シングルボードPCはRaspberry Piより高性能モデルを選べ!

高性能でコスパのいいシングルボードPC  パート Ⅲ

ここではあまり知られていない珍しいシングルボードPCを中心に紹介していく。

パワフルCPU&GPUを搭載したシングルボードPC「PINE A64」

PINE A64」はAndroidとLinux OSに対応したシングルボードPC。64ビット対応のパワフルなCPUとGPUを搭載するほか、1GbのEthernetにも対応している。

インターフェースはUSB 2.0、HDMI(4K対応)、有線LANポート(ギガビット・10/100Mbps)など。2つのI/O端子も装備し、オプション(※別売)のキーボードや5メガピクセルカメラ、Bluetoothモジュールやタッチパネル、リモコンなどを接続できる。対応OSはDebian、Ubuntu、Android 5.1.1。最大消費電力は2.5Wとなっている。

公式製品紹介ページはこちら

「PINE A64」のスペック

  • SoC:Allwinner A64ベース
  • CPU:Quad-Core ARM Cortex A53 64-Bit 1.2GHz
  • GPU:Dual Core Mali 400-MP2
  • RAM:2GB DDR3
  • 外部ストレージ:
  • ネットワーク:IEEE 802.11 b/g/n 2.4GHz(option)、10/100/1000 BASE-T、Bluetooth 4.0(option)
  • サウンド入力:ピンジャック×1
  • ビデオ出力:HDMI
  • オーディオ出力:
  • 電源:MicroUSB 5V 2.0A
  • USB:USB 2.0 × 2

Amazonで「PINE A64」をチェックする

Linux&開発環境がすぐに使える「BeagleBone Black」

BeagleBone Black」はLinux対応のシングルボードPC。搭載された4GBのeMMCフラッシュストレージにLinux OSと開発環境に必要な「Clound 9 IDE」、各種ソフトウェア、ドキュメントなどがあらかじめインストールされているために、すぐに開発を始められるようになっている。なお、HDMIコネクタを省いてGroveコネクタを二つ搭載した「BeagleBone Green」、Raspberry Pi Zeroよりも更に小さい35×56mmサイズの「PocketBeagle」も販売されている。

「BeagleBone Black」のスペック

  • SoC:Texas Instruments Sitara AM3359AZCZ100 1GHz (Cortex-A8 + PowerVR SGX530)
  • メモリ:DDR3L 512MB
  • ストレージ:eMMC 2GB + microSD
  • 映像音声出力:HDMI(最大解像度1280×1024)
    ※本体側はmicroHDMI端子
  • 通信:有線LAN RJ45x1 (100Mbps)
  • ピンソケット:2個の46ピンヘッダ
  • 電源:5V 最大0.46A
  • サイズ:8.64cm x 5.34cm

Amazonで「BeagleBone Black」をチェックする

UbuntuCoreが使える超小型SBC「NanoPi NEO2」

NanoPi NEO2」はFriendlyElec製のシングルボードPC。小型ながらネジ穴やピンソケットを装備し、組み込み用途でも利用できる。対応OSはu-boot、Ubuntu Core。プロセッサは64ビット対応のAllwinner H5クアッドコア(ARM Cortex-A53)GPUにはMail450 ヘキサコア、RAMは512M DDR3を搭載する。

通信は有線LAN(10/100 / 1000Mイーサネット)、RTL8211E-VB-CGチップ。インターフェイス(※NEOと互換性あり)はUSBホスト タイプA x 1、USBピンヘッダーx 2、MicroSD カードスロット x 1(システムの起動と格納用)、GPIO1(2.54mmピッチの24ピンヘッダ、Raspberry PiのGPIOピン1ピン24と互換性あり)、GPIO2(2.54mmピッチ12ピンヘッダ)、シリアルデバッグポート(2.54mmピッチ4ピンヘッダ)、オーディオ入出力(2.0mmピッチ4ピンヘッダ)。

Amazonで「NanoPi NEO2」をチェックする

電子工作に強いマイコンボード「Arduino Uno」

Arduino Uno」は初心者でも簡単に使えるマイコンボード。ボード上のUSBポートにケーブルを挿し、PCにつなげるだけで簡単に動作する。プログラミングの際には、統合開発環境「Arduino IDE」(無料)が使用可能。C言語に近いプログラミング言語で電子工作用のプログラムを作成・実行できる。

「Arduino Uno」(R3)のスペック

  • マイコンチップ:ATmega328P
  • 動作電圧:5V
  • 入力電圧(推奨):7~12V (DCジャックもしくはVIN端子から入力)
  • デジタルI/Oピン:14本(うち6本はPWM出力可能)
  • アナログ入力ピン:6本(デジタルI/Oピンとしても利用可能)
  • DC出力電流:1つのI/Oピン当り20mA程度、I/Oピン全部の合計100mAまで
  • (1ピンあたり40mA以上流すと壊れます)
  • DC出力電流:3.3V出力ピン 50mA
  • Flashメモリ:32KB (うち0.5KBをブートローダーで使用)
  • SRAM:2KB
  • EEPROM:1KB
  • クロックスピード:16MHz

Amazonで「Arduino Uno」をチェックする

 

この続きはこちら!

目次

高性能でコスパのいいシングルボードPC  パート Ⅰ

高性能でコスパのいいシングルボードPC  パート Ⅱ

高性能でコスパのいいシングルボードPC  パート Ⅲ

高性能でコスパのいいシングルボードPC  パート Ⅳ

高性能でコスパのいいシングルボードPC  パート Ⅴ

プログラミングトイ&ロボットのまとめ記事はこちら