Xiaomi 「yi Camera」病みつきになるほど面白いアクションカメラ 

Xiaomi 「yi Camera」 1
待ちに待ったゴールデンウイーク!せっかくまとまった休みがとれたのだから、海や山へ出かけたいと思う人も多いだろう。そこでおすすめしたいのが、アクションカメラを持っていくこと。デジカメよりも頑丈設計で、簡単にワイドに撮影することができる。

動画撮影機能も充実していて、多彩な撮影モードや豊富な周辺機器もある。今回はそんなアクションカメラの中から、入門用アクションカメラ Xiaomi 「yi Camera」を紹介する。

ソニーセンサー搭載のアクションカメラ Xiaomi 「yi Camera」

Xiaomi 「yi Camera」 2

Xiaomi「yi Camera」は、GoPro HERO に近いコンセプトで作られたXiaomi純正のアクションカメラ。低価格ながら、ソニー製の1600万画素Exmor R裏面照射型CMOSセンサを採用し、10種類の撮影モードを搭載。

155度 広角レンズを備えて、フルHD動画撮影に対応。最大解像度4608×3456と、入門用としては十分過ぎるほどのスペックを備えている。

Xiaomi 「yi Camera」 4

専用アプリはAndroid,iOSの両方に対応。通信はBluetooth と WiFi の両方にも対応し、広角レンズにオプションの防水ハウジングを用意している。GoPro HEROシリーズのように、1080p以上 (1440p、2.7K、4K)での撮影や豊富な撮影モードのバリエーションには対応しないが、初めてアクションカメラを使う人には最適だ。

Xiaomi 「yi Camera」のスペック

Xiaomi 「yi Camera」 3

  • センサーは、1600万画素のソニー製Exmor R BSI CMOS。
  • レンズは、155度 広角レンズ。
  • 動画はフルHD動画撮影に対応。
  • 最大解像度は4608×3456。
  • 撮影モード(1080p 60fps/48fps/30fps 960p 60fps/48fps 720p 120fps/60fps/48fps 480p 240fps)
  • 撮影フォーマット(ハイビジョンH.264エンコーディング、mp4形式)タイムラプス撮影(0.5s / 1s / 2s / 5s / 10s / 30s / 60s)、 連続撮影(7枚/秒)
  • microSDXC対応(最大64GB)
  • 内蔵無線LAN転送、Bluetooth4.0 リモートコントロール
  • Androidアプリ対応(Xiaomiからapkダウンロード可能)、iOSアプリ対応。
  • オプションの防水シェルアクセサリを利用すれば、水深40mまで撮影可能。
  • サイズは60.4×42×21.2mm。
  • 重量は72g。
  • ラインナップは、本体に自撮り棒が付属したトラベルエディションと本体のみのベーシックエディションの2種類。
  • カラーバリエーションはホワイト(ホワイトシティ)とグリーン(ジャングルグリーン)の2色。

Amazonで「yi Camera」をチェックする

楽天で「yi Camera」をチェックする

ヤフーショッピングで「yi Camera」をチェックする

<関連記事>

<アクションカメラ>

海や山に必ず持っていきたいアクションカメラ まとめ

<タフなコンパクトデジカメ>

アウトドアで使えるタフなデジカメ 最新モデル全機種チェック

<コンパクトデジカメ>

風景にもスナップにも強い高級コンパクトデジカメ まとめ

<360度カメラ/ 全天球カメラ>

360度カメラはスマホ直挿しが人気! 全機種チェック

360度カメラはSNSと相性バッチリ! おすすめ全機種を比較