Qualcomm SDM675 Snapdragon 675 (11 nm) Octa-core 2×2.0 GHz & 6×1.7 GHz
  • GPU Adreno 612
  • RAM 4GB or 6 GB
  • ストレージ容量 64GB or 128GB
    ※micro SDカードで最大256 GBまで増設可能
  • バッテリー容量 4000mAh
    ※連続待受時間は251時間、連続通話時間は23時間、連続動画再生時間は13時間、連続ゲームプレイ時間は7時間
  • カメラ 背面4800画素( f/1.8 wide, 1/2″, 0.8µm)+500万画素(f/2.2, depth sensor)、前面1200万画素(f/2.0, 1.12µm)
  • 通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS( A-GPS, GLONASS, BDS)
  • インターフェース USB Type-C、microSDカードスロット、3.5mmジャック
  • センサー 指紋(リアマウント)、加速度計、ジャイロ、近接、コンパス
  • OS Android 9.0 + MIUI 10
  • サイズ 159.2 x 75.2 x 8.1 mm
  • 重量 186 g

「Xiaomi Redmi Note 7」の価格は?

Xiaomi Redmi Note 7」は、

Amazonで22,186円、

で販売されています。

Amazonで「Xiaomi Redmi Note 7」をチェックする

楽天市場で「Xiaomi Redmi Note 7」をチェックする

ヤフーショッピングで「Xiaomi Redmi Note 7」をチェックする

 

他のスマートフォンと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Xiaomi Redmi Note 10 Pro

POCO X3

OnePlus Nord

moto g30

★「Redmi Note 9T 5G

AQUOS sense5G

★「Redmi 9T

AQUOS sense4

★「Redmi Note 9S

Xiaomiスマートフォンをまとめてチェック!

Xiaomiスマートフォンは以下のページにまとめてあります。

【2020年最新】シャオミ スマホに新モデル続々 全機種 まとめ

その他のおすすめAndroidスマホは?

その他のおすすめAndroidスマホは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2020年】最強の激安スマホはどれだ? 海外モデル 比較

海外製の激安スマホをまとめて紹介しています。

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

3万円台のハイスペックなAndroidスマホをまとめて紹介しています。

2万円台で買えるリッチなスマホ 全機種を比較

2万円前後のAndroidスマホをまとめて紹介しています。

【2020年最新】格安スマホ おすすめ機種・選び方・注意点

2020最新の格安スマホをまとめて紹介しています。