極薄&両面ガラスの美しいSIMフリースマホ「SHINE LITE」


AmazonでAndroid 6.0を搭載した5.0型のSIMフリースマホ「SHINE LITE」が販売されている。両面ガラスとメタルフレームを採用した美しい薄型スマホとして注目の製品。セルフィー撮影に役立つ多彩な機能も備えている。

「SHINE LITE」はどんなスマホなの?

両面ガラスとメタルフレームを採用したTCL製の美しい薄型スマホ。SIMフリーなのでドコモやソフトバンクの通信網に対応した格安SIMが使える。

動作面ではMediatek MT6737 クアッドコアCPUと2GB RAMを搭載し、ゲームや動画も十分にこなせるレベル。カメラは背面1300万画素、前面500万画素でVサインを認識して撮影したりする機能や自撮り写真からビデオを作成できる「FaceShow」機能が利用できる。

そのほか、au VoLTEとデュアルマイクにより高音質での通話が可能。AWINC8738 オーディオ アンプ搭載で迫力あるサウンドも楽しめる。

SHINE LITE」の価格は?

Amazonでは 18,800円。両面ガラスを採用した美しい薄型スマホを探している人におすすめだ。

公式製品紹介ページはこちら

両面ガラスボディの薄型Android6.0スマホ「SHINE LITE」

SHINE LITE」はAndroid 6.0を搭載した5.0型のスマートフォン。両面ガラスとメタルフレームのボディーに指紋センサーを搭載。au VoLTE、Wi-Fiテザリング、Wi-Fiダイレクト、トーチライト、FMラジオ機能にも対応している。

ディスプレイはどうなってる?

ディスプレイは5.0インチ、解像度1280×720のTFT液晶を搭載。2.5D Dragontrail ガラスを採用した美しい液晶で快適にアプリや動画を楽しめる。また、撥油(指紋付着防止)コーティングを施し、指紋や汚れがつきにくくなっている。

プロセッサやメモリ、グラフィックはどうなってる?

プロセッサはMediatek MT6737 Quad Core 1.3GHz 、RAMは2GBを搭載。

グラフィック(GPU)はARM Mali-T720を採用し、動画やゲームを滑らかに再生する。

バッテリーやストレージ容量はどれくらい?

バッテリー容量は2460mAh。駆動時間はLTE連続通話時で約6.5時間、LTE連続待受時で約351時間。

ストレージ容量は16GBで、micro SDカードで最大128GBまで増設できる。

カメラはどうなってる?

カメラは背面1300万画素、前面500万画素。

画面のどこでもタップするだけ撮影したり、Vサインを認識して撮影したりする機能(ジェスチャーショット)を搭載。

背面カメラでは自然な色合いのデュアルトーンLEDフラッシュが利用できるほか、オートフォーカス、フラッシュ、タッチフォーカス、HDR、パノラマ、ジオタグなどの機能が利用できる。

前面カメラでは撮影した4枚の写真を合成するSplit Catcher機能が利用可能。

LEDフラッシュ、イージーショット、自撮り写真からビデオを作成できる「FaceShow」などセルフィー撮影に役立つ機能も備えている。

動画撮影は1080@30fpsまでサポートする。

通信はどうなってる?

通信は4G(CAT4 150M/ 50M)、3Gに対応。

対応ネットワーク(周波数)は4G:800MHz(B19)/800MHz(B26)/1800MHz(B3)/2100MHz(B1)/2600(B7)、3G:800MHz(B6)/800MHz(B19)/850MHz(B5)/900MHz(B8)/2100MHz(B1)。

SIMカードサイズNano SIMを採用。

WiFi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.2、GPS(A-GPS)もサポートする。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースはmicro USB、microSDカードスロット、3.5mmステレオジャック。搭載センサーは指紋認証、Light 、加速度、近接。

ボディはどうなってる?

ボディには前面と背面に角を丸めた2.5Dガラスを採用。快適で吸い付くようなグリップ感を実現している。

また、背面に指紋認証センサーを搭載。シングルタッチで好きなアプリを起動できるほか、登録したアプリをスリープモードからダイレクトに起動できる。

サウンドはどうなってる?

音響面ではAWINC8738 オーディオ アンプを搭載。臨場感のあるサウンドが楽しめるようになっている。また、本体にデュアルマイクを搭載。雑音を抑制してクリアな音声で通話できる。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは141.5×71.2×7.45mmで、重量は156g。カラーはピュア・ホワイト、サテン・ゴールド、プライム・ブラックの3種類をラインナップする。

Amazonで「SHINE LITE」をチェックする

楽天で「SHINE LITE」をチェックする

ヤフーショッピングで「SHINE LITE」をチェックする

ビックカメラで「SHINE LITE」をチェックする

「SHINE LITE」のスペック

SHINE LITE

  • ディスプレイは5.0インチ、解像度1280×720のTFT液晶
    ※5点マルチタッチ対応/2.5D Dragontrail ガラス(フロント&バック)/ 撥油(指紋付着防止)コーティング
  • プロセッサはMediatek MT6737 Quad Core 1.3GHz
  • GPUはARM Mali-T720
  • RAMは2GB
  • ストレージ容量は16GBで、micro SDカードで最大128GBまで増設可能
  • バッテリー容量は2460mAh
    ※駆動時間はLTE連続通話時で約6.5時間、LTE連続待受時で約351時間
  • カメラは背面1300万画素、前面500万画素
  • OSはAndroid 6.0

Amazonで「SHINE LITE」をチェックする

楽天で「SHINE LITE」をチェックする

ヤフーショッピングで「SHINE LITE」をチェックする

ビックカメラで「SHINE LITE」をチェックする

<関連製品>

2万円前後で買えるSIMフリースマホをまとめてチェック!

<ファーウェイ>

より軽快に美しく進化したスマホ ファーウェイ「HUAWEI nova lite」

スタイリッシュでパワフルなスマホ「HUAWEI P10 lite」

<ASUS>

大容量4,100mAhバッテリー搭載スマホ「ZenFone 3 Max」

超広角レンズも使える大容量バッテリー搭載スマホ「ASUS ZenFone 4 Max」

<ソニー>

よりスマートに進化する Sony 「Xperia XA1」

<モトローラ>

最高コスパで独走するスマホ モトローラ「Moto G5」

大容量バッテリーでも交換できるスマホ「Motorola Moto C Plus」

<TCL製 SIMフリースマホ>

VRゴーグルが付属するハイスペックなスマホ「alcatel IDOL4」

コスパよし! Wi-Fi テザリング&手ブレ補正対応のAndroid 6.0スマホ「Alcatel PIXI 4」

逆さまでも使える TCLのリバーシブル対応スマホ「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」

<関連記事>

コスパの高いスマホをまとめて紹介!

一万円以下で買えちゃう?! SIMフリーで使える通話専用ガラケー/スマホ まとめ

1万5千円前後で買える性能の高いスマホ まとめ

ハイスペックに進化中?! 2万円台で買える ちょっとリッチなAndroidスマホ まとめ

激安過ぎておつりがくる EXPANSYSで買えるお得なSIMフリースマホ まとめ

ハイスペックなスマホをまとめて紹介!

選ばれし者だけが使う究極のハイスペックスマホ まとめ

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

アキバにも売っていない超激レアなスマホをまとめて紹介!

一度持ったら手放したくなくなる ちっちゃくてかわいい ちびちびスマホ まとめ

指紋認証も大容量バッテリーも当たり前?! アキバにも売っていない超激レアなAndroidスマートフォン まとめ

最強のタフネススマホはどれだ? 京セラ「TORQUE G02」 vs サムスン「Galaxy S6 Active」

激安過ぎておつりがくる EXPANSYSで買えるお得なSIMフリースマホ まとめ