中古ガラケーが人気再燃で大ヒット! コスパよし機種 まとめ

中古ガラケーがおすすめな理由

SIMフリーでない中古ガラケーでも格安SIMが使える?!

5千~6千円程度で買える中古の激安ガラケーは主に音声通話とSMSが使える程度で、そのほとんどはSIMフリー対応端末ではない。しかし、一般的な格安SIMが使えないというわけではなく、同じSIMサイズでドコモやソフトバンクの通信網を使っていれば、機種変更しても音声通話とSMSが通常通り使える(※インターネットは使用不可)。auの場合であっても、auショップにてロッククリア手続きさえすれば、auの通信網を使った格安SIMが使用可能だ。auの格安SIMにはUQ mobile・mineo・IIJmio・BIGLOBEモバイル・楽天モバイルなどがある。

格安SIMで複数のSIMが使える?!

スマホとガラケーの2台持ちをしたいとき、問題になるのが「SIM」だ。通常では1枚のみの契約なのでSIMが足りなくなってしまう。しかし、格安SIMの中には複数のSIMが使えるプランを用意しているものもある。例えば「IIJmioのファミリーシェアプラン」や「mineoの家族向けプラン」など。これらのプランを選択すると、通常の料金に数百円プラスだけで複数のSIMカードが使えるようになる。スマホとガラケーの2台持ちをしたい人は複数のSIMが使えるプランを一度検討してみよう。

中古人気モデルはdocomoガラケー

中古市場で最も人気が高いのがdocomoのガラケーだ。3.4インチの大画面で使えるガラケー「docomo P-01F」、全部入りのハイスペックなガラケー「docomo F-07F」は液晶も見やすく、動作も快適。多彩な機能もふんだんに搭載されており、リピートして購入するほど愛用する人も多い。また、auでは「簡単ケータイ K012」、「かんたん携帯8」などの簡単ケータイシリーズが人気。大きな文字で見やすい液晶と抜群の聞き取りやすさ、誰でも操作しやすいシンプルさが人気に拍車をかけているようだ。一方、ソフトバンクでは「softbank DIGNOケータイ 501KC」などLINEが使える京セラ製のAndroidガラホが人気だ。「COLOR LIFE 5 WATERPROOF」や「SoftBank 202SH for Biz」などシンプルに使えるモデルも人気が高い。

 

この続きはこちら!

目次

中古ガラケー まとめ  パートⅠ<ドコモ編>

「AQUOSケータイ SH-01J」「SH-03E」「P-smart ケータイ P-01J」「740SC」

中古ガラケー まとめ  パートⅡ <ソフトバンク編>

「softbank DIGNOケータイ 501KC」「COLOR LIFE 5 WATERPROOF」「softbank COLOR LIFE 4 WATERPROOF 301P」「softbank PANTONE WATERPROOF 202SH」「SoftBank 202SH for Biz」

中古ガラケー まとめ  パートⅢ <au KDDI編>

「au 簡単ケータイ K012」「かんたん携帯8」「MARVERA KYF35」「au KY006」「AQUOS K SHF33」「AQUOS K SHF32/31」

中古ガラケー まとめ  パートⅣ <au KDDI編>

「GRATINA2」「au GRATINA 」「GRATINA 4G」

 中古ガラケー まとめ  パートⅤ <ドコモ編>

「docomo P-01G」「docomo P-01F」「docomo F-07F」パナソニック「LUMIX Phone」ドコモ「P-03D」

 中古ガラケー まとめ  パートⅥ  <ソフトバンク編>

「DIGNO ケータイ2」「AQUOS ケータイ2」「DIGNO ケータイ」「AQUOSケータイ」

中古ガラケーがおすすめな理由