写真撮影にも音楽にも強いハイスペックスマホ「HTC U Play」


Amazonで写真撮影や音楽に強いスマホ「HTC U Play」が販売されている。

厚さ8mmの薄型軽量ボティに64bit対応のHelio P10 オクタコアCPUと4GB RAMを搭載。2種類の節電モードを備えたバッテリーを備え、長時間使用することができる。

また、光学式手振れ補正(OIS)やPDAFを備えた背面1600万画素カメラに加え、前面にも1600万画素カメラ(UltraPixelカメラモードに切替えが可)を搭載。指紋認証機能の他に、音声認識機能やパーソナルアシスタント機能、オーディオを最適化させる「HTC USonic」も利用できる。

HTC U Play」のAmazonでの価格は現在 40,000円。写真撮影や音楽に強いハイスペックなAndroidスマホを探している人におすすめだ。

公式製品紹介ページはこちら

カメラや音質にこだわったハイスペックなAndroid 6.0スマホ「HTC U Play」

HTC U Play」はAndroid 6.0を搭載した5.2型のスマートフォン。1600万画素のカメラを前面と背面に搭載し、クオリティの高い写真を撮影することが可能。

音声認識、指紋認証(前面)、節電モード、急速充電、NFC、Wi-Fiデュアルバンド、USB Type-C、オーディオを最適化させる「HTC USonic」にも対応している。

ディスプレイはどうなってる?

ディスプレイは5.2インチ、解像度1080 x 1920のSuper LCD液晶を搭載。光を美しく表現するために色彩とガラスを複数の層で融合させ、あらゆる角度から輝きと深みを付与。角度の変化に合わせてディスプレーの輝度が変わるようになっている。

プロセッサやメモリ、グラフィックはどうなってる?

プロセッサは64bit対応のMediatek MT6755 Helio P10 Octa-core 2GHz 、RAMは3GB/4GBを搭載。

グラフィック(GPU)はMali-T860MP2を採用し、動画やゲームを滑らかに再生する。

バッテリーやストレージ容量はどれくらい?

バッテリー容量は2500mAh。連続待受時間は427時間(3G)、連続通話時間は15時間 (3G)。節電モードとして「Power saver mode」と「Extreme power saving mode」の2種類が利用可能急速充電(5V/2A)に対応し、短時間で充電を完了できる。

ストレージ容量は32GB/64GB。micro SDカードで最大256GBまで増設できる。

カメラはどうなってる?

カメラは背面1600万画素、前面1600万画素。

f/2.0の広角28mmレンズ(74.5° wide angle)で、1 µmピクセルサイズの画質で撮影可能。

光学式手振れ補正(OIS)、PDAF、デュアルトーンLEDフラッシュ、オートHDR撮影、タッチフォーカス、顔認識、パノラマ、ジオタグなどの機能も利用できる。

動画は1080p@30fpsでの撮影をサポート。

前面カメラにはf/2.0の広角27mmレンズ (77.9° wide angle)で1 µmピクセルサイズの画質で撮影可能。

1080pでの動画撮影やオートHDR撮影機能も利用できる。

また、1600万画素カメラとUltraPixelカメラの間でモード切替えが可能。

Ultra Pixelによる比類のない4倍高感度と1600万画素による高解像度のどちらかのモードを選択できる。

通信はどうなってる?

通信は4G LTE、3G、2Gに対応。

対応ネットワークは4G: LTE band 1/3/5/7/8/20/28/38/40 、3G: 850/900/1900/2100 MHz 、2G GSM: 850/900/1800/1900 MHz。

SIMスロットはデュアルSIM仕様で、SIMカードサイズNano-SIMを採用。

WiFi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2( A2DP/LE)、GPS(A-GPS/GLONASS)、NFCもサポートする。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースはUSB 2.0 Type-C、micro SDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック。

搭載センサーはFingerprint (front-mounted), Motion G, gyro, proximity, compass,Ambient light,Magnetic。

ボディはどうなってる?

ボディにはボディは液体をコンセプトに作られた表面加工「リキッドサーフェイス」を採用。側面や端にもガラスを配置し、表面をカーブさせることによりメタルとガラスの完璧な融合を実現している。

どんな機能があるの?

機能面では、毎日の行動から学習し続けるパーソナルコンパニオン「HTC Sense Companion」を搭載。

「雪の予報がでています。少し早めに仕事に出かけましょう」、「旅行に出かける前にパワーバンク (予備電池)を忘れずに」等々のアドバイスをはじめ、週末のお勧めレストラン情報の提供や席の予約もしてくれる。

また、本体に音声認識機能を内蔵し、スリープモード中でも言葉を認識して、応答することが可能。

電話をかけたり、友達にメッセージを送信したり、毎日の目覚ましアラームをセットしたり、ハンズフリーナビゲーションの開始などを音声認識で実行できる。

サウンドはどうなってる?

音響面では人の内耳を音波パルスで分析し、オーディオを最適化させる「HTC USonic」を搭載。これまで聴こえなかったサウンドの細部まで聴こえるようになっている。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは146 x 72.9 x 8 mmで、重量は145 g。カラーはBrilliant Black, Cosmetic Pink, Ice White, Sapphire Blueの4色をラインナップする。

Amazonで「HTC U Play」をチェックする

ヤフーショッピングで「HTC U Play」をチェックする

EXPANSYSで「HTC U Play」をチェックする

楽天で「HTC U Ultra」をチェックする

「HTC U Play」のスペック

HTC U Play

  • ディスプレイは5.2インチ、解像度1080 x 1920のSuper LCD液晶
  • ※428ppi / Corning Gorilla Glass
  • プロセッサはMediatek MT6755 Helio P10 Octa-core 2GHz
  • ※GPU: Mali-T860MP2
  • RAMは3GB/4GB
  • ストレージ容量は32GB/64GBで、micro SDカードで最大256GBまで増設可能
  • バッテリー容量は2500mAh
  • ※連続待受時間は427時間(3G)、連続通話時間は15時間 (3G)
  • カメラは背面1600万画素、前面1600万画素
  • ※ボリュームボタンをシャッターボタンとして利用可能
  • OSはAndroid 6.0

Amazonで「HTC U Play」をチェックする

ヤフーショッピングで「HTC U Play」をチェックする

EXPANSYSで「HTC U Play」をチェックする

楽天で「HTC U Ultra」をチェックする

EXPANSYSで販売されているモデル 一覧

<関連記事>

コスパの高いスマホをまとめて紹介!

一万円以下で買えちゃう?! SIMフリーで使える通話専用ガラケー/スマホ まとめ

1万5千円前後で買える性能の高いスマホ まとめ

ハイスペックに進化中?! 2万円台で買える ちょっとリッチなAndroidスマホ まとめ

ハイスペックなスマホをまとめて紹介!

選ばれし者だけが使う究極のハイスペックスマホ まとめ

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

アキバにも売っていない超激レアなスマホをまとめて紹介!

一度持ったら手放したくなくなる ちっちゃくてかわいい ちびちびスマホ まとめ

指紋認証も大容量バッテリーも当たり前?! アキバにも売っていない超激レアなAndroidスマートフォン まとめ

最強のタフネススマホはどれだ? 京セラ「TORQUE G02」 vs サムスン「Galaxy S6 Active」

激安過ぎておつりがくる EXPANSYSで買えるお得なSIMフリースマホ まとめ