「Ulefone Power 3」世界最強の大容量バッテリ搭載スマホ


AmazonでAndroid 7.1 を搭載した6.0型のスマートフォン「Ulefone Power 3」が販売されている。4日間 充電なしで使える大容量バッテリーを搭載したハイスペックスマホとして注目の製品。没入感の高いワイドな液晶と前背面合わせて4つのカメラも備えている。

「Ulefone Power 3」はどんなスマホなの?

大容量バッテリー搭載スマホメーカーとして有名なUlefoneによるフラグシップモデル。バッテリーは4日間 充電なしで使えるほどの大容量で動画やゲーム、アプリもバッテリー切れを気にすることなく使用できる。

液晶は6インチに大型化されたほか、解像度2160 x 1080と高精細に進化。人気の高いアスペクト比 18:9のワイドな画面で画面が見やすい。また、動作面では世界で最も速いとされるHelio P23シリーズのオクタコアCPUと6GB RAMとの組み合わせで、負荷の高い3Dゲームでもサクサクと動作する。そのほか、前背面に4つのカメラを搭載し、ボケ味のある美しい写真を撮ることが可能。顔認証によるロック解除も利用できる。

「Ulefone Power 3」の価格は?

Amazonでの「Ulefone Power 3」の価格は現在 21000円。大容量バッテリーを搭載したハイスペックなスマホを探している人におすすめだ。

公式製品紹介ページはこちら

大容量バッテリースマホのまとめ記事こちら

「Ulefone Power 3」 スペック 詳細

Helio P23&6080mAhバッテリ搭載のハイスペックスマホ

Ulefone Power 3」はAndroid 7.1 を搭載した6.0型のスマートフォン。高級感のあるメタルボディにアスペクト比 18:9のワイドな液晶を搭載。前面背面にそれぞれ2つのカメラを備えるほか、顔認証、指紋センサー、急速充電、リバースチャージ、Hi-Fiサウンドにも対応している。

ディスプレイはどうなってる?

ディスプレイは6.0インチ、解像度2160 x 1080の液晶を搭載。
アスペクト比 18:9、画面占有率 90.8%のワイドな画面で高い没入感を実現している。また、液晶表面は防滴性の向上をはかりつつ、強度が2倍となった Gorilla Glass 4で保護され、より傷がつきにくくなっている。

プロセッサやメモリ、グラフィックはどうなってる?

プロセッサはMediaTek Helio P23 MTK6763 Octa Core 2.0GHz 、RAMは6GBを搭載。16nmプロセス技術を採用した高性能なプロセッサで、従来モデルよりもエネルギー効率を25%向上。最適化されたソフトウェアとの組み合わせで複数アプリの同時起動時でもスムーズに動作する。

グラフィック(GPU)はARM Mali-G71 MP2を採用し、動画やゲームを滑らかに再生する。

バッテリー容量&駆動時間は?

バッテリー容量は6080mAh 。通話時で63時間、通常の使用時で4日間待機(スタンバイ)時で75日間 連続して使用することができる。また、3A急速充電技術に対応し、120分でフル充電することが可能。わずか5分で2時間通話できるほか、30 分で 1 日使用できる

ストレージ容量はどれくらい?

ストレージ容量は64GBで、micro SDカードで最大256GBまで増設できる。

カメラはどうなってる?

カメラは背面2100万画素+500万画素、前面1300万画素+500万画素。

背面カメラではサムスン製センサーと5層レンズを搭載。最適化されたソフトウェアによりボケの効果のある撮影が可能で、撮影後にぼかし具合を調整することもできる。PDAF、デュアルLEDフラッシュ、タッチフォーカス、HDR、パノラマ、ジオタグなどの機能も利用できる。

前面カメラではサブカメラとメインカメラの組み合わせでボケ効果のあるクリアな写真を撮影することが可能。明るく自然な肌色を実現するソフトライト機能でスタジオでの撮影のような美しいセルフィー写真が撮影できる。

通信はどうなってる?

通信は4G、3G、2Gに対応。

対応ネットワーク(周波数)は4G: FDD-LTE 800/900/1800/2100/2600MHz、3G: WCDMA 900/2100MHz、2G: GSM 850/900/1800/1900MHz 。

SIMカードサイズnano SIM + nano SIMを採用。

WiFi 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.1、GPS(A-GPS/GLONASS)もサポートする。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースはUSB Type-C、microSDカードスロット。搭載センサーは照度センサ、E-コンパス、地磁気をセンサー、重力センサー、ジャイロスコープ、近接センサ。

ボディはどうなってる?

ボディには金属スプレー塗装とレーザー彫刻を施した上質で高級感のあるデザインを採用。背面はシルバーのラインの優雅な曲線を描いた上品なデザインで、手にフィットしやすくなっている。

また、0.1秒でロック解除する高性能な指紋センサーを搭載。顔認証によるロック解除も可能で、よりスピーディに、かつ安全にアクセスできるようになっている。

サウンドはどうなってる?

音響面では独立したHi-Fiチップセットを搭載。正確なオーディオのデコードと精度の増幅を通じて、低音、中音までクリアに再現する。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは15.90 x 7.59 x 0.99 cm で、重量は210g 。カラーはBlack、Goldenの2色をラインナップする。

「Ulefone Power 3」 スペック  一覧

  • ディスプレイは6.0インチ、解像度2160 x 1080の液晶
    ※FHD + / アスペクト比 18:9 / 画面占有率90.8% / Corning Gorilla Glass 4 / 402ppi
  • プロセッサはMediaTek Helio P23 MTK6763 Octa Core 2.0GHz
  • GPUはARM Mali-G71 MP2
  • RAMは6GB
  • ストレージ容量は64GBで、micro SDカードで最大256GBまで増設可能
  • バッテリー容量は6080mAh
  • カメラは背面2100万画素+500万画素、前面1300万画素+500万画素
  • OSはAndroid 7.1(Android 8.1にアップグレード可)

Amazonで「Ulefone Power 3」をチェックする

「Ulefone Power 3」のレビュー・口コミ・評価

大画面で画面が明るく見やすいうえに応答性が素晴らしくいい。余計なソフトウェア入っていないうえに、すべてのAndroidの機能が正常に動作する。また、Android 8.1にアップグレードも問題なく動作し、非常に高速に動作する。外観は高級感のあるエレガントな感じ。指紋認証も高速で、ロック解除しやすい。バッテリーは非常に長持ちし、30時間以上使用しても30%以上残っている。この価格でここまでの高いパフォーマンスなら文句なしでおすすめできる。ただし、カメラは予想したよりも完成度が高くなかった。NFC が使えないのもちょっと不便。本体はずっしりと重く感じるのが難点だ。

「Ulefone Power 2」も発売中!

4日間充電なしで使えるスマホ「Ulefone Power 2」

Ulefone Power 2」はAndroid 7.0を搭載した5.5型のスマートフォン。大容量6050mAhで4日間連続して使用できる。また、0.15秒でロック解除できる高速Touch IDセンサー(前面)、1600万画素/1300万画素相当で撮影できるカメラ、ジャイロスコープセンサーを搭載。LTE Cat.6 の高速通信、高音質通話 VoLTE、5GHzの高速Wi-Fi通信、急速充電にも対応する。

続きを読む

 

<関連記事  スマホ>

<大容量バッテリー搭載スマホ>

大容量バッテリースマホ 最強SIMフリーモデル全機種を比較

コスパの高いスマホをまとめて紹介!

一万円以下で買えちゃう?! SIMフリーで使える通話専用ガラケー/スマホ まとめ

1万5千円前後で買える性能の高いスマホ まとめ

ハイスペックに進化中?! 2万円台で買える ちょっとリッチなAndroidスマホ まとめ

ハイスペックなスマホをまとめて紹介!

選ばれし者だけが使う究極のハイスペックスマホ まとめ

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ