「Boox N96」欲しかったのはコレ! 9.7型E-inkタブレット

Androidを搭載した9.7型の電子書籍リーダー「Boox N96」

Boox N96」はモノクロE-ink液晶を備えた9.7型の電子書籍リーダー。Android 4.0.4を搭載して豊富なアプリが利用できるほか、付属の電磁誘導式スタイラスで手書き入力できる。

ディスプレイやプロセッサはどうなってる?

ディスプレイは9.7インチ、解像度1200×825のE-ink液晶を搭載。プロセッサは CortexA9 1GHz、RAMは1024MBを備える。

プロセッサやメモリはどうなってる?

ストレージは16GBで、micro SDHCカードで最大32GBまで増設可能。バッテリーは3000mAhで、最大4週間程度連続して使用できる。

対応ファイルはどうなってる?

対応フォーマットは、PDF、ePub、Text、doc、JPG、WAV、MP3など。

通信はどうなってる?

通信はWi-Fi 802.11 b/g、Bluetooth 4.0をサポート。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースは、Micro USB 2.0、micro SDHCカードスロット、3.5mmステレオジャックなど。

どんな機能があるの?

機能面では辞書やカレンダーが利用可能。また、専用スタイラスペンで入力するノート機能も備えている。

ただし、パームリダクション(タッチとスタイラスの感知を切り分ける機能)には対応していないので注意が必要。手で触れると、そのまま線として認識されてしまうので、イラスト制作などには向いていない。

Androidのアプリが利用できるので、簡単なメモ程度なら問題なく使用できる。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズ 259×178×9.5mm、重さ 470g。カラーはシルバーを用意する。

追記:5/10 2016

Boox N96」の口コミ情報(Amazonレビュー)

E Ink端末ゆえ、キビキビした動作は望めないので、割り切りが必要。
ペン入力は快適。
ONYX純正アプリのOnyxScribblerでの手書きは追従性が良い。
ONYX純正アプリのOnyx Neo ReaderならPDFファイルへの文字入れもしやすい。
純正以外のAndroidのPDF編集アプリでのアノテーション(特に文字)の追加は厳しい。
手書ノート端末としての実用性はあまり期待しすぎない方がいい。

Amazonで「BOOX N96」(JPモデル)をチェックする

ヤフーショッピングで「BOOX N96」をチェックする

「Boox N96」のスペック

BOOX N96

  • ディスプレイは9.7インチ、解像度1200×825のE-ink液晶
  • ※ 静電容量方式
  • プロセッサは CortexA9 1GHz
  • RAMは1024MB DDR2
  • ストレージは16GB(micro SDHCカードで最大32GBまで増設可能)
  • バッテリーは3000mAh
  • カメラはなし
  • OSはAndroid4.0.4 最大バッテリー駆動時間は4週間
  • ※スタイラスペンは電磁誘導式

Amazonで「BOOX N96」(JPモデル)をチェックする

ヤフーショッピングで「BOOX N96」をチェックする

13.3インチの初代モデル「Boox Max」も発売中!

Amazon.comで$599.99  日本への発送も可

楽天で「BOOX MAX」をチェックする

Amazon.comで「Boox Max」(米国から直輸入)をチェックする

目次

Androidを搭載した9.7型の電子書籍リーダー「Boox N96」

人気のAndroid搭載 電子書籍リーダーをまとめて紹介!

人気の電子書籍リーダーAmazon Kindle最新モデルもチェック!​

Kindleのライバル  楽天Koboをまとめてチェック!

<関連記事>

Eink搭載のAndroidタブレットに新モデル続々 全機種を比較