「Samsung Galaxy Watch」レビューを超える魅力に迫る


EXPANSYSにTizen OS 4.0を搭載したスマートウォッチ「Samsung Galaxy Watch」が販売されている。新たにLET通信に対応した注目の製品。バッテリー駆動時間が大幅にのびているほか、ストレスレベルを計測することもできる。

「Samsung Galaxy Watch」はどんなスマートウォッチなの?

単体で4G LET通信できるハイスペックなスマートウォッチ。最長で80時間以上の駆動時間を実現し、1週間充電なしで使用できるようになっている。

また、ストレス管理機能「Connected Health」、心拍計を使った機能「Ultimate Personal Trainer」を搭載。新型の睡眠トラッカーを搭載。睡眠習慣を学習し、睡眠時間を管理できるなど健康管理機能を大幅に強化している。そのほか、5気圧防水、MIL-STD-810Gの耐衝撃性能、防水防塵に対応し、アウトドアでの使用も可能。豊富なウォッチフェイスやSamsung純正のストラップなどで外観をカスタマイズすることもできる。

「Samsung Galaxy Watch」の価格は?

EXPANSYSでの「Samsung Galaxy Watch」の価格は現時点で未定だが、おそらく5万円前後になると予想される。単体で4G LET通信できるハイスペックなスマートウォッチを探している人におすすめだ。

公式製品紹介ページはこちら

目次

「Samsung Galaxy Watch」の詳細なスペック情報

「Samsung Galaxy Watch」の魅力について

スマートウォッチのまとめ記事はこちら

活動量計(リストバンド)のまとめ記事はこちら

LET通信対応のハイスペックなスマートウォッチ「Samsung Galaxy Watch」

Samsung Galaxy Watch」はTizen 4.0 OSを搭載した円形のスマートウォッチ。防水防塵の円形ボディに有機ELディスプレイを搭載し、健康管理機能を大幅に強化。新たにLTE通信に対応し、単体でメッセージ、通話、マップ、ストリーミング音楽の再生などが利用できる。また、1回の充電で1週間利用できるバッテリーを搭載。46mmモデルと42mmモデルをラインアップするほか、多彩な純正ストラップ(オプション)でカスタマイズすることもできる。

続きを読む

「Galaxy Watch」のスペック

  • ディスプレイは46mmモデルが円形の1.3型有機ELディスプレイ(360×360ドット)。42mmモデルが円形の1.2型有機ELディスプレイ(360×360ドット)。
  • 対応OSはAndroid 4.3 以上、iOS 9.0以降。
  • ボディは防水防塵(IP68、5ATM)に対応。5気圧防水でMIL-STD-810Gの耐衝撃性能あり。
  • 通信は通信は4G LET、3G、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 4.2、GPS (A-GPS/Glonass)、NFC (Samsung Pay対応)
    ※LTEネットワークは15カ国・地域以上で30以上の通信キャリアに対応
  • バッテリーは46mmモデルが472mAhで、駆動時間は80時間以上。42mmモデルが270mAhで、駆動時間は45時間以上。
    ※充電は無線でのワイヤレス充電に対応
  • 搭載センサーは加速度、ジャイロ、気圧、心拍センサー
  • サイズ重さ、色は46mmモデルのサイズは46(幅)×49(高さ)×13(奥行)mmで、重量は63g、カラーはシルバー。
    42mmモデルのサイズは41.9(幅)×45.7(高さ)×12.7(奥行)mmで、重量は49g、カラーはミッドナイトブラックとローズゴールドの2色。
  • OSはTizenベースのWearable OS 4.0

Amazonで「Samsung Galaxy Watch」をチェックする

EXPANSYSで「Samsung Galaxy Watch」をチェックする

EXPANSYSで販売されるモデル

Samsung Galaxy Watch SM-R800 (46mm, Silver)

Samsung Galaxy Watch SM-R810 (42mm, ミッドナイトブラック)

Samsung Galaxy Watch SM-R810 (42mm, ローズゴールド)

前モデル「Samsung Gear Sport」との違いは?

「Samsung Galaxy Watch」は前モデル「Samsung Gear Sport」とどのように違っているのだろうか? スペックを比較してみると、ディスプレイのサイズ、プロセッサ、メモリ、バッテリー容量、OSバージョンなどが異なっていることが分かる。全体的に「Samsung Galaxy Watch」の方がスペックが高く、高性能であり、上位モデルとして位置づけられると考えていい。

また、「Samsung Galaxy Watch」には単体でLET通信できる機能や1週間駆動するバッテリーを搭載し、カスタマイズ可能な豊富なストラップの追加、ヘルスケア機能の強化などが図られており、機能も充実している。前モデル「Samsung Gear Sport」とは全くの別物であると考えた方がいいだろう。

関連記事を読む

「Samsung Gear Sport」のスペック

  • ディスプレイ:1.2インチ、解像度360 x 360のSuper AMOLED液晶
  • プロセッサ:Dual Core 1GHz
  • メモリ:1.5GB
  • ストレージ: 4GB + 768MB
  • バッテリー:300 mAh
  • 防水:5気圧防水(※水泳時でも利用可)
  • 通信:Bluetooth 4.2、NFC、GPS(GLONASS)
  • OS:Tizen OS 3.0

Amazonで「Samsung Gear Sport」をチェックする

楽天で「Samsung Gear Sport」をチェックする

ヤフーショッピングで「Samsung Gear Sport」をチェックする

EXPANSYSで「Samsung Gear Sport」をチェックする

「Galaxy Gear S3 frontier Golf edition」も発売中!

「Galaxy Gear S3 frontier Golf edition」は「Galaxy Gear S3」にゴルフ用距離計測アプリ「Golf with SMART CADDIE」を搭載したモデル。世界6万カ所以上・日本国内約2260カ所のゴルフコースに対応し、全国のゴルフ場のコースビューが可能。GPS機能を利用して、現在地からグリーンまでの距離やコース全体を確認することができる。

機能面ではショット追跡機能を搭載。ショットを打った位置をワンタッチで登録できる。また自動ホール認識機能でホール毎にスコア入力を簡単に行うことが可能。ポップアップ表示されたスコア入力と、ベゼルの回転、タップ操作だけで入力できる。

関連記事を読む

Amazonで「Galaxy Gear S3 frontier Golf edition」をチェックする

楽天で「Galaxy Gear S3 frontier Golf edition」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy Gear S3 frontier Golf edition」をチェックする

Qi対応充電ドック「 Samsung Fast Wireless Charging」も発売中!

Samsung Fast Wireless Charging」はQiワイヤレス充電に対応した充電ドック。 最大7.5W高速充電ワイヤレス充電出力が可能なほか、ファンと通気孔を搭載し、デバイスと充電器を冷却してより効率的な高速充電が行える。
スマートフォンを2台まで充電することが可能。Galaxy Watch、Gear S3、Gear Sportなどのスマートウォッチは充電パッドに時計を置くだけでで充電できる。

EXPANSYSで「 Samsung Fast Wireless Charging」をチェックする

目次

「Samsung Galaxy Watch」の詳細なスペック情報

「Samsung Galaxy Watch」の魅力について

スマートウォッチのまとめ記事はこちら

活動量計(リストバンド)のまとめ記事はこちら

<関連記事  スマートウォッチ>

<人気スマートウォッチ>

スマートウォッチの人気モデルはどれ? 全機種を比較

<活動量計 / リストバンド>

もはや必需品?! スポーツにも健康管理にも使える最新 活動量計 まとめ

<アナログ風スマートウォッチ>

アナログ感覚で使えるスマートウォッチ まとめ 

<モノクロ Eink スマートウォッチ>

スマートウォッチにモノクロ液晶モデルが続々 全機種を比較

<アウトドア用スマートウォッチ>

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ 全機種を比較

<Fitbit / フィットビット>

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

<Garmin /ガーミン>

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較