Surfaceとほぼ同じ?! 上質な極薄タブレットPC「ALLDOCUBE KNote」


AmazonでSurfaceのように使える11.6型の 2in1 タブレットPC「ALLDOCUBE KNote」が販売されている。これまで発売されてきた中で最もSurfaceに近いといわれる注目のタブレットPC。角度調整が可能なキーボードカバーも付属する。

Surfaceとほぼ同等に使える「ALLDOCUBE KNote」の実力

「ALLDOCUBE KNote」とマイクロソフトのSurfaceとの最大の違いは「Intel Core i プロセッサ」を搭載しているかどうかにある。ご存知の通り、最新世代の「Intel Core i プロセッサ」は負荷の高い3Dゲームや動画のエンコード変換作業もスムーズに行えるパワフルなプロセッサだ。

しかし、仕事などをメインに使う場合、それらの作業が必ずしも必要になるわけではないだろう。たいていのユーザーはOfficeの文書作成やWeb閲覧、フルHD動画の視聴、Photoshopなどの画像処理ができれば十分であり、その程度であればApollo Lakeの世代のプロセッサでも十分にスムーズにこなせる。そう考えると、「ALLDOCUBE KNote」でも十分なようにも思えてくる。

写真やレビュー動画を見れば分かる通り、「ALLDOCUBE KNote」のボディは非常に美しい。ガラスとタッチパネルを一体化させ、8.5mmの薄さを実現。液晶の映りもこだわっており、つぶれがちな暗部までしっかりと再現できる。省電力性の高いApollo Lakeの世代のプロセッサを採用しているおかげで、充電切れを心配することもない。「ALLDOCUBE KNote」はSurfaceとほぼ同等に使えるタブレットPCとして考えてもいいだろう。

ALLDOCUBE KNote」の価格は?

Amazonでは現在 56,806円。Sufaceに限りなく近い上質な極薄タブレットPCを探している人におすすめだ。

非公式レビュー動画はこちら(YouTube)

ALLDOCUBE Power M3」の情報はこちら

ALLDOCUBE Freer X9」の情報はこちら

Apollo Lake&6GBメモリ搭載の極薄タブレットPC「ALLDOCUBE KNote」

ALLDOCUBE KNote」はWindows10 を搭載した11.6型のタブレットPC。厚さ8.6mmの薄型ボディにApollo Lake世代のクアッドコアCPUと6GBメモリを搭載。ブルーライトカット(ナイトモード)、USB Type-C、Wi-Fiデュアルバンドにも対応している。

ディスプレイはどうなってる?

ディスプレイは11.6インチ、解像度1920 x 1080の液晶を搭載。

独自の「マジックカラーパネル」を採用し、ガラスとタッチパネルを一体化。薄型化を図るとともにタッチの反応速度を大幅に向上させている。また、光の反射を抑えて暗部の色調も忠実に再現。明るく、シャープな美しい映像でフルHD動画やゲームが楽しめるようになっている。

プロセッサやメモリ、グラフィックはどうなってる?

プロセッサは Intel Apollo Lake N3450 Quad Core 1.1〜2.2GHz 、RAMは6GBを搭載。「Braswell」の後継となる「Apollo Lake」世代のプロセッサで高い省電力性とグラフィック性能を発揮。グラフィック( GPU ) のIntel HD500 Graphicsと6GBメモリ ( LPDDR4 )との組み合わせで、動画の再生やPhotoshopやillustratorでの画像編集、WordやEcelなどのOffficeアプリでの文書作成、Web閲覧などをスムーズに行える。

バッテリーやストレージ容量はどうなってる?

バッテリー容量は 4000mAh。省電力性に優れるプロセッサなため、長時間の駆動が可能になっている。

ストレージ容量は128GB。microSDカードで最大128GBまで増設できる。

カメラはどうなってる?

カメラは背面500万画素、前面200万画素。背面カメラでは高画質な写真が撮影できる。

通信はどうなってる?

通信はWiFi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0をサポート。Wi-Fiデュアルバンドに対応し、高速かつ途切れにくい通信が利用できる。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースはUSB Type-C、SDカードスロット、3.5mmステレオジャック、DC。

ボディはどうなってる?

ボディにはアルミ合金素材を採用し、最薄部8.3mmの薄型デザインを実現。スリムなデザインで外出先に持ち出しやすい。

キーボード(カバー)はどうなってる?

マグネット着脱式のキーボード(カバー)にはキーピッチが広めのシンプルなデザインを採用。感度のいいタッチパッドも搭載し、さまざまな作業もスムーズにこなせるようになっている。また、背面のキックスタンドは270度まで角度調整が可能。好みの角度に調整して快適に作業できる。

どんな機能があるの?

「Night lightモード」を搭載し、目に有害なブルーライトを低減し、最適な色調に調整。夜間での使用でも目が疲れにくくなっている。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは 29.96 x 18.06 x 0.86 cmで、重量は740g。カラーはダークグレイをラインナップする。

Amazonで「ALLDOCUBE KNote」をチェックする

GearBestで「ALLDOCUBE KNote」をチェックする

米国 Amazon.comで「ALLDOCUBE KNote」(※日本への発送はできません)をチェックする

「ALLDOCUBE KNote」のスペック

ALLDOCUBE KNote

  • ディスプレイは11.6インチ解像度1920 x 1080の液晶
    ※10点マルチタッチ対応 / アスペクト比 16:9
  • プロセッサは Intel Apollo Lake N3450 Quad Core 1.1〜2.2GHz
  • RAMは6GB LPDDR4
  • ストレージ容量は128GB eMMC
  • バッテリーは 4000mAh
  • カメラは背面500万画素、前面200万画素
  • OSはWindows10 Home 64bit

Amazonで「ALLDOCUBE KNote」をチェックする

GearBestで「ALLDOCUBE KNote」をチェックする

米国 Amazon.comで「ALLDOCUBE KNote」(※日本への発送はできません)をチェックする

「ALLDOCUBE KNote」の激安情報

「ALLDOCUBE KNote」は日本のAmazonの他に海外通販サイトのGearBestでも販売されている。こちらは現在 45323円となっており、日本のAmazonよりも約一万円ほど安くなっている。どうしても安く「ALLDOCUBE KNote」を手に入れたいという人はGearBestで購入するべきだろう。海外サイトを利用するには少々不安を感じることもあるが、「虎穴に入らずんば虎子を得ず」。安くいい品物を手に入れるためには多少の危険があっても果敢に挑戦する必要がある。

※GearBestは海外通販サイトのため英語表記になります。英語がある程度できる人のみ利用してください。

※GearBestはクレジットカード以外にPayPal、デビットカード(プリペイドカード)での支払いが可能です。クレジットカードを使いたくない人は、コンビニでも売っているネット専用のVisaプリペイドカード「 Vプリカ」を使うことをおすすめします。「 Vプリカ」で余った残高はAmazonのギフト券購入で余すことなく利用できます。

<関連製品>

モバイルでも快適! SIMフリー「ALLDOCUBE Power M3」

<関連記事>

Surface風タブレットをまとめて紹介!

ついに激安価格に?! Surfaceみたいに使えるタブレットPC まとめ

2in1タブレットPCをまとめて紹介!

優れたハードウェアでリードする マイクロソフト Surfaceシリーズ まとめ

真のライバルはどれだ? マイクロソフトが恐れる Surface 対抗 2in1 PC まとめ

最強コスパはどのモデル? 低価格でもキッチリ使えるWindows 2in1 タブレットPC まとめ

コスパも性能もNo.1 急成長を遂げたChuwi製タブレット & ノートPC まとめ

ノートPCをまとめて紹介!

エントリーモデルはどこまで安くなるのか 性能も向上したWindows10搭載ノートPC まとめ

デザインも性能もいい ワンランク上のリッチなノートPC まとめ

信じられないほど薄くて軽い 高級感に満ちたハイスペックノートPC まとめ

お買い得なタブレットをまとめて紹介!

安くなきゃヤダ! 1万円前後で買えるお得な激安Androidタブレット まとめ

一度は手に入れてみたい 超ハイスペックな高級Androidタブレット まとめ