「VAIO Z Canvas」新生バイオが放つクリエイター向けPC

「VAIO Z Canvas」と「Cintiq Companion 2」 どっちがお買い得なの?

800x600_Companion

結論から言うと、ワコム「Cintiq Companion 2」の方が圧倒的にお買い得だと言える。

たしかにVAIO Z Canvasの方がAdobe RGBカバー率95%で液晶パネルが美しい。

また、手書きの際の視差が小さく、ダイレクトにイラストなどを描きこめる。

柔軟に角度を設定できるスタンドやタッチ機能のオン/オフボタンの搭載などもイラスト制作時に役立つだろう。

だが、今まで「Cintiq Companion」シリーズでワコムのペンを使ってきた人たちからすると、わざわざVAIOのデジタイザペンを使うメリットは少ない。

ワコムのペンは電磁誘導方式で筆圧レベルが最大2048段階。

ワコムならではの安定感があり、傾き検出なども含め、安心して狙った通りの線や絵を描くことができる。

一方、VAIO Z Canvasは、超低速でペンを動かすと線がゆがみやすいといったN-trig製デジタイザスタイラスのクセが生じる。

VAIO独自のチューニングで描き心地や精度はかなり改善されているものの、その差は明らかに大きい。

13.3インチのCintiq Companion 2が画面が大きくイラストなどを描きやすいというメリットもある。

その点を考えると、20~30万円ほどする「VAIO Z Canvas」を購入する人は少ないだろう。

目次

クリエイター向けタブレットPC「VAIO Z Canvas」

「VAIO Z Canvas」のライバル? ペンタブレットの定番 ワコム「Cintiq Companion 2」

「VAIO Z Canvas」と「Cintiq Companion 2」 どっちがお買い得なの?

<関連記事>

イラストもメモも超快適! 手書き入力に特化したAndroid&WindowsタブレットPC まとめ

ペンタブレットでイラスト制作が超快適! 人気モデルを比較 

Eink搭載のAndroidタブレットに新モデル続々 全機種を比較

手書きをフル活用できる電子文具ガジェット まとめ

モノクロ電子文具&Eink製品 全機種チェック