「Blackview BV6000」Android6.0のタフネススマホ


日本のAmazonでAndroid6.0搭載のハイスペックなタフネススマホ「Blackview BV6000」が販売されている。防塵・耐震・耐衝撃、IP67の 防水に対応した4.7型のタフネススマホで、過酷な環境下でも快適に使用できるようになっているという。

位置情報機能では、GPS、GLONASSの両方に対応し、高速測位を実現。本体には気圧計、コンパスも搭載し、NFCにも対応する。カメラは1300万画素で物理ボタンを2~4秒長押しすることで、簡単に水中で撮影できるようになっている。通信は4G LET、3Gに対応するSIMフリー仕様で、日本の格安SIMも使用できる。

「Blackview BV6000」の価格は?

Amazonでの「Blackview BV6000」の価格は22,721円。過酷な環境下でも使えるタフなスマートフォンを探している人におすすめだ。。

公式製品紹介ページはこちら

Android 6.0を搭載したハイスペックなタフネススマホ「Blackview BV6000」

Blackview BV6000」はAndroid 6.0を搭載した4.7型のタフネススマートフォン。防塵・耐震・耐衝撃、IP67の 防水をサポートするほか、NFCにも対応している。

ディスプレイはどうなってる?

ディスプレイは4.7インチ、解像度720×1280の液晶を搭載。液晶表面は傷などに強いコーニング社の強化ガラス「ゴリラガラス3」によって保護されている。

プロセッサやメモリはどうなってる?

プロセッサは MT6755 オクタコア(8コア) 2.0GHz、RAM(メモリ)は3GBを搭載。

ストレージやバッテリー容量はどうなってる?

ストレージは32GBでmicro SDカードで最大32GBまで増設できる。バッテリーは4500mAh。連続通話時間は約24時間、Webサーフィン利用時で約15時間連続して使用できる。

カメラはどうなってる?

カメラは背面1300万画素、前面500万画素(※ソフトウェア利用で同等の画質を実現)。F2.0の明るいレンズを採用し、前面は広角85°のワイドレンズを採用している。また、物理ボタンを2~4秒長押しすることで、簡単に水中で撮影できる。

通信はどうなってる?

通信は4G、LET、3G、2Gに対応。

対応ネットワークは4G: LTE 800 / 1800 / 2100 / 2600、3G: WCDMA 900 / 1900 / 2100、2G: GSM 850 / 900 / 1800 / 1900。

SIMスロットはデュアルSIM仕様で、SIMカードサイズMicro SIMを採用。Wi-Fi802.11 b/g/n、 Bluetooth4.1もサポートする。

どんな特徴があるの?

位置情報機能では、GPS、GLONASSの両方に対応。高速測位を実現したほか、位置情報を測位できないエリアを極力減らした状態で通信できる。そのほか、本体に気圧計、コンパスも搭載。ボディにはポリカーボネートとグラスファイバーを使用し、強度を高めている。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは152.3mm x 81mm x 16.6mmで、重量は247g。カラーはイエロー、ブラック、グリーンの3色をラインナップする。

「Blackview BV6000」のスペック

  • ディスプレイは4.7インチ、解像度720×1280(312ppi)の液晶
  • プロセッサは MT6755 Octa-core 2.0GHz
  • RAMは3GB
  • ストレージは32GB
  • バッテリーは4500mAh
  • カメラは背面1300万画素、前面500万画素
  • OSはAndroid 6.0

Amazonで「Blackview BV6000」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview BV6000」をチェックする

GearBestで「Blackview BV4000 Pro」をチェックする

<関連記事  一覧>

< タフネススマホをまとめて紹介!>

タフネススマホに新型が続々! 海外向けモデル 全機種を比較 

タフネススマホ最強は京セラTORQUEかGalaxy Activeか?

<コスパのいいスマホ>

一万円以下で買えちゃう?! SIMフリーで使える通話専用ガラケー/スマホ まとめ

1万5千円前後で買える性能の高いスマホ まとめ

2万円台で買えるリッチなスマホ 全機種を比較 

<ハイスペックなスマホ>

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

選ばれし者だけが使う究極のハイスペックスマホ まとめ