「ASUS Zenfone 5」レビュースペックを超える新次元スマホ


EXPANSYSでAndroid 8.0を搭載した6.2 型のスマートフォン「ASUS Zenfone 5」(2018/型番ZE620KL)が販売されている。6つのAI機能を備えた注目の製品。自分の顔を読み込んでアバター化する機能「ZeniMoji」も利用できる。

「ASUS Zenfone 5」(ZE620KL)はどんなスマホなの?

6つのAI機能を備えた6.2 型のハイスペックなスマートフォン。AIカメラ、AIディスプレイ、AIリングトーン(着信音)、AIブース、AIチャージング(充電)、AIフォトラーニングといったASUS独自のAI機能が利用可能で、さまざまなシーンで最適かつ自動化して利用できるようになっている。

動作面ではQualcomm Snapdragon 636 オクタコアCPUと4/6 GB RAMとの組み合わせで負荷の高いゲームが遊べるほどパワフルに動作。3300 mAhバッテリーは最大22日間(スタンバイ時)駆動する。

また、解像度1080 x 2246 の大型IPS液晶では、AI機能でディスプレイの色温度を自動設定することが可能。カメラには自動でシーンを認識する「AIカメラ機能」、16のシーンを見分けて自動で最適な設定に切り替えられる「AIフォトラーニング」などのAI機能を搭載し、面倒な設定なしでクオリティの高い写真を撮影できる。

続きを読む

「ASUS Zenfone 5」(ZE620KL)の価格は?

EXPANSYSでの「ASUS Zenfone 5」(2018)の価格は現在 45,520円(※送料別)。AI機能を備えたハイスペックな6型スマートフォンを探している人におすすめだ。

公式製品紹介ページはこちら

「ASUS Zenfone 5」(2018/ZE620KL)の詳細なスペック情報こちら

「ASUS ZenFone 5Q」(ZC600KL)の情報はこちら

ASUSスマホのまとめ記事はこちら

6つのAI機能を備えたハイスペックスマホ「ASUS Zenfone 5」(2018)

ASUS Zenfone 5」(2018 /ZE620KL)はAndroid 8.0を搭載した6.2 型のスマートフォン。スタイリッシュなボディに6つのAI機能を搭載。1200万画素+800万画素のデュアルカメラや解像度1080 x 2246 のIPS液晶を備えるほか、指紋認証、顔認証、急速充電、Wi-Fiデュアルバンド、USB Type-C、バーチャルサラウンド技術「DTS Headphone:X」にも対応している。

続きを読む

「ASUS Zenfone 5」(ZE620KL)のスペック

  • ディスプレイは6.2 インチ、解像度1080 x 2246 のIPS液晶
    ※アスペクト比 19:9 / 402 ppi / Corning Gorilla Glass
  • プロセッサはQualcomm SDM636 Snapdragon 636 Octa-core 1.8 GHz
  • GPUはAdreno 509
  • RAMは4/6 GB
  • ストレージ容量は64GBで、micro SDカードで最大400GBまで増設可能
  • バッテリー容量は3300 mAh
  • カメラは背面1200万画素+800万画素、前面800万画素
  • OSはAndroid 8.0 + ASUS ZenUI 5.0

Amazonで「ASUS Zenfone 5」(ZE620KL)をチェックする

楽天で「ASUS Zenfone 5」(ZE620KL)をチェックする

ヤフーショッピングで「ASUS Zenfone 5」(ZE620KL)をチェックする

EXPANSYSで「ASUS Zenfone 5」(ZE620KL)をチェックする

EXPANSYSで販売されているモデル

ASUS Zenfone 5 Dual-SIM ZE620KL (4GB/64GB, Midnight Blue)

ASUS Zenfone 5 Dual-SIM ZE620KL (4GB/64GB, Meteor Silver)

「ASUS ZenFone 4 Pro」との違いは?

「ASUS ZenFone 4 Pro」10倍ズームで攻めるハイスペックスマホ

ASUS ZenFone 4 Pro」は非常にスペックが高いスマホだが、「ASUS Zenfone 5」(2018)で搭載されている6つのAI機能が搭載されていない。AI機能を重視するなら「ASUS Zenfone 5」(2018)、AI機能を重視しないなら「ASUS ZenFone 4 Pro」を選択してもいいだろう。ただし、AI機能を備えたスマホはここ最近増えてきており、わずか数年で「常識化」する可能性が高い。できるだけ最新の機能が使いたいなら「ASUS Zenfone 5」(2018)を選択した方がいいだろう。

AIプロセッサ内蔵の「Huawei Mate 10  Pro」もおすすめ!

「ASUS Zenfone 5」(2018)よりも前に本格的なAIプロセッサを内蔵していたのが「Huawei Mate 10  Pro」(※海外では「Huawei Mate 10 」も発売中)だ。カメラの自動認識がスピードアップし、その他にもバッテリー消費の大幅な抑制、アプリの起動やメモリーの最適化による高速化、翻訳アプリの速度向上などさまざまな面で性能を向上させている。

また、プロセッサにAI内蔵のNPUを内蔵しているため、クラウド上にアクセスする必要がなく、その分、バッテリー消費や処理スピードが速いというメリットもある。「Huawei Mate 10  Pro」の価格は現在Amazonで、 75,000円。「ASUS Zenfone 5」(2018)と比べても2〜3万円ほど高くなるが、本格的なAI機能が使えるスマホを探しているのなら、比較検討する価値は十分にあるだろう。

関連記事を読む

Amazonで「HUAWEI Mate 10 Pro」をチェックする

楽天で「HUAWEI Mate 10 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI Mate 10 Pro」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI Mate 10 Pro」をチェックする

その他に比較したいおすすめスマホは?

「ASUS Zenfone 5」(2018)はアバター作成機能を備えていることから、よく「iPhone X」と比較されることが多い。しかし、「iPhone X」の価格が10万円以上することを考慮すると、とてもおすすめできるものではない。「Huawei P20/Pro」、「Samsung Galaxy S9」、「Sony Xperia XZ2」も「ASUS Zenfone 5」と比べて価格が高すぎるように思う。

強いていうならAR機能を備えた「Google Pixel 2」、型落ちして価格が下がりぎみのASUS「ZenFone AR」ぐらいだろうか。これから発売される上位版「ZenFone 5Z」、下位モデル「ZenFone 5 Lite」を待つのもいいだろう。この続きはAI&AR搭載のスマホのまとめ記事を用意したのでじっくりと比較検討してみてほしい。

目次

詳細なスペックをチェックする

詳細な魅力をチェックする

<関連記事  スマホ>

<ASUSのスマホをまとめて紹介!>

格安スマホは意外と高い?! 激安でASUS ZenFoneシリーズを手に入れる方法

<AI&AR搭載スマホをまとめて紹介!>

AI&AR機能で劇的に進化した新世代スマホ 全機種を比較

コスパの高いスマホをまとめて紹介!

一万円以下で買えちゃう?! SIMフリーで使える通話専用ガラケー/スマホ まとめ

1万5千円前後で買える性能の高いスマホ まとめ

ハイスペックに進化中?! 2万円台で買える ちょっとリッチなAndroidスマホ まとめ

ハイスペックなスマホをまとめて紹介!

選ばれし者だけが使う究極のハイスペックスマホ まとめ

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ