「Teclast Tbook 10S」スタイリッシュ!デュアルOSタブレット


Amazonでアルミボディのスタイリッシュな10.1型デュアルOSタブレット「Teclast Tbook 10S」が販売されている。

厚さ8.0 mmの薄型軽量アルミボディに、64bit対応のAtom-X5-Z8350クアッドコアCPUと4GB RAMを搭載。ディスプレイ解像度は1280 x 1920(IPS液晶)と非常に高精細で動画やゲーム、電子書籍などのアプリが快適に使用にできる。

また、付属の専用キーボード(※ケース兼用)をマグネット接続させて2in1PCとして使用することが可能。大容量6000mAhバッテリーや64GBのストレージも備え、従来モデルよりも使い勝手を大幅に向上させている。

Teclast Tbook 10S」のAmazonでの価格は現在 21,800円。アルミボディのスタイリッシュなデュアルOSタブレットを探している人におすすめだ。

公式製品紹介ページはこちら

Teclastタブレットのまとめ記事はこちら

TECLAST TBook 16 Power」の情報はこちら

Teclast Tbook 16 Pro」の情報はこちら

パワフルで美しい2in1タイプのデュアルOSタブレット「Teclast Tbook 10S」

Teclast Tbook 10S」はWindows 10+ Android 5.1 を搭載した10.1型のデュアルOSタブレット。高精細なIPS液晶に64bit対応のAtom-X5-Z8350クアッドコアCPUと4GB RAMを搭載。

大容量6000mAhバッテリーや64GBのストレージも備え、付属の専用キーボードケースでノートPCのように使用できる。

ディスプレイはどうなってる?

ディスプレイは10.1インチ、解像度1280 x 1920のIPS液晶を搭載。鮮やかな発色のIPS液晶で、どの角度からも見やすくなっている。

プロセッサやメモリ、グラフィックはどうなってる?

プロセッサは64bit対応のIntel Cherry Trail Atom-X5-Z8350 Quad-Core 1.44 GHz 、RAMは4GBを搭載。

グラフィック(GPU)はIntel HD Graphic(Gen8)を採用し、動画やゲームを滑らかに再生する。

バッテリーやストレージ容量はどれくらい?

バッテリー容量は6000mAh。駆動時間は6時間となっている。

ストレージ容量は64GB。MicroSDカードで最大128GBまで増設できる。

カメラはどうなってる?

カメラは前面200万画素。720pの解像度で、Skypeやチャットなどで活用できる。

通信はどうなってる?

通信はWiFi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.0をサポート。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースはMicro USB、Mini HDMI、 Micro SDカードスロット、3.5mmステレオジャック。デュアルスピーカーも内蔵する。搭載センサーは Accelerometer(加速度)。

ボディはどうなってる?

ボディはアルミ合金製。厚さ8mm、重量574gと非常に薄型軽量で、高級感のある仕上がりになっている。

キーボードはどうなってる?

キーボードはマグネットで接続可能。閉じたときは、本体を保護するケースとして活用できる。

また、QWERTYレイアウトを採用し、17ミリメートルのキーで快適に入力が可能。5 x 8センチメートルのタッチパッドも備え、マウス代わりに活用できる。

サウンドはどうなってる?

音響面ではデュアルスピーカーを搭載。低音を忠実に再現する迫力サウンドが楽しめる。

そのほか、4K動画の再生に対応。Wi-Fiを経由してワイヤレスで外部ディスプレイに画面を映し出すこともできる。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは246.5 x 165.9 x 8.0 mmで、重量は574g。カラーはシャンパンゴールド。

Amazonで「Teclast Tbook 10S」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast Tbook 10S」をチェックする

GearBestで「Teclast Tbook 10S」をチェックする

「Teclast Tbook 10S」のスペック

Teclast Tbook 10S

  • ディスプレイは10.1インチ解像度1280 x 1920のIPS液晶
  • ※10点タッチ / 約224ppi / 最大輝度 308cd /m² / 照度 82% / コントラスト比 962:1
  • プロセッサはIntel Cherry Trail Atom-X5-Z8350 Quad-Core 1.44 GHz
  • ※GPU: Intel HD Graphic(Gen8) 500 MHz
  • RAMは4GB
  • ストレージ容量は64GB eMMC
  • バッテリーは6000mAh
  • ※バッテリー駆動時間は6時間
  • ※Charger: 9V/2A
  • ※AC adapter: 100-240V
  • カメラは前面200万画素
  • OSはWindows 10 Home + Android 5.1 Lollipop
  • ※付属品: マイクロUSBケーブル、1x OTGケーブル、1x DCケーブル、1x USBプラグ、1x ユーザーマニュアル
  • ※専用キーボード付属
  • ※OTG対応

Amazonで「Teclast Tbook 10S」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast Tbook 10S」をチェックする

GearBestで「Teclast Tbook 10S」をチェックする

「Teclast Tbook 10S」のレビュー・口コミ・評価

Amazon.co.jpのレビューから分かること

レビューを見る限り、Android側は問題なく動作するようだ。Google Playストアから自由にアプリをダウンロードできるので、AmazonのFireタブレットよりは活用度が広いといえるだろう。だが、Windows側はアップデートでトラブルが多いよう。アップデートに失敗するという報告がいくつかあった。この原因はウイルス対策ソフトなどセキュリティ関連のアプリを事前に削除しないことにあるようだ。いずれにせよ、Windows10のアップデートには今後もトラブルが予想される。デュアルOSなので無理にアップデートさせない方がいいだろう。

ボディは高級感があって質感もいい。キーボードはやや重いのでタブレット単体で持ち歩くのがベストだろう。キーボードは自宅か会社に置きっぱなしにして使用した方がよい。

<Android・日本語設定について>

まずはAndroid側で起動して普通に使えることを確認。数日後にwindows10側を起動し初期設定を始めた所、
既に「日本語」の選択肢があり・・・サクサクと設定終了。ネットで検索すると出てくる「日本語ロケールの追加」作業無しで行けました。

<重さについて>

タブレットのみの重さでは、600g程度です。キーボードセットと悩みましたが、キーボードをセットにすると1.2kgと軽いノートPCほどの重さになるのでタブレットのみで使用しています。

<スペック・外観について>

とにかく、スペックは申し分ないですね。ゴールドに輝く筐体の質感も高く、所有欲が満たされる一品かと思います。

<外観・手触り・価格・重さについて>

外観は金属ケースで高級感があり、手触り感も悪くないです。価格からすれば、格安です。難点は、コンパクトなのに、重たすぎることです。鞄に入れて持ち歩くには、少し重たすぎます。メインは、Windows10を使っていますが、機能を限定で使う上であれば、スピードは問題ない早さです。

<バージョンアップについて>

【windows 10】バージョン1709(Fall Creators Update)へのアップデートは5時間くらいでした。いろんなレビューを見て,3日くらい放置しなければいけないのでは,と思っていましたので,あっけなく完了した,という印象です。更新プログラムによってはウィルス対策ソフトを解除しないとアップデートに失敗します。

<Google Play・アプリについて>

GooglePlayで「このアプリはお使いの端末用に最適化されません」と表示されることがかなりありますが,大抵のアプリは普通に使えています。

<OS・起動について>

WindowsとAndroidのデュアルタブレットです。ちなみに並行起動の即時切り替えではなく、起動時に選択するタイプになります。winタブレットの中では性能は普通かやや低め。ストレージが少ないので記憶域としてSDカードなどを刺しておくのをオススメします。金属の一枚板のようなシンプルな見た目ですのでかなり綺麗です。

<関連記事  タブレット>

Teclastタブレットをまとめて紹介!

Teclast タブレットがハイスペック化で人気爆発?! 全機種チェック 

<コスパのいいタブレット>

安くなきゃヤダ! 1万円前後で買えるお得な激安Androidタブレット まとめ

こんなに安くていいの?! EXPANSYSで買えるお得なタブレット まとめ

<SIMフリーで使えるタブレット>

外でも快適! SIMフリーで使えるAndroidタブレット まとめ 

型落ち&激安で買えるSIMフリータブレット まとめ 

<ハイスペックなタブレット>

一度は手に入れてみたい 超ハイスペックな高級Androidタブレット まとめ