「Galaxy Fit」と「Galaxy Fit e」を徹底 比較! 違い まとめ


2019年8月にサムスンから発売されたフィットネストラッカー「Galaxy Fit」と「Galaxy Fit e」を徹底 比較して紹介!  両機種の違いを明らかにし、どちらを購入すべきかを検討していきます。

「Galaxy Fit」と「Galaxy Fit e」 の違い まとめ

Galaxy Fit e」はAmazonで4千円台という低価格で販売されており、思わずポチリたくなるほど魅力的な活動量計だ。しかし、「Galaxy Fit」と「Galaxy Fit e」 の違いを調べれば調べるほど、やっぱり「Galaxy Fit」の方がいいかなと思ってしまう。

具体的な違いを簡単にまとめてみると、以下のようになる。

液晶ディスプレイの違い

「Galaxy Fit」が 0.95型フルカラーAMOLED(有機EL)液晶であるのに対し、「Galaxy Fit e」は0.74型のPMOLED(有機EL)液晶を採用している。

・「Galaxy Fit」はタッチ対応でスワイプ操作できるが、「Galaxy Fit e」はタッチ対応ではなく、タップで操作する。

計測できることの違い

「Galaxy Fit」がアクティビティ、睡眠、心拍、ストレスレベルを計測できるのに対し、「Galaxy Fit e」はアクティビティ、睡眠、心拍のみ計測できる。

トレーニングモードの違い

「Galaxy Fit」は6つのトレーニングモードが利用できるのに対し、「Galaxy Fit e」は3つのトレーニングモードしか利用できない。

センサーの違い

「Galaxy Fit」のセンサーは、心拍、加速度計、ジャイロだが、「Galaxy Fit e」のセンサーは、心拍、加速度計だけになる。

機能の違い

「Galaxy Fit」はメールなどへ定型文で返信するQuick Reply機能が利用できるが、「Galaxy Fit e」は利用できない。

・「Galaxy Fit」は通知を画面上に表示してリアルタイムで確認できるが、「Galaxy Fit e」は通知の際、振動とアプリ名が表示されるのみになる。

バッテリーの違い

「Galaxy Fit」のバッテリー容量は120mAhだが、「Galaxy Fit e」のバッテリー容量は70mAhになる。

まとめ

これだけ違うと、もはや両機種は全く別の製品と考えてもいいだろう。どちらを買うべきかは「操作性」と「機能性」を重視するかどうかにかかっている。

ごく普通に日々のアクティビティを計測したいだけなら、「Galaxy Fit e」でも十分役立つ。スマートフォンの通知をチェックしたい人はやはり価格が高めでも「Galaxy Fit」を選んだ方がいいだろう。

「Galaxy Fit」

Galaxy Fit」は心拍計を搭載したリストバンド型の活動量計。5気圧防水ボディに0.95型フルカラーAMOLED(有機EL)液晶を搭載。120mAh(最長7日間)バッテリー加速度計、ジャイロセンサーを備えるほか、「自動ワークアウトトラッキング」機能、メールなどへ定型文で返信するQuick Reply機能、6つのトレーニングモード、無線でのワイヤレス充電、スマートフォンとの連携機能にも対応している。

公式ページ「Galaxy Fit」
https://www.galaxymobile.jp/galaxy-fit/

公式レビュー動画 ディスプレイの見え方やボディの質感・特徴が分かる

ビックカメラで「Galaxy Fit」をチェックする

米国 Amazon.comで「Galaxy Fit」をチェックする

Amazonで「Galaxy Fit」をチェックする

楽天市場で「Galaxy Fit」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy Fit」をチェックする

「Galaxy Fit」のスペック 一覧

  • ディスプレイ 0.95インチ、フルカラーAMOLED(有機EL)液晶
    ※タッチ対応でスワイプ操作が可能
  • 計測できること アクティビティ、睡眠、心拍、ストレスレベル
  • 機能 「自動ワークアウトトラッキング」機能、メールなどへ定型文で返信するQuick Reply機能、6つのトレーニングモード(ランニング、ウォーキング、サイクリング、エリプティカルトレーナー、ローイングマシン、ダイナミックトレーニング)
  • センサー 心拍、加速度計、ジャイロ
  • アプリ 専用アプリ「Galaxy Wearable」
  • 対応スマートフォン  AndroidとiPhone
  • 防水 5気圧防水(5ATM防水等級)
  • バッテリー 120mAh(最長7日間)
  • 充電 無線でのワイヤレス充電
    ※Qi対応ではない
  • 通信 Bluetooth v5.0 LE
  • サイズ 本体サイズは18.3(幅)×45.1(高さ)×11.2(奥行)mm
  • 重量  23g
  • カラー ブラック、シルバー
  • OS FreeRTOS
  • 発売日  2019年8月

「Galaxy Fit e」のスペック 一覧

  • ディスプレイ   0.74インチ PMOLED
  • 計測できること 日々の活動量、睡眠、心拍
  • 機能 スマホ連携、アクティビティのタイプを自動で検知する「自動ワークアウトトラッキング」機能、3つのトレーニングモード(ランニング、ウォーキング、ダイナミックトレーニング)
  • バッテリー容量 120mAh
  • 充電 POGOプラグ経由
  • センサー 心拍、加速度計
  • 通信 Bluetooth v5.0 LE
  • OS FreeRTOS
  • サイズ   16.0×40.2×10.9mm
  • 重量  15g
  • カラー ブラック、シルバー、イエロー
  • 発売日  2019年8月

「Galaxy Fit」の性能

Galaxy Fit」の性能を、「Galaxy Fit e」との違いをふまえてまとめてみました。

ディスプレイの性能

Galaxy Fit」は 0.95型フルカラーAMOLED(有機EL)液晶を搭載。タッチ対応でスワイプで左右の表示を切り替え可能で、上からの下のスワイプでシステムメニューが表示される。

一方、「Galaxy Fit e」は0.74型のPMOLED(有機EL)液晶を搭載。タッチ操作には対応せず、タップで画面を切り替えられる。

計測できること

Galaxy Fit」で計測できるのは、「Galaxy Fit」がアクティビティ、睡眠、心拍、ストレスレベルで、「Galaxy Fit e」がアクティビティ、睡眠、心拍となる。

睡眠はレム睡眠を含む日々の睡眠をアルゴリズムで計測し、睡眠ステージをトラッキングすることが可能。目に見えない日々のストレスの負荷を、心拍アラートや呼吸ガイドにより、継続的にトラッキングしながら可視化することで、体調管理にも役立てられる。

トレーニングモード

Galaxy Fit」は6つのトレーニングモード(ランニング、ウォーキング、サイクリング、エリプティカルトレーナー、ローイングマシン、ダイナミックトレーニング)を搭載。自動でアクティビティを検出してトラッキングできるほか、サイドキーや画面内の操作でも記録を開始できる。

Galaxy Fit e」は3つのトレーニングモード(ランニング、ウォーキング、ダイナミックトレーニング)を搭載。自動でアクティビティを検出してトラッキングできる(※サイドキーや画面内の操作での記録開始は不可)。

センサー

Galaxy Fit」のセンサーは、心拍、加速度計、ジャイロの合計3つ、「Galaxy Fit e」のセンサーは、心拍、加速度計の合計2つを搭載する。

ボディ・筐体の性能

Galaxy Fit」は5気圧防水(5ATM防水等級)に対応。水泳でも使用できる。

また、本体の側面に物理ボタンを搭載。一度押すとホーム画面に戻るほか、長押しすることでランニングやウォーキングなど、各種アクティビティの起動を割り当てられる。

Galaxy Fit」の本体サイズは18.3(幅)×45.1(高さ)×11.2(奥行)mmで、重量は23g。ボディカラーは、ブラックとシルバーの2色を用意する。

Galaxy Fit e」の本体サイズは16.0(幅)×40.2(高さ)×10.9(奥行)mmで、重量は15g。ボディカラーは、ブラック、ホワイト、イエローの3色を用意する。

バッテリー・充電の性能

Galaxy Fit」のバッテリー容量は120mAh(最長7日間)で、無線でのワイヤレス充電(※Qi対応ではない)に対応する。
サムスン「Galaxy Fit e」のバッテリー容量は70mAh(最長7日間)で、充電はPOGOプラグ経由で行う(※NFCによる無線充電には非対応)。

「Galaxy Fit」の機能

Galaxy Fit」は「自動ワークアウトトラッキング」機能を搭載。ユーザーが行っているアクティビティのタイプを自動で検知し、ランニングやバイクなどエクササイズタイプもトラッキングできるほか、移動ルートや消費カロリーを測定できる。また、「Galaxy Fit」はメールなどへ定型文で返信するQuick Reply機能も利用できる。

スマートフォンとの連携機能

Galaxy Fit」は専用アプリ「Galaxy Wearable」を通じ、ペアリングした対応スマートフォンと連携することが可能。スマートフォンに届いた受信通知を画面上に表示してリアルタイムで確認できる。ただし、「Galaxy Fit e」は通知の際、振動とアプリ名が表示されるのみ。通知の内容は表示されず、通知があったときだけ表示される。対応スマートフォンはAndroidとiPhone。

「Galaxy Fit」の価格は?

Galaxy Fit」は、

ビックカメラで12,410円 (税込)、

米国 Amazon.comで$99.98 ( 日本発送は+ $9.19 )、

Amazonで11,727円、

楽天市場で12,007円 (税込)、

ヤフーショッピングで12,900円、

で販売されています。

ビックカメラで「Galaxy Fit」をチェックする

米国 Amazon.comで「Galaxy Fit」をチェックする

Amazonで「Galaxy Fit」(SM-R37010K19JP)をチェックする

楽天市場で「Galaxy Fit」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy Fit」をチェックする

 

ビックカメラ.com

「Galaxy Fit e」の価格は?

Galaxy Fit e」は、

Amazonで4,336円、

楽天市場で4,770円 〜(税込)、

ヤフーショッピングで4,770円 〜(税込)、

で販売されています。

Amazonで「Galaxy Fit e」をチェックする

楽天市場で「Galaxy Fit e」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy Fit e」をチェックする

他のスマートバンドと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

Xiaomi Mi Band 5

Honor Band 5

Fitbit Charge 4

UMIDIGI UFit

UMIDIGI Uwatch 2S

GARMIN vivofit 4

HUAWEI Band 4

HUAWEI Band 4 Pro

Huawei TalkBand B6

Samsung Gear Fit2 Pro

サムスンの Galaxy スマートウォッチをまとめてチェック!

サムスンの Galaxy スマートウォッチが人気に 全機種を比較

Galaxy Fitの中古情報

楽天市場には「Galaxy Fit」 の中古モデルが入荷しています。いずれも1つしか在庫がないため、早めの購入をおすすめします。

その他のおすすめフィットネストラッカーは?

その他のおすすめフィットネストラッカー(リストバンド活動量計)は以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のスマートバンド(リストバンド活動量計)をまとめて紹介しています。

【2020年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新スマートウォッチをまとめて紹介しています。