「ZenFone AR」VRに特化したハイスペックスマホ


AmazonでASUS製でVR機能に特化したハイスペックスマホ「ZenFone AR」(型番: ZS571KL)が販売されている。世界で初めてGoogleのAR技術「Tango」のAR(拡張現実)技術「Daydream」の両方に対応。超リアルな仮想のペットや恐竜と遊ぶことができる。

また、部屋のスケールを測定し、仮想の家具を配置し、部屋にマッチするかどうか確認することも可能。重たい家具を動かさずに指一本で簡単にシミュレーションできる。

「ZenFone AR」の価格は?

Amazonでの「ZenFone AR」(ZS571KL)の価格は現在 88,530円。迫力満点のVR体験を存分に楽しみたいと考えている人におすすめだ。

公式製品紹介ページはこちら

ASUSスマホのまとめ記事こちら

AI&AR搭載スマホのまとめ記事こちら

Tango&Daydream対応ハイスペックなスマホASUS「ZenFone AR」

ZenFone AR」(ZS571KL)はAndroid 7.0を搭載した5.7型のスマートフォン。グーグルの次世代AR技術「Tango」と、VR技術「Daydream」の両方をサポートし、これまでにない臨場感あふれるVR体験を手軽に楽しめる。

ディスプレイはどうなってる?

ディスプレイは5.7インチ、解像度1440 x 2560のSuper AMOLED液晶を搭載。色鮮やかな2K解像度(WQHD)で、抜群の滑らかさを誇るグラフィックスを再現。動きを正確に追跡する高性能センサーも搭載し、実際にその場にいるようなリアルな臨場感でバーチャルな世界に没頭できる。

プロセッサやメモリ、グラフィックはどうなってる?

プロセッサはQualcomm MSM8996 Snapdragon 821 クアッドコア 2.35GHz 、RAM(メモリ)は6/8GBを搭載。Qualcomm Technologiesの技術者やGoogleと緊密に連携して、コンピュータビジョンの作業負荷と、Tangoで使用される多方向ポジショニングである6DOF(6自由度)を効率的に分散。

デスクトップと同じ圧倒的なグラフィック性能を発揮するQualcomm Adreno 530 GPU搭載で、負荷の高いTangoとDaydreamにもサクサクと動作する。

バッテリーやストレージ容量はどれくらい?

バッテリー容量は3300mAh。急速充電にも対応し、短時間で充電を完了できる。

ストレージ容量は64GB/128GB。micro SDカードで最大256GBまで増設できる。

カメラはどうなってる?

カメラは背面2300万画素、前面800万画素。

背面カメラは2,300万画素背面カメラ、深度カメラ、モーショントラッキングカメラの3つのカメラを搭載。まるで人間の目で見ているかのように、周囲の環境を認識し、3Dモデルを作成したり、動きを追跡したりできる。

また、F値2.0の大口径レンズを搭載。約0.03秒で被写体をとらえる超高速TriTechオートフォーカス、光学式と電子式の両方の手ぶれ補正機能、3倍光学ズームのほか、タッチフォーカス、顔認識、HDR撮影、パノラマ撮影などの機能が利用できる。

4K動画撮影(2160p@24fps)にも対応。前面カメラにはf/2.0の明るいレンズを搭載し、暗い場所でも美しいセルフィー写真が撮影できる。

通信はどうなってる?

通信は4G、3G、2G(※GSMで海外のみ使用可)に対応。

対応ネットワークは4G FDD-LTE(Band1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/28) TD-LTE(Band38/40/41)、3G W-CDMA(Band1/2/5/6/8)2G GSM(850/900/1800/1900MHz)。

SIMスロットはデュアルSIM仕様で、SIMカードサイズNano-SIMを採用。

WiFi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2、GPS(A-GPS/GLONASS)もサポートする。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースはUSB Type-C、micro SDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック。搭載センサーはGPS(GLONASS、Beidou、Galileoサポート)、加速度センサ、電子コンパス、光センサ、磁気センサ、近接センサ、ジャイロスコープ、指紋センサー、RGBセンサ、気圧計、NFC。

ボディはどうなってる?

ボディには伝統工芸の技を駆使した美しいミニマルデザインを採用。高級感溢れる背面のレザーと、精巧なメタルフレームが完璧に調和し、手にしっくりとなじむようになっている。

どんな機能があるの?

機能面ではGoogleのAR技術「Tango」技術により、現実とバーチャルが違和感なく融合された全く新しいAR(拡張現実)を、手軽に体験することが可能。Tangoのモーショントラッキング、深度認識、空間記憶機能により、床、壁、物体までの距離を検出し、現実空間の視覚的特徴を3D空間で記憶できる。

また、グーグルが提供する新しいVRプラットフォーム「Daydream」に対応。Androidの対応スマートフォンと専用のゴーグル「Daydream View」により没入感の高いVR体験が楽しめる。

サウンドはどうなってる?

音響面ではZenFone ARのSonicMaster 3.0テクノロジーとNXP Smart AMPを搭載した新しい5マグネットスピーカーを採用し、臨場感溢れる迫力のサウンドを楽しむことが可能。

DTS Headphone:Xでオーディオエフェクトを適用すれば、7.1chのバーチャルサラウンドサウンドを楽しめる。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは約158.7 x 77.7 x 9 mmで、重量は170 g 。カラーはブラックのみをラインナップする。

「ZenFone AR」(ZS571KL)のスペック

  • ディスプレイは5.7インチ、解像度1440 x 2560のSuper AMOLED液晶
  • ※Corning Gorilla Glass 4 / フルラミネーションディスプレイ
  • プロセッサはQualcomm MSM8996 Snapdragon 821 クアッドコア 2.35GHz
  • ※GPU: Adreno 530
  • RAMは6/8GB  LPDDR4
  • ストレージ容量は64GB/128GB (UFS 2.0)
  • ※micro SDカードで最大256GBまで増設可能
  • バッテリー容量は3300mAh
  • カメラは背面2300万画素、前面800万画素
  • OSはAndroid 7.0+ASUS ZenUI 3.0

Amazonで「ZenFone AR」(ZS571KL)をチェックする

楽天で「ZenFone AR 中古」をチェックする

楽天で「【中古】ASUS ZenFone AR (ZS571KL-BK64S6)」をチェックする

ヤフーショッピングで「ZenFone AR」(ZS571KL)をチェックする

ZenFone AR (ZS571KL)のレビュー

<基本性能・カメラの画質について>

スマートフォンとしての基本性能が非常に高いです。カメラ画質も十分満足いくレベルです。

<動作について>

世界最大のメモリを搭載しつつ、現時点では最強クラスのSnapdragon821を搭載しているということもあり、スマホの動きは滑らかそのもの。動作の引っかかり等は皆無です。

<3Dスキャン機能について>

数十万円もする3Dスキャナとは比べられるレベルではありませんが、スマホで手軽に3Dスキャンができるというのは将来の色々な使い方の可能性を感じます。
メカ設計をする知人に見せたところ、手軽に長さや高さがセンチ単位の精度で測れる「measure」というソフトが気に入ったようで、来月あたりに購入するそうです。

<関連記事 スマホ>

ASUSスマホをまとめて紹介!

格安スマホは意外と高い?! 激安でASUS ZenFoneシリーズを手に入れる方法

AI&AR搭載スマホをまとめて紹介!

AI&AR機能で劇的に進化した新世代スマホ 全機種を比較

ハイスペックなスマホをまとめて紹介!

選ばれし者だけが使う究極のハイスペックスマホ まとめ

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

コスパの高いスマホをまとめて紹介!

一万円以下で買えちゃう?! SIMフリーで使える通話専用ガラケー/スマホ まとめ

1万5千円前後で買える性能の高いスマホ まとめ

ハイスペックに進化中?! 2万円台で買える ちょっとリッチなAndroidスマホ まとめ