Surface 3キラー続々と登場! 2in1が今熱い「Lenovo MIIX 3」「Acer Aspire Switch 10E」

Lenovo MIIX 3  1

マイクロソフトから「Surface3」が発売された。

日本でも6月19日に4G LTEモデルが発売されることが決定し、注目が集まっている。

一方、マイクロソフトに対抗する形で、レノボは2in1「Lenovo MIIX 3」を発表。

Acerからは2in1「Aspire Switch 10E」が発表されるなど新モデルが続々と登場中だ。

マイクロソフトの「Suface3」は爆発的にヒットすることが予想される。

他のメーカーはマイクロソフトに追いつくことが本当にできるのだろうか?

最新機種をチェックしてその真偽を確かめてみよう。

10.1インチの2in1 PC「Lenovo MIIX 3」

Lenovo MIIX 3  2

レノボMIIX 3」は着脱式の2in1 PC。

使い方は、タブレットとキーボードを使った「ラップトップ(ノートブックPC)」モード、付属のキーボードをスタンドとして使う「スタンド」モード、タブレット単体で使用する「タブレット」モードの3つを利用できる。

付属のキーボードドックは、快適なキー・タッチを実現する「AccuType」キーボードを採用。

キーとの間に間隔のあるため、複数のキーを同時に押してしまうことがない。

また、YOGA TabletのキーボードのようにBluetooth接続ではなく、接点式を採用。

充電要らずでキーボードを使用することができる。

なお、キーボードドックにはUSB 2.0×2も備えられている。

そのほかインターフェースはタブレット側にマイクロUSB2.0、マイクロHDMI、マイクロSDカードスロットが搭載されている。

マイクロHDMI経由で外部ディスプレイも利用可能だ。

気になるサイズはタブレット時で256.8(幅)×9.3(高さ)×172.1(奥行)mm。

重量は約0.549kg。

キーボードドック接続時は261.1(幅)×9~19(高さ)×189.5(奥行)mm。

重量は約1.049kgとなる。

Microsoft Office Home & Business 2013もプリインストールされている。

参考:
news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0030/id=47980/

weekly.ascii.jp/elem/000/000/338/338504/

pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150522_703038.html


「Lenovo MIIX 3」のスペック

Lenovo MIIX 3  3

レノボMIIX 3」のディスプレイは10.1型WUXGA液晶(1920×1200ドット・5点マルチタッチ対応)を搭載。

プロセッサはAtom Z3735F(4コア/4スレッド、1.33GHz、最大1.83GHz)。

RAMは2GB DDR3L。

ストレージは64GB eMMC。

バッテリー駆動時間は約7.7時間(JEITA2.0)。

カメラは前面200万画素。

OSは32bit版「Windows 8.1 Update」。

通信機能はIEEE802.11b/g/n無線LANとBluetooth4.0に対応。

「Microsoft Office Home & Business 2013」が付属する。

インターフェースはタブレット側にマイクロUSB2.0、マイクロHDMI、マイクロSDカードスロット。
(※キーボードドック側には左右にひとつずつフルサイズのUSB2.0を搭載。)

10.1インチの2in1「Acer Aspire Switch 10E」

Aspire Switch 10E  1

Acer「Aspire Switch 10E」は着脱型キーボードを備えた10.1型タブレットPC。

本体を着脱して、ノートモード、タブレットモード、ディスプレイモード、テントモードの4つで利用できる。

着脱部のマグネット式ヒンジは従来モデルより改良されており、スムーズにドッキングが可能なガイド機能を備えている。

プロセッサにはAtom Z3735F(最大1.83GHz、ビデオ機能内蔵)、OSにはWindows 8.1 with Bing(32bit)を採用。

インターフェイスは、microSDカードリーダ、Micro USB 2.0、Micro HDMI出力、音声入出力などを搭載する。

気になるサイズは約262×180×10.95mm(幅×奥行き×高さ)。

重量は約630g。

キーボードドック装着時は、厚さが約22.85mm、重量は約1,200gとなる。
(※上位モデルの500GB HDD内蔵モデルは約25.75mm、約1,280g。)

なお、この機種は夏に提供予定のWindows 10に無料でアップグレードできる。

参考:
tabkul.com/?p=91766

www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1505/20/news093.html

Acer「Aspire Switch 10E」のスペック

Aspire Switch 10E  3

ディスプレイは10.1型(解像度1280x800、アス比16:10)IPS液晶を搭載。

プロセッサはIntel Atom Z3735Fプロセッサ 1.33GHz~1.83GHzクアッドコア

RAMは2GB。

ストレージは64GB eMMC(MicroSDで増設可能)
(上位モデルSW3-013-N12D/WFはキーボードドック側に500GバイトHDDも搭載)

バッテリーは8,060mAh。駆動時間は約12時間。

カメラは前面200万画素、背面200万画素。

OSはWindows 8.1 with Bing 32ビット版。

通信はIEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0。

※上位モデルSW3-013-N12D/WFはMicrosoft Office Home & Business 2013が付属。

インターフェイスは、microSDカードリーダ、Micro USB 2.0、Micro HDMI出力、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0、200万画素前面/背面カメラ、音声入出力など。

上位機種にせまる完成度 マイクロソフト「Surface 3」

surface3-4-300x169

Surface 3」はSurface Pro 3の廉価版であり、かつ前モデルの「Surface2」の後継機となるマイクロソフトのWindowsタブレットだ。

今回は前モデルの「Surface2」の反省を生かし、OSにRTではなく、Windows 8.1を搭載している。

この変更によって、「Surface2」では使えなかった豊富なWindowsのアプリケーションが自由に使えるようになる。

例えば、ジャストシステムの「一太郎」やAdobeの「Photoshop Elements」をインストールして使うことが可能になる。

 icon-chevron-circle-right 続きを読む

2in1スタイルで使えるASUSの最新タブレット「ZenPad 10」

asus zenpad10

ASUSの「ZenPad 10」は専用キーボードでノート PC にもなる 10.1 インチ Android タブレット。

Wi-Fiモデル(Z300C)、3Gモデル(Z300CG)LTEモデル(Z300CL)の3モデルが用意されている。

ASUS 流 の「禅」哲学に沿ったデザインのボディを採用し、本体の厚みは 7.9mm、前面のディスプレイ占有率は 72% とスリムな設計になっている。

2in1スタイルで使えるキーボードドックは新たに SonicMaster 対応の Bluetooth ステレオスピーカーを搭載。

フロントのステレオスピーカーは DTS HD Premium サウンドにも対応している。

 icon-chevron-circle-right 続きを読む

こちらもおすすめ!

最強コスパはどのモデル? 低価格でもキッチリ使えるWindows 2in1 タブレットPC まとめ

Si03BF-021-300x231

真のライバルはどれだ? マイクロソフトが恐れる Surface 対抗 2in1 PC まとめ

XPS-12-01-300x226

Surfaceみたいに使える?! ハイスペックなWindows タブレットPC「Cube iWork 10 Flagship」

Cube-iWork-10-Flagship-03-300x183

 icon-chevron-circle-right 最新のPC製品をチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新の2in1 PCをチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新のタブレットをチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新のWindows製品をチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新のAndroid製品をチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新のレノボ製品をチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新のエイサー製品をチェックする


コメントを残す