ミラーレスカメラの最高峰モデル「ライカTL2」


楽天でミラーレスカメラの最高峰モデル「ライカTL2」が販売されている。

アルミニウム削り出しのエレガントなボディに、2400万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーと高性能なイメージプロセッサー「LEICAMAESTRO II」を搭載。最高コントラストかつ優れた色再現性を実現するとともに、オートフォーカスのスピードも大幅に向上させている。

また、1/4000秒以上の電子シャッター使用時にはシャッター音を無音にすることが可能。ISO 100~50,000のISO感度、4K(3840x2160p/30fps)での動画撮影、Wi-Fi機能なども利用できる。

ライカTL2」の楽天での価格は現在 256,500円 (税込/送料無料)。ミラーレスカメラの最高峰モデルで快適に撮影したい人におすすめだ。

公式製品紹介ページはこちら

卓越した描写力を発揮する高級ミラーレスカメラ「ライカTL2」

ライカTL2」は最大秒間20コマの連写や4K動画の撮影に対応しミラーレスカメラ。2400万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーと高性能なイメージプロセッサー「LEICA MAESTRO II」を組み合わせ、高コントラストかつ優れた色再現性を実現している。

きれいに撮影できる?

撮像素子は、有効2,424万画素のCMOSセンサー。イメージプロセッサーには「LEICAMAESTRO II」を採用。幅広いダイナミックレンジと優れた色再現性により、細かいディテールまでシャープに描写する。

また、オートフォーカスの速度と精度も向上しており、ピント合わせは最速0.165秒(CIPA規格準拠)。従来モデルと比べて3倍高速になっている。

最高感度はISO50000。採光条件に恵まれない条件下の撮影でも卓越した描写性能を発揮する。

レンズはどうなってる?

別売のライカTLシステム用レンズ 「17~200mm(35mm判換算)」が装着可能。レンズマウントには、「ライカTL」および「ライカSL」と共通のライカLバヨネットマウントを採用し、アダプダーなしでライカSL用のレンズを装着できる。

また、新たにシルバーカラーも登場するマウントアダプター「ライカTL用Mレンズアダプター」(ブラックおよびシルバーの2色展開)を用意。ライカMシステム用のレンズを装着できる。

どんな機能が利用できるの?

1/4000秒以上の電子シャッター使用時にはシャッター音を無音にすることが可能。また、最高1/40000秒の高速シャッタースピード撮影や、秒間7~20コマ連写も利用できる。

動画は撮影できる?

動画撮影機能は最大4Kの3,840×2,160ドット/30fpsに対
応。

そのほか、フルHD(1920x1080p/60fps)、HD(1280x720p/60fps、スローモーションの場合は120fps)など様々な動画撮影モードで撮影できる。

液晶モニターはどうなってる?

背面モニターは3.7型130万ドットのタッチパネル式。カスタマイズ可能なメニューで直感的に操作できる。

また、GPS機能を内蔵した高精細な外付け電子ビューファインダー「ビゾフレックス」が利用可能。角度調整が可能で、液晶モニター表示からファインダー表示への自動で切り替えられる。

ボディはどうなってる?

ボディはアルミニウム削り出しを採用。シンプルで堅牢性のある上品な仕上がりになっている。

記録メディはどうなってる?

記録形式は写真がJPG、DNG、動画がMP4に対応。記録メディアにはSD/SDHC/SDXCに対応している。

インターフェースはどうなってる?

HDMIポートとUSB 3.0ポートを搭載。ケーブル接続でデータを高速で転送することもできるほか、USB経由で充電できる。

バッテリーはどうなってる?

バッテリーはBP-DC13を採用し、撮影可能枚数は約250枚まで。USBからの充電に対応する(※バッテリーチャージャーも付属する。)。

スマホと連携できるの?

通信面ではWi-Fi機能を搭載し、撮影した写真や動画をスマートフォン、タブレット、PCにワイヤレスで転送することが可能。「Leica TL app」を使用すれば、スマートフォンやタブレット上からリモート操作することもできる。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは134×69×33mmで、重量は約399g(バッテリー込み)、約355g(本体のみ)。カラーはブラック、シルバーの2種類をラインナップする。

楽天で「ライカTL2」をチェックする

ヤフーショッピングで「ライカTL2」をチェックする

Amazonで「ライカTL」(※前モデル)をチェックする

ビックカメラで「ライカTL2」をチェックする

「ライカTL2」のスペック

ライカTL2

型式:デジタルAPS-Cシステムカメラ
レンズマウント:ライカLバヨネットマウント方式、カメラ本体とのデータを通信用電子接点を装備
対応レンズ:ライカLマウントレンズ、マウントアダプターを使用してライカMレンズやライカRレンズの装着が可能
撮像素子:CMOSセンサー サイズ:23.6 x 15.7mm(APS-Cサイズ)
総画素数:2496万画素 有効画素数:2424万画素 アスペクト比:3:2
動画の記録画素数/:3840x2160p(4K)/30fps1920x1080p(FHD)/60fps、
フレームレート:1280x720p(HD)/60fps 1280x720p(HD)/120fps(SLOMO)
内蔵メモリー:32GB
記録媒体:SD/SDHC/SDXCメモリーカード、マルチメディアカード、UHS II対応
ISO感度:オート、ISO 100~50000
測光モード:マルチ測光、中央重点測光、スポット測光
露出補正:-3EV~+3EV(1/3EVステップ)
オートブラケット撮影:-3EV~+3EV(1/3EVステップ) 3コマ撮影
シャッタースピード:30~1/40000秒(電子シャッター。機械式シャッター:最大1/4000秒)
連続撮影:約7コマ/秒(機械式シャッター)、20コマ/秒(電子シャッター)、29枚目以降は使用するSDカードの書き込み速度によって速度が低下
フラッシュモード:装着したシステム対応フラッシュユニットで調整可能
フラッシュ調光補正:-3EV~+3EV(1/3EVステップ)
フラッシュ同調速度:1/180秒
液晶モニター:3.7型TFT液晶モニター ドット数:130万ドット(854×480/カラーチャンネル)
セルフタイマー:2秒または12秒
Wi-Fi機能:準拠規格:IEEE 802.11b/g/n(無線LAN標準プロトコル)
使用周波数範囲:1~11ch 暗号化方式:Wi-Fi準拠 WPA/WPA2
電源:充電式リチウムイオンバッテリーBP-DC13(公称電圧7.2V、容量985mAh)×1 撮影可能枚数:約250枚(CIPA規格による) 充電時間:約160分(完全放電状態から)
インターフェース:マイクロ(タイプD)HDMIポート、HDMI 1.4b標準対応、USBポート(タイプC)、マイクロUSB端子(USB 3.0 Super Speed)対応、USB接続による充電が可能(最大1Aの出力機器)、アクセサリーシュー、電子ビューファインダー「ライカ ビゾフレックス」(別売)用接点付き
本体:無垢のアルミニウムを使用したユニボディ、キャリングストラップ等のアクセサリー使用時に脱着可能なダミープラグ×2、ISOに準拠したアクセサリーシュー(中央接点および制御接点を装備、大光量の外部フラッシュユニットや外付け電子ビューファインダー「ライカ ビゾフレックス」を装着可能)
三脚ネジ穴:A 1/4(1/4インチ、DIN 4503に準拠)
寸法 :134x69x33mm(幅×高さ×奥行)
質量:約399g(バッテリー含む)/355g(バッテリー含まず)

楽天で「ライカTL2」をチェックする

ヤフーショッピングで「ライカTL2」をチェックする

Amazonで「ライカTL」(※前モデル)をチェックする

ビックカメラで「ライカTL2」をチェックする

《新品》 Leica (ライカ) TL2 ブラック [ ミラーレス一眼カメラ | デジタル一眼カメラ | デジタルカメラ ]【KK9N0D18P】

価格:
256,500円

(2017/08/22 07:50時点 )

感想:0件

ライカ TL2 ボディ ブラック 《発売日未定》

価格:
256,500円

(2017/08/22 07:51時点 )

感想:0件

<関連記事>

人気のカメラをまとめて紹介!

風景もスナップもこの一台で! 旅先で大活躍するコンパクトデジカメ まとめ

海でも山でもOK! アウトドアで使えるタフなデジカメ まとめ

海や山に必ず持っていきたいアクションカメラ まとめ

SNSとの相性バッチリ! ダイナミックな映像が撮影できる360度カメラ まとめ

アナログっぽさがたまらない?! 人気急上昇のデジタルトイカメラ まとめ

デジカメより断然おもしろい?! アナログトイカメラ LOMOの世界