「ALLDOCUBE Power M3」 SIMフリーで快適なタブレット


AmazonでAndroid 7.0 を搭載した10.1型のタブレット「ALLDOCUBE Power M3」が販売されている。単体で通信できるSIMフリーのタブレットとして注目の製品。ボディは美しく、コスパもいい。

「ALLDOCUBE Power M3」はどんなタブレットなの?

SIMフリーで使えるパワフルな10.1型タブレット。64bit対応のパワフルなMediaTek MTK6753 オクタコアCPUを搭載しており、ゲームも快適にプレイできる。また、フルHDのIPS液晶で美しい映像を視聴することが可能。大容量8000mAhバッテリーで長時間使用できる。そのほか、背面に500万画素カメラを搭載。ストレージ容量は32GBで大量のデータもらくらくと保存できる。

「ALLDOCUBE Power M3」の価格は?

Amazonでの「ALLDOCUBE Power M3」の価格は現在 17,800 。外出先で快適に通信できるSIMフリーのタブレットを探している人におすすめだ。

目次

「ALLDOCUBE Power M3」の詳細なスペック情報

「ALLDOCUBE Power M3」の魅力について

ALLDOCUBEタブレットのまとめ記事こちら

SIMフリーで使えるパワフルなタブレット「ALLDOCUBE Power M3」

ALLDOCUBE Power M3」はAndroid 7.0 を搭載した10.1型のタブレット。最薄部 6.5mmの薄型ボディにパワフルなMTK6753 オクタコアCPUを搭載。単体で通信できるSIMスロットや大容量8000mAhバッテリーを備えるほか、急速充電、Wi-Fiデュアルバンド、USB Type-C、OTG、デュアルSIMスタンバイ(※海外でのみ対応)にも対応している。

続きを読む

「ALLDOCUBE Power M3」のスペック

  • ディスプレイは10.1インチ解像度1920 x 1200 のIPS,液晶
    ※アスペクト比 16:10
  • プロセッサは MediaTek MTK6753 Octa Core 1.5GHz
  • GPUはMali-720
  • RAMは2GB
  • ストレージ容量は32GB
    ※microSDカードで最大128GBまで増設できる
  • バッテリーは8000mAh
  • カメラは背面500万画素、前面200万画素
  • OSはAndroid 7.0

Amazonで「ALLDOCUBE Power M3」をチェックする

ヤフーショッピングで「ALLDOCUBE Power M3」をチェックする

GearBestで「ALLDOCUBE Power M3 」をチェックする

楽天で「ALLDOCUBE Freer X5」をチェックする

「ALLDOCUBE Power M3」のレビュー

Amazon.co.jpのレビューから分かること

「ALLDOCUBE Power M3」は中国製だがセットアップ時に日本語を選択できる。ネットに接続してGoogle Playストアから「Google日本語入力」などの日本語アプリをダウンロードすれば日本語での入力も全く問題なく使用できる。

液晶解像度はフルHDなのでとても見やすく、ネットでの検索やGoogleマップの表示もスムーズに行える。ただし、レビューにあるように、microHDMI端子がなく外部ディスプレイに出力することができない。この点はあくまでモバイル用(外出用)のSIMフリータブレットとして割りきって使うしかないだろう。

<セットアップについて>

日本語マニュアルが無く焦りましたがセットアップ時に日本語が選べたのでなんとか起動できました。初期状態では日本語入力も出来ずGoogle日本語入力をインストールしまして対応(初期アプリは最小限入っている感じです。)

<音楽(スピーカー)・動画の動作について>

Bluetooth ヘッドホンもスムーズにペアリンクできました。実験でmicroSDに動画と音楽ファイルを入れて動作チェックしましたがスムーズに再生できました。念のためスピーカーに耳を近づけて確認しましたが左右スピーカーからちゃんと音がでてました。

<インターネットの使い心地>

ネット小説や情報検索、Googleマップも試しましたがスムーズに使えました。

<画面について>

10.1インチ1920×1200 なので画面も見やすいです。ただ、タップ反応が悪い時があります。あと自分の機体はトップページでタッチペンが反応しません。(起動したアプリには使える)

<動作・使用感について>

もっさりiPlayと違いかなりキビキビ動く。タッチ反応も良くバッテリー持ちも格段上がった。あとベゼルが狭くなった分コンパクトになって軽くなった。iPlayに負ける点は動画鑑賞(iPlayは16-9液晶)microHDMI端子が無いので画面を有線出力できない。

<総合評価>

重いゲームには向かないと思うが写真閲覧やネットサーフィンがメインで(simも使える)大画面が欲しい人にはiPlayに限らず他社製品と比較しても最強のコスパだと思う。

目次

「ALLDOCUBE Power M3」の詳細なスペック情報

「ALLDOCUBE Power M3」の魅力について

ALLDOCUBEタブレットのまとめ記事こちら

<関連記事 タブレット>

ALLDOCUBEタブレットをまとめて紹介!

ALLDOCUBE タブレット 激安コスパで独走か? ! 全機種チェック

<コスパのいいタブレット>

安くなきゃヤダ! 1万円前後で買えるお得な激安Androidタブレット まとめ

こんなに安くていいの?! EXPANSYSで買えるお得なタブレット まとめ

<SIMフリーで使えるタブレット>

外でも快適! SIMフリーで使えるAndroidタブレット まとめ 

<ハイスペックなタブレット>

一度は手に入れてみたい 超ハイスペックな高級Androidタブレット まとめ

<ファーウェイ(Huawei)のタブレット>

Huaweiのタブレット やっぱり一番コスパがいい?! 全モデルを比較 

<Samsungのタブレット>

Samsung タブレットはやっぱりお買い得? 全モデルを比較

<Teclastのタブレット>

Teclast タブレットがハイスペック化で人気爆発?! 全機種チェック 

<Chuwiのタブレット>

コスパも性能もNo.1 急成長を遂げたChuwi製タブレット & ノートPC まとめ