業界最安値はダテじゃない?! DMM mobileの格安SIMは意外と使える!

DMM mobile-02

DMM mobileが7GBプランを改定して1860円で利用できるようになった。

同じく、音声通話対応の「7GB通話SIMプラン」は2580円から2560円に値下げ。

これで「NTTぷらら」にの7GBプラン、パナソニック「Wonderlink」の7GB(月額1870円)より安くなり、晴れて「業界最安値」となった。

DMM mobileのプランは月額440円(DMM mobile 通話SIMプラン ライト)や15GBのプラン(DMM mobile データSIMプラン 15GB)など注目すべきプランが多数ある。

DMMポイントの付与キャンペーンを使えば、さらに安くすることも可能だ。

通信費を大幅に下げたい人はサービス内容を必ずチェックしておこう。

追記:AmazonでもDMM mobileのSIMが購入できるようになりました。

参考:
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20150724_713354.html?ref=rss

[rakuten-mobile]


DMM mobileの魅力って何? ただ安いだけ?

DMM mobile-03

業界最安値と謳っているだけあって、DMM mobileの料金はやはり安い。

最安値は200kbpsのライトプランで、データSIMが月額440円(※音声SIMは月1140円)で利用できる。

200kbpsというのは、メールやウェブ閲覧、ツイッター、LINEなどを利用するのにちょうどいい速さで、「一応通信もできるようにしておくか」という程度なら十分活用できるレベルだ。

一応、3日間の通信量が366Mバイトを超えると、翌日24時間、速度制限をする場合があるが、テキスト中心のサービスを利用する程度なら、この容量を超えることはあまりないだろう。

そのほか、225Mbpsの高速通信が可能なSIMは1GBで月額630円から利用できる。

通信容量は1G~20Gバイトまで細かく選べるようになっていて、9種類の容量を選ぶことができる。


足りなくなった容量は追加でチャージでき、月額150円でSMSのオプションを付けることも可能だ。

このようにDMM mobileはただ安いだけでなく、自分で好きな通信容量が選べたり、必要なものをオプションで付け足したりできるという魅力がある。

他の会社ではなかなか自分にぴったり合うサービスがないなと感じている人でも、DMM mobileなら最適なプランが見つかるだろう。

また、通話料金の割引、固定回線とのセット割はないものの、DMMポイントの付与キャンペーンで毎月の利用金額の10%がポイント還元されるというメリットもある。

DMM com.には現在、動画配信サービスや電子書籍、レンタルサービス、通販などさまざまなサービスが展開されている。

こうしたコンテンツを利用している人であれば、DMM mobileはかなりお得なサービスだと言えるだろう。

参考:
http://mvno.dmm.com/campaign/index.html

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1507/02/news154.html

DMM mobileデビュー!今だけお得なキャンペーン実施中!

DMM mobileっていいの? ちゃんと速度出てる?

DMM mobile-07

熾烈な価格競争によって価格がどんどん下がっているDMM mobile

利用する側からすると、安くなるのを喜ぶ一方で、「本当にちゃんと使えるのか?」と心配してしまう。

ただ、速度の測定結果を調べてみると、それなりの速度はちゃんと出ているようだ。

最安値で高速通信が使える格安SIM「DMM mobile」を使ってみた
 

こちらのサイトで確認したところ、「低速では下り0.25Mbps、上りは0.68Mbps程度。高速では下り16Mbps、上り6.7Mbps程度だった。」

と記述されている。

同じタイミングでIIjmioのSIMで測定した結果では、「低速では下り0.35Mbps、上りは0.8Mbps程度。高速では下り16.9Mbps、上り4.5Mbps程度という、近い数字になった。」とそうだ。

測定場所や端末にも影響されるので、はっきりしたことは言えないが、DMM mobileは速度もそれなりに出ていることは間違いなさそうだ。

安いから速度が遅いということはない。

参考:
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1507/24/news133.html

http://pc.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1048182/071400030/?bpnet&rt=nocnt

DMM mobileデビュー!今だけお得なキャンペーン実施中!

 DMM mobileおすすめのプランは?

DMM mobile-04

前述した通り、DMM mobileではさまざまな通信容量が選べるようになっている。

自分に合ったプランを好きなように選べばよいが、端末をまだ用意していなければセットプランを利用する手もある。

最近加わったのが、NECプラットフォームズ製のモバイルルーター「Aterm MR03LN」と、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS SH-M01」。

そして、ファーウェイ「P8lite」だ。

中でもおすすめなのは、ファーウェイ「P8lite」のゴールド。

デザイン、スペック、機能もよく、値段もそれほど高くない。

本体価格は28,600円で、月額1,287円(税込)となる。

P8liteの主要スペックは5型HD液晶(720×1280ドット)、CPUは1.2GHz動作でオクタコアのHisilicon Kirin 620、2GBメモリー、16GBストレージ、2200mAhバッテリー、Android 5.0など。

サイト上にはまだまだたくさんの機種が掲載されているので、気になる人はチェックしてみよう。

参考:
http://ascii.jp/elem/000/001/031/1031337/

http://mvno.dmm.com/fee/index.html

DMM mobileデビュー!今だけお得なキャンペーン実施中!