モトローラ「Droid Turbo」実力はNexus6以上か?

Droid Turbo 3
Amazonでモトローラ「Droid Turbo」のサファイアブルーが発売された。5.2インチハイエンド向けスマホで、スペック的にはGoogleのNexus6を上回る。

今回米国Amazonで発売された「Droid Turbo」のサファイアブルーは Veriozn のネット通販やショップで手に入れることができなかった限定版。通常のナイロン素材よりも強度を 5 倍の高めたとされるバリスティックナイロン素材を使用しており、高級感も抜群だ。

現在、「Droid Turbo」は日本からは購入することができないが、米国Amazon経由で輸入販売する業者も出てくる可能性は大。人とは違うハイスペックなスマホが欲しいという人は注目だ。

米国Verizonの公式ページ

ハイスペックな高級スマホ モトローラ「Droid Turbo」

Droid-Turbo-Best-Buy

日本では未発売のモトローラ「Droid Turbo」。米国Amazonで発売が開始されたものの、日本からは購入することができない。そのため、この超ハイスペックなスマホは希少価値が非常に高くなっている。注目すべきは異常とも言えるほど高いスペックだ。

ディスプレイには5.2インチ、解像度2560×1440(565ppi)のAMOLED液晶を搭載。これは5.96インチ(2560x1400/493ppi)のNexus6を上回る。プロセッサにはSnapdragon 805 クアッドコア 2.7GHz、RAMには3GBを搭載し、Nexus6と同等の高速処理が可能だ。

カメラは暗所でも撮影できるf値2.0レンズを採用し、画素数は2100万画素。4倍デジタルズームやデュアルLEDフラッシュ、パノラマにHDR撮影が可能でNexus6(背面1300万画素)よりもカメラ性能が高い。

バッテリーは3900mAh。Nexus6(3220mAh)よりも長時間の使用に耐えられる。連続駆動時間は、最大48時間。「Motorola Turbo Charger」にも対応でして5分の短い充電で最大8時間使用することができる。カラーバリエーションはブラック、レッド、ブルー(限定カラー)など。液晶が5.2インチなので、Nexus6より小さめのスマホが欲しいという人にもおすすめだ。

「Droid Turbo」のスペック

  • ディスプレイは5.2インチ、解像度2560×1440(565ppi)のAMOLED液晶
  • プロセッサはQualcomm Snapdragon 805 クアッドコア 2.7GHz
  • RAMは3GB
  • ストレージは32GB/64GB
  • バッテリーは3900mAh
  • カメラは背面2100万画素(f/2.0)、前面200万画素
  • OSはAndroid 4.4.4 Kitkat
  • 撥水ナノコーティングを採用
  • Nexus6とのスペック比較はこちら

<関連記事>

<モトローラ / Motorola>

Motorolaスマホ 日本でシェアを拡大 全機種を比較

<コスパのいいスマホ>

一万円以下で買えちゃう?! SIMフリーで使える通話専用ガラケー/スマホ まとめ

1万5千円前後で買える性能の高いスマホ まとめ

2万円台で買えるリッチなスマホ 全機種を比較 

<ハイスペックなスマホ>

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

選ばれし者だけが使う究極のハイスペックスマホ まとめ