意外にやるヤツがここにいる! ZTE「Nubia Z9」


「ZTE」と言えば、日本では格安スマホ「Blade vec 4G」が有名だ。品質もよく、低価格で入手できることで、日本でも人気が出ている。しかし、海外では「ZTE」は世界屈指のハイスペックな端末を販売するメーカーとしても知られている。

今年に入り、ZTEは最新機種「Nubia Z9 Max」と「Nubia Z9 mini」の 2 機種を発表。そして今月に入り、フラグシップ端末「Nubia Z9」をとうとう発表した。最新フラグシップだけあって、「Nubia Z9」はスペックが高く、使い勝手も格段に向上している。格安スマホのイメージを持ったままこのフラグシップ端末を見た人はあまりのイメージの違いに驚いてしまうに違いない。

今回はその最新フラグシップ端末「Nubia Z9」と「Nubia Z5」、そしてアルミ素材の美しいボディが人気の「ZTE Blade S6」を紹介しよう。

オクタコアプロセッサ&CGシリコン液晶を搭載したZTE「Nubia Z9」

ZTEの「Nubia Z9」は発表されたばかりの同社の最新フラグシップ端末。気になるのは「CGシリコン液晶」というあまり聞き慣れないディスプレイを搭載している点だ。

調べてみると、「CGシリコン液晶」とは「CG液晶」に改良を加えた、液晶ディスプレイの一種。液晶パネルの透過率を上げて、より少ない光量で同程度の明るさにすることでバックライトの消費電力を大幅に抑えることが可能だという。

また、「CGシリコン液晶」は液晶基板上にメモリー回路を置くことで、ディスプレイドライバなどの周辺機器を簡素化でき、「額縁」と呼ばれる、ディスプレイ横の部分を狭くすることができるという。たしかにNubia Z9のディスプレイ は、「ベゼルレス」仕様になっている。

カバーガラスの両サイドを折り曲げた 2.5D ディスプレイの採用と両サイドにまで表示領域とタッチ領域を拡大している独自の設計で、液晶画面がとても見やすく改善されているのだ。解像度 は1,920 x 1,080。バッテリーは2,900mAhだが、「CGシリコン液晶」を採用することで、美しい映像を長時間観続けてもバッテリー消費を抑える。

カメラは背面に光学手ブレ補正や4K動画撮影に対応した1,600 万画素カメラを搭載。前面にはセルフィーにも強い800万画素カメラを搭載している。

そのほか、USB-OTG や MHL 3.0 、テレビへの 4K 出力に対応。3 モデル用意された中の最上位機種 Respect Enjoy edition(4G RAM + 64GB ROM + 指紋リーダー)には指紋リーダーが搭載されている。

ZTE「Nubia Z9」のスペック

  • ディスプレイは5.2 インチ、解像度 1,920 x 1,080のCGシリコン液晶を搭載。
  • プロセッサはSnapderagon 810オクタコア 2.0GHz。
  • RAMは3GB / 4GB LPDDR4。
  • ストレージは32GB / 64GB。
  • バッテリーは2,900mAh。
  • カメラは背面 1,600 万画素(光学手ブレ補正対応 Exmor RS IMX234、F2.0 レンズ、4K 撮影対応)、前面に800 万画素(Exmor R IMX179、F2.0 レンズ)。
  • OSはAndroid 5.0.2 (Lollipop)。
  • 通信は、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.1、GSM / WCDMA / TD-SCDMA / FDD-LTE / TD-LTE に対応。
  • サイズは 147.4mm x 68.3 x 8.9mm。
  • 重量は 192g。

音楽とカメラ撮影が存分に楽しめるAndroidスマホ「Nubia Z9 max」

Nubia Z9 max」はAndroid 5.0を搭載した5.5型のスマートフォン。ソニー製のセンサーを採用した1300万画素カメラを搭載するほか、Hi-Fiオーディオやノイズキャンセリングに対応し、高音質で音楽が楽しめる。

ディスプレイはどうなってる?

ディスプレイは5.5インチ、解像度1080 x 1920のIPS液晶を搭載。液晶はシャープ製で、表面はGorilla Glass 3で保護されている。

プロセッサやメモリ、グラフィックはどうなってる?

プロセッサは64bit対応のQualcomm MSM8994 Snapdragon 810 オクタコア、RAM(メモリ)は3GBを搭載。グラフィック(GPU)にはAdreno 430を搭載し、重いゲームや動画を滑らかに再生できる。

バッテリーやストレージ容量はどれくらい?

バッテリー容量は2900 mAh。連続待受時間は666時間(3G)、連続通話時間は40時間(3G)となっている。ストレージ容量は16GB。microSDカードで最大256 GBまで増設できる。

カメラはどうなってる?

カメラは背面1600万画素、前面800万画素。

ソニー製センサー「IMX234 Exmor RS」とf2.0の明るいレンズを搭載。オートフォーカス、LEDフラッシュ、タッチフォーカス、顔認識、HDR撮影、ジオタグ、パノラマ撮影などの機能が利用できる。また、2160p@30fpsでの動画撮影にも対応。前面カメラではSony製IMX179 Exmor Rセンサーとf2.4のレンズの組み合わせで美しいセルフィー写真が楽しめる。

通信はどうなってる?

通信は4G LET、3G、2Gに対応。

対応ネットワークは4G FDD-LTE B1/B3/B7 TD-LTE B38/B39/B40/B41、3G WCDMA 850 / 900 / 1900 /2100 TD-SCDMA B34/B39、2G GSM 850 / 900 / 1800 / 1900 CDMA 1×&EVDO800。SIMスロットはデュアル仕様で、SIMカードサイズNano SIMを採用。Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(Wi-Fi デュアルバンド対応)、Bluetooth 4.1、GPS(A-GPS, / GLONASS)、DLNA、Wi-Fi Directもサポートする。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースはmicro USB、micro SDカードスロット、3.5mmステレオジャックなど。

ボディはどうなってる?

そのほか、ボディには削り出しのアルミフレームを採用。バックパネルは交換可能で、交換用のカバーが別売で販売されている。

サウンドはどうなってる?

音響面ではFluence V5ノイズキャンセリングとHi-Fiオーディオに対応。高音質なサウンドで音楽が楽しめる。

ボディはどうなってる?

サイズは154.8 x 76.6 x 7.9 mmで、重量は165 g。

カラーはブラックとホワイトの2種類をラインナップする。

Amazonで「Nubia Z9 max」をチェックする

「Nubia Z9 max」のスペック

Nubia Z9 max

  • ディスプレイは5.5インチ、解像度1080 x 1920のIPS液晶
  • ※シャープ製 / Gorilla Glass 3
  • プロセッサはQualcomm MSM8994 Snapdragon 810 Octa-core
  • ※GPU Adreno 430
  • RAMは3GB
  • ストレージは16GB(microSDカードで最大256 GBまで増設可能)
  • バッテリーは2900 mAh
  • カメラは背面1600万画素、前面800万画素
  • OSはAndroid 5.0.2  Lollipopベースのnubia UI V2.8

Amazonで「Nubia Z9 max」をチェックする

<関連記事  スマホ>

<コスパのいいスマホ>

一万円以下で買えちゃう?! SIMフリーで使える通話専用ガラケー/スマホ まとめ

1万5千円前後で買える性能の高いスマホ まとめ

ハイスペックに進化中?! 2万円台で買える ちょっとリッチなAndroidスマホ まとめ

激安過ぎておつりがくる EXPANSYSで買えるお得なSIMフリースマホ まとめ

<ハイスペックなスマホ>

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

選ばれし者だけが使う究極のハイスペックスマホ まとめ