世界No.1を目指すXiaomiの野望 「Mi Note」「Mi Band」

Mi Note 1

中国のAppleと言われるXiaomiが米国でオンラインストア「Mi」を立ち上げた。

当初は「Mi」「Mi Note」「Redmi」シリーズのスマートフォンや「Mi Pad」タブレットは扱わない予定で、

ヘッドホンやウェアラブルフィットネストラッカー「Mi Band」などを販売する予定だ。

しかし、これがXiaomiの米国市場参入への第一歩となることに変わりがない。

オンラインストア「Mi」が順調に運営されていけば、いずれ主力製品が販売されることは間違いないだろう。

Xiaomiはオンラインストア「Mi」を足がかりに米国でのシェアを徐々に拡大していくつもりだ。

現在、XiaomiはSamsungを抜いて世界で3位のスマートフォン・メーカーとなっている。

端末の完成度は高く、かつコストパフォーマンスも高い。

APPleの牙城を突き崩して世界ナンバーワンの地位につく日はそれほど遠くないだろう。


参考:
http://japan.cnet.com/news/service/35060358/

Xiaomiの戦略についてはこちら

Xiaomiの新型フラッグシップ端末「Mi Note」

今年1月に発表されたばかりの新フラグシップ端末「Mi Note」。

前フラグシップの「MI4」よりもさらに性能があがりつつもコストパフォーマンスも非常に高くなっている。

魅力はなんといっても大型化した液晶にあると言えるだろう。

この液晶パネルにはシャープ製または JDI 製を採用したフルHD液晶。

また、ゴリラガラス 3も採用されていて、強度があり、かつ美しい。

アダプティブダイナミックコントラストモードやブルーライトカットモードもサポートしている。

それに加えてハイレゾ音源の再生にも対応。

ESS9018K2M デコーダーを搭載しており、DSD、FLAC、WAVE、APE のロスレス音源を再生できる。

ボディは厚さ6.95mで、重量は 161g 。

5.7 インチスマートフォンではかなり軽量となっている。

ちなみに、「Mi Note」には上位版の「Mi Note Pro」が用意されている。

こちらは2,560 × 1,440 ピクセルのディスプレイに、Snapdragon 810 2.0GHz オクタコアプロセッサ、4GB RAM LPDDR4、64GB ROM、LTE-Cat 9 に対応とかなり豪華なスペックになっている。

参考:
http://www.gizmodo.jp/2015/01/xiaomimi_noteiphone_6_plus.html

シャオミ「Mi Note」のスペック

Mi Note   2

ディスプレイは 5.7 インチ、解像度 1,920 × 1,080 のフルHD液晶を搭載。

プロセッサはSnapdragon 801 2.5GHz クアッドコア。

RAMは3GB。

ストレージは32GB。

バッテリーは3080mAh。

カメラは背面1300万画素、前面400万画素。

OSはAndorid 4.4 KitKat。

くわしくはこちら
 

上位版「Mi Note Pro」のスペックはこちら
 

1300円の活動量計Xiaomi「Mi Band」

Mi Band  1

米国のオンラインストア「Mi」で発売予定の「Mi Band」。

値段は日本円で1300円しかしない。

液晶ディスプレイがない活動量計は数多く発売されているが、ここまで安いものは他にはないだろう。

しかもただ安いだけではなく、性能もなかなか。

通常の活動量計と同じようにスマホと連携してフィットネスデータを活用できたり、睡眠計として使うことができる。

個人的にはXiaomiの端末を「Mi Band」に近づけると、自動的にロックが解除される機能が気に入っている。

日本でも発売してほしい。

追記:現在Amazonでも発売中

参考:
http://japanese.engadget.com/2014/07/23/xiaomi-1300-mi-band/

シャオミ「Mi Band」の詳細情報

Mi Band   2

Mi Band はフィットネスモニタと睡眠計を搭載するリストバンド型の活動量計。

防水防塵性なども備え、価格は79人民元(約1300円)。

計測できるのは、着用者のウォーキング/ランニングなどの移動状況と睡眠サイクル。

最適なタイミングで振動するスマートアラーム機能も備える。

またMi Band をスマートフォンに近づけることで、パスワード入力なしにロックを解除する機能を搭載。

スマートフォンとはBluetooth で接続し、バッテリーの持ちはスタンバイ状態で30日間。

IP67 の防水にも対応する。

くわしいレビュー記事はこちら

追記:Amazonでも発売になりました!

2GB に倍増した「Redmi 2 増強版」

Redmi 2

1GB RAM を搭載していたRedmi 2 がRAM2GBに増強された。

価格は799 元(約 15,000 円)。

スペックはあがっても価格はそれほど上がってはいない。

Redmi 2 は、64bit 対応の Snapdragon 410 MSM9016 1.2GHz クアッドコアプロセッサを搭載したスマートフォン。

液晶には4.7 インチ 1,280 × 720 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイを搭載。

 LTE 通信にも対応して2,200mAh のバッテリーなどを備える。

参考:
http://juggly.cn/archives/140501.html

「Redmi 2」に関しては過去の記事でもふれています。

Xiaomi 関連記事

ついにAppleを超える時がきた! Xiaomiの最新フラグシップ端末「Mi Note Pro」

1万円台で64bit対応プロセッサ搭載?! Xiaomi の最新スマホ Redmi 2
 

Akiba Burari Storeはこちらから。