もうハイスペックなだけじゃない 使いやすく進化を遂げた最新デュアルOSタブレット まとめ

Windows10とAndroid6.0を搭載したハイスペックで使いやすいデュアルOSタブレットが続々と登場している。

かつてのデュアルOSタブレットは使い勝手がイマイチという印象がぬぐえなかったが、最新のデュアルOSタブレットは改善を重ねることで大幅に進化。

チープだった外観はメタル素材を用いた高級感あるボディに変わり、データのやり取りや充電に使えるUSB Type-Cを備えるなどインターフェースも充実している。

また、タッチパッドを備えた専用キーボード付きのモデルも急増。

デスクトップ環境でもAndroidが使いやすいようにRemix OSを採用するモデルも増えつつある。

価格は軽量な8インチサイズで1万五千円前後で、2in1スタイルで使える10〜11インチで3万円前後から。

プライベートにも仕事にも使える使いやすいタブレットを探している人におすすめだ。

 

この続きはこちらから読めます。

2in1スタイルで使える最新デュアルOSタブレット

8インチサイズの最新デュアルOSタブレット

Remix OS (デスクトップ用Android)を搭載した最新タブレット

Android6.0を搭載した2in1 タブレットPC

 

<関連記事>

個性的なモデルが続々と登場中! 最新デュアルOS&Win10タブレット まとめ

売り切れ注意! 入荷したばかりのデュアルOS / Win10タブレットをまるごとチェック

低価格でもハイスペック! 最新Windowsタブレット「ONDA V919 Air CH」「ONDA V820w CH」