「Dragon Touch V10」コスパ&使いやすさ抜群のタブレット


Amazonでコスパと使いやすさで大人気のAndroid7.0搭載タブレット「Dragon Touch V10」が販売されている。64ビット対応のクアッドコアCPUに強化されており、より使いやすいタブレットになっている。

「Dragon Touch V10」はどんなタブレットなの?

シリーズ中で最も有名な「Dragon Touch X10」のCPUとOSを強化したモデル。CPUは64bit対応になり、ゲーム中でもより高速に動作するように改善された。また、Android7.0 OSとの組み合わせにより、省電力化も実現。動画再生時で4.5〜6時間ほど、通常使用で6〜8時間ほど駆動できる。

「Dragon Touch X10 2018」との違いは?

最新モデルの「Dragon Touch X10 2018」はメモリ(RAM)が2GBなのに対し、「Dragon Touch V10」の方は1GBになっている。ただし、従来モデルと同様に、Google Playストアやmicr HDMI経由での外部ディスプレイ出力はそのまま利用できる。

また、解像度800×1280のIPS液晶で、電子書籍や動画鑑賞、ゲームも快適に楽しめ、Wi-Fi経由でのGPSナビゲーション機能も利用できる。「Dragon Touch X10 2018」との大きな違いはあまりないと考えていいだろう。

Dragon Touch V10」の価格は?

Amazonでは12,998円で販売中。日本語の説明書や一年間の保証もつくようだ。ゲームや動画視聴に使えるコスパのいい10.1型のタブレットを探している人におすすめだ。

CPU強化のAndroid7.0 タブレット「Dragon Touch V10」

Dragon Touch V10」はAndroid 7.0を搭載した10.1型のタブレット。従来モデルからプロセッサとOSを強化。Google PlayストアやGPSが利用できるほか、micr HDMI経由で外部ディスプレイに画面を映し出せる。OTG、GPSにも対応する。

ディスプレイはどうなってる?

ディスプレイは10.1インチ、解像度800×1280のIPS液晶を搭載。どの角度からも見やすい鮮やかな発色のIPSパネルで、コントラストの高い鮮明な映像を楽しめる。

プロセッサやメモリ、グラフィックはどうなってる?

プロセッサは64bit対応のMediaTek Quad Core 1.3GHz 、RAMは1GBを搭載。Android7.0との組み合わせにより、高速化と省電力化の向上を実現。迅速なマルチタスク処理が可能になり、ゲームや動画をスムーズに楽しめる。

バッテリーやストレージ容量はどれくらい?

バッテリー駆動時間は6〜8時間ほどになっている。ストレージ容量は16GBで、microSDカードで最大32GBまで増設できる。

カメラはどうなってる?

カメラは背面200万画素、前面200万画素。メモやチャットで活用できる。

通信はどうなってる?

通信はWiFi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.0、GPSをサポート。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースはmicro USB、micro HDMI(1080Pで出力可)、3.5mmイヤホンジャック。

搭載センサーは G-sensor。

どんな機能が使えるの?

OTGに対応し、キーボードやマウスなどのUSB機器と接続可能。

GPSを利用したナビゲーション機能が利用可能で、FMラジオ機能も備えている。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは265 x 165 x 10.7 mmで、重量は約587g。カラーはブラックのみをラインナップする。

Amazonで「Dragon Touch V10」をチェックする

ヤフーショッピングで「Dragon Touch V10」をチェックする

「Dragon Touch V10」のスペック

Dragon Touch V10

  • ディスプレイは10.1インチ解像度800×1280のIPS液晶
  • プロセッサはMediaTek Quad Core 1.3GHz
    ※64bit対応
  • RAMは1GB
  • ストレージ容量は16GBで、microSDカードで最大32GBまで増設可能
  • バッテリー駆動時間は6〜8時間ほど
    ※動画再生時で4.5〜6時間ほど
  • カメラは背面200万画素、前面200万画素
  • OSはAndroid 7.0 Nougat
  • 付属品はACアダプタ、USBケーブル、ユーザーマニュアル
  • ※OTGに対応
  • ※日本語説明書&一年間保証あり(Amazon販売のもの)

Amazonで「Dragon Touch V10」をチェックする

「Dragon Touch V10」のレビュー・口コミ・評価

Amazon.co.jpのレビューから分かること

米国の方のAmazon.comで検索してみたところ、レビュー評価はかなり高かった。日本のAmazonのレビューにもある通り、やはり画面が見やすく、スムーズに動作するところが高評価につながっているようだ。Google Playストアが使えること、HDMI経由での接続が可能なこと、OTG対応で他のUSB機器が使えるなど、タブレットとしての使いやすさがユーザーに満足感を与えている。

また、余計なアプリがインストールされていないところも高評価につながっている。スペックが高いわけではないので、うまく使い分けて使う必要があるが、コスパが高いことに変わりはない。

<コスパ・動作・アプリについて>

とにかくこの価格で画面サイズ、解像度、スペックともコストパフォーマンスが非常に高くオススメの1台。ややコアメモリ、メインメモリ容量が心許無いがハイスペックなゲームでもしない限りは問題無い。また必要の無いアプリがプリインストールされて居ない点も良い。この価格は非常にコストパフォーマンスが高くオススメ出来る。

<動画視聴・ディスプレイ・サウンドについて>

動画視聴もIPSの大画面でサクサクです。ステレオスピーカーは、画面が鳴るので臨場感あります。余分なソフトが一切入っていないのはメリットです。

<ゲームについて>

レビューを見ると思いゲームには向いていないとのことでしたが、すごく重いということもなく、快適に使用できています。

<OS・機能について>

Android 7.0であること、マルチユーザー機能が使えること、10.1インチと画面が大きいこと、等値段を考えると良い買い物だったと思います。

<動画視聴・用途について>

普段使っている携帯がandroid7.0なので同じであることと、機能的には十分なので購入しました。動画も十分見れるので、仕事をメインに休憩中や、外回りの時の書類作成に使っています。

<関連記事  タブレット>

<コスパのいいタブレット>

安くなきゃヤダ!1万円前後の激安Androidタブレット まとめ 

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

こんなに安くていいの?! EXPANSYSで買えるお得なタブレット まとめ

<SIMフリーで使えるタブレット>

外でも快適! SIMフリーで使えるAndroidタブレット まとめ 

型落ち&激安で買えるSIMフリータブレット まとめ 

<ハイスペックなタブレット>

一度は手に入れてみたい 超ハイスペックな高級Androidタブレット まとめ

<モノクロEink搭載のAndroidタブレット>

Eink搭載のAndroidタブレットに新モデル続々 全機種を比較

<手書き入力に強いタブレット>

イラストもメモも超快適! 手書き入力に特化したAndroid&WindowsタブレットPC まとめ

<ゲームに特化したタブレット>

Androidゲーミングタブレット コントローラ一体型 まとめ