「Galaxy Visitor6」ヤバそうだけど面白そうな空撮ドローン


空撮可能なドローンが人気になっている。Amazonで現在売れているのはカメラ付きで空撮対応機、それも値段が一万円前後のドローンだ。

たしかに安くて手軽に楽しむにはちょうどいいかもしれない。しかし、よく見ると、FPVがついていないため、コントローラーを操作しながら空撮の様子がわからない。存分にドローンを楽しむためにはFPVが付いていることが必須だ。

Amazonで探してみると、FPVがついているモデルは数十万円以上するものが多い。FPVがついていても一万円以下の製品もあるのだが、性能はかなり怪しげだ。そこでFPVがついていて、しかも3万円以下。おもけに高い性能があって安心できるブランドを探してみた。

なんとか見つけたのは、ハイテックマルチプレックスジャパンから発売されているGalaxyシリーズ。品質も高く、安心して使えるお手軽ドローンとしては最適だ。今回はその中から中級者向けの機種「Galaxy Visitor6」と入門用として最適な「GALAXY VISITOR 3」、「GALAXY VISITOR2」を紹介しよう。

中級者向け FPV空撮対応ドローン「Galaxy Visitor6」

Galaxy Visitor6 2

Galaxy Visitor6」は売3万円を切る値段で、憧れのFPV空撮ができる高性能ドローン。プロポ(送信機)は2.4GHzの4CH方式を採用。スマホを上部のアダプターにセットすれば、機体からの送られた映像をスマホのディスプレイで確認できる。

専用のアプリ『NineEagles』はAndorid/iOSに対応。ダウンロードは無料だ。FPVを使っての空撮は非常に快適。130万画素カメラは広角レンズを採用しているため、かなり視界が広い。

楽天で「Galaxy Visitor6」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy Visitor6」をチェックする

入門機として十分なスペック FPV空撮対応ドローン「GALAXY VISITOR 3」

Galaxy Visitor3 2

GALAXY VISITOR 3」は「Galaxy Visitor6」の前モデル。先代モデルの「GALAXY VISITOR 2」から機体サイズを1.5倍に大型化。電池も大容量化され、飛行時間はは約10分となった。

バッテリーにはトイラジとは一線を画す大容量1200mAhのリチウムポリマー電池を搭載。9軸ジャイロ(3軸傾き/3軸水平移動加速度/3軸地磁気センサー)に加えて気圧センサーを搭載。スロットルを細かく調整しても一定の高度を保ってくれるほか、初心者向けに上昇高度制限機能も利用できる。

搭載するカメラは100万画素HD動画が撮影可能。静止画撮影や動画撮影のオン・オフを手元のプロポ側から操作することもできる。

楽天で「GALAXY VISITOR 3」をチェックする

初めてのドローンに最適 FPV空撮対応ドローン「GALAXY VISITOR2」

Galaxy Visitor2 1

GALAXY VISITOR2」は「GALAXY VISITOR 3」の前モデル。少し古いが入門用としてはかなり使えるドローンだ。

最先端の3軸ジャイロ、3軸Gセンサー、3軸地磁気センサーの搭載により、ライトユーザーでも安定した飛行が可能。誤った操作をしても、カムバック機能を利用して機体を簡単に手元に戻すことができる。

進行方向が機体の前方にロックされるヘッドロック機能を搭載し、フライト操作は簡単。100万画素のマイクロカメラを搭載し、空撮も楽々。写真と動画を専用送信機で簡単に撮影することができる。

暗い場所でも飛ばせるLEDライトや高速回転するブレードから人や物を守る専用ローターガード付属する。

楽天で「GALAXY VISITOR2」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy Visitor 2」をチェックする

<関連記事  ドローン>

小さくても大満足! ちびちびサイズのミニドローン まとめ

激安でも楽しさ十分! スマホと連携できるミニドローン まとめ

<その他のドローン製品>

これなら安心満足! 手のひらサイズの超小型飛行ドローン「PXY NANO」 

アンダー一万円で買えるお手軽ドローン特集「Q4i HD200」「Nine Eagles Q4α」「SYMA X5C」

もう誰にも止められない?! ビュンビュン飛びまくりの空撮ドローン Hubsan X4 PRO/HD

GWはこいつで遊んじゃおう! フルHD&空撮OKの最新ドローンParrot Bebop Drone