十万円以上する高額スマホ「iPhone X」 Appleファンはなぜ買うのか?


EXPANSYSにSIMフリー版のApple「iPhone X」が入荷している。十万円以上する高額スマホだが、Appleファンは発売当初から長蛇の列を作り、店頭に殺到。あっという間に売り切れが続出し、品薄状態が続いている。

Appleファンは「変化」に飢えていた?

十万円以上する高額スマホ「iPhone X」が爆発的に人気な理由は、同時期に発表された「iPhone8/Plus」の不評と大きな関係がある。ご存知の通り、「iPhone8/Plus」は従来モデルを踏襲しており、CPUやGPUの強化以外に大きな進化が見られない。いわば、「前モデルとそれほど変わらない、スペックアップしたモデル」をそのまま出しただけであり、そうした「革新性の無さ」がAppleファンたちをひどく落胆させたといっていいだろう。

「革新」がAppleファンたちを満足させる

しかし、「iPhone X」は素人目にもこれまでのモデルと違うことがはっきりと分かる「革新性」を備えており、「iPhone8/Plus」とは全く異なる路線で進化したモデルだといっていい。

従来モデルよりも広々とした狭額縁設計の有機EL (OLED)ディスプレイ。機械学習によってユーザーを認識するTrueDepthカメラシステムを使った顔認証機能「Face ID」。アナログケーブルを全く使わないで給電するワイヤレス充電機能(Qi規格)。デュアル手ブレ補正が使える1200万画素+1200万画素の背面カメラ、など例を上げればきりがないほど従来モデルとは異なる進化を見せている。

この進化は単なる「ハイスペック化」ではなく、明らかに未来のiPhoneの進化を見据えたものであり、Appleの技術力を総結集したものだろう。

Appleは通常では数年後に登場したはずの「未来のiPhone」をいち早く公表し、今後の進化の過程をAppleファンたちに印象づけたことになる。

十万円以上する高額スマホ「iPhone X」をあえて買う理由

iPhone X」は64GBモデルで税別112,800円、256GBモデルで税別129,800円もする高額なスマホだ。通常であれば、誰もが尻込みして買うことはないだろう。しかし、Appleファンにとって「価格」はもはや問題ではない。「iPhone X」を購入するということは、Appleがいち早く自分たちにに見せてくれた「iPhone進化」への賛同の意でもあり、自分たちが真にAppleへの忠誠を誓うiPhoneファンであることの証明にほかならない。

真のAppleファンは、iPhoneのニュースばかりを追いかける「マニア」ではない。Appleの進むべき道、iPhoneが今後遂げる進化を温かく見守り、応援する人だけが真のAppleファン、iPhoneユーザーと呼べる。

「iPhone X」を手にすることはその証明であり、そのような自分でありたいと望む人の自己投資にほかならない。真のAppleファンにとってそれを手に入れることはむしろ「当たり前のこと」なのだ。

公式製品紹介ページはこちら

ゴージャスに進化したシリーズ最強スペック搭載 Apple「iPhone X」

iPhone X」はiOS 11.1を搭載した5.8型のスマートフォン。狭額縁設計の表面全体にディスプレイが広がる有機EL (OLED)ディスプレイを搭載。

ジェスチャーや顔認識テクノロジーを採用したセキュリティ機能を備えるほか、FeliCa、NFC(リーダーモード)、VoTE、Wi-Fiデュアルバンド、ワイヤレス/急速充電にも対応する。

ディスプレイはどうなってる?

ディスプレイは5.8インチ、解像度1125 x 2436の有機EL液晶を搭載。ピクセル密度458ppi、縦横比 約19.5:9の狭額縁設計で、HDRに対応。

周囲の光の色に合わせてディスプレイの色や明度を自動調整する「True Tone」にも対応している。

プロセッサやメモリ、グラフィックはどうなってる?

プロセッサは43億個のトランジスタを搭載した6コア仕様のApple A11 Bionic Hexa-core 2.39 GHz 、RAMは3GBを搭載。

グラフィック(GPU)はApple GPU (three-core graphics)を採用し、動画やゲームを滑らかに再生する。

バッテリーやストレージ容量はどれくらい?

バッテリー容量は2716 mAh。連続通話時間(ワイヤレス)が最大21時間、インターネット利用が最大12時間。ワイヤレス充電機能(Qi規格)に対応し、別売の「AirPowerマット」で複数端末をワイヤレス充電できる。

ストレージ容量は64/256GBの2種類を用意している。

カメラはどうなってる?

カメラは背面1200万画素(広角/F1.8)+1200万画素(望遠F2.4)、前面700万画素。

背面カメラはデュアル光学手ぶれ補正に対応し、ブレを抑えたシャープな撮影が可能。

光学ズーム、6倍デジタルズーム、連続オートフォーカスビデオ、顔(人)認識、ノイズリダクションカラーフィルタ、クアッドLED True Toneフラッシュなどの機能も利用できる。

前面カメラでは背面をボカしたポートレートモードが利用可能。

動画撮影は最大4K/60fpsをサポートする。

通信はどうなってる?

通信は4G LET(最大800Mbps)、3G、2Gに対応。

対応ネットワークは4G: LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/29/30/66/34/38/39/40/41 /、 3G: 850/900/1700/1900/2100 MHz /、2G GSM: 850/900/1800/1900 MHz。

SIMカードサイズはNano SIMを採用。

WiFi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth5.0、GPS(A-GPS/GLONASS/GALILEO/QZSS)、NFCもサポートする。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースはUSB 2.0。イヤホンジャックは非搭載で、イヤホンはLightningアダプタ経由で接続する。

搭載センサーはFace ID, accelerometer, gyro, proximity, compass, barometer。

ボディはどうなってる?

ボディには堅牢性の高いガラス素材を採用。ラウンドフォルム形状でIP67相当の防水・防塵性能も備えている。

セキュリティはどうなってる?

本体前面のTrueDepthカメラシステムを使った顔認証機能「Face ID」を搭載。機械学習によってユーザーを認識し、iPhoneを見るだけで瞬時にロック解除できる。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは70.9(幅)×143.6(高さ)×7.7(奥行)mmで、重量は174g。カラーはスペースグレイ、シルバーの2種類をラインナップする。

EXPANSYSで「iPhone X」をチェックする

Amazonで「iPhone X」をチェックする

楽天で「iPhone X」をチェックする

ヤフーショッピングで「iPhone X」をチェックする

「iPhone X」のスペック

iPhone X

  • ディスプレイは5.8インチ、解像度1125 x 2436の有機EL液晶
    ※有機EL(OLED) / Super Retina / 縦横比が約19.5:9 / ピクセル密度458ppi / コントラスト比 1,000,000:1 / 最大輝度 625cd/m^2 / 3D Touch
  • プロセッサはApple A11 Bionic Hexa-core 2.39 GHz
  • GPUはApple GPU (three-core graphics)
  • RAMは3GB
  • ストレージ容量は64/256GBで、micro SDカードで最大0GBまで増設可能
  • バッテリー容量は22716 mAh
  • カメラは背面1200万画素+1200万画素、前面700万画素
  • OSはiOS 11.1

EXPANSYSで「iPhone X」をチェックする

Amazonで「iPhone X」をチェックする

楽天で「iPhone X」をチェックする

ヤフーショッピングで「iPhone X」をチェックする

<関連製品>

おサイフケータイ&防水に対応した「iPhone 7 / Plus」

新機軸の3D Touchに対応したApple「iPhone6s/Plus」

A7プロセッサを搭載したちびちびスマホ Apple「iPhone 5s」

大幅進化で帰ってきた4型ちびちびスマホ「iPhone SE」

<関連記事>

Apple製品をまとめて紹介!

SIMフリーでも激安! 不動の人気を誇るApple「iPhone」 「iPad」シリーズを激安で手に入れる方法

コスパの高いスマホをまとめて紹介!

一万円以下で買えちゃう?! SIMフリーで使える通話専用ガラケー/スマホ まとめ

1万5千円前後で買える性能の高いスマホ まとめ

ハイスペックに進化中?! 2万円台で買える ちょっとリッチなAndroidスマホ まとめ

選ばれし者だけが使う究極のハイスペックスマホ まとめ

アキバにも売っていない超激レアなスマホをまとめて紹介!

一度持ったら手放したくなくなる ちっちゃくてかわいい ちびちびスマホ まとめ

指紋認証も大容量バッテリーも当たり前?! アキバにも売っていない超激レアなAndroidスマートフォン まとめ

最強のタフネススマホはどれだ? 京セラ「TORQUE G02」 vs サムスン「Galaxy S6 Active」

きみたち タブレットじゃなかったの?! 超大型液晶を備えたジャンボなAndroidスマホ まとめ