知られざる影の実力者 ファーウェイのハイエンドAndroidスマホ「Huawei Honor 6 Plus」

honor6-plus-1

日本では「Ascend」シリーズでおなじみのHuawei(ファーウェイ)。

実は日本未発売のモデルを中国や新興国で発売している。

特に注目したいのは高スペックのハイエンド端末。

価格を抑えながらも完成度の高い製品に仕上がっているようだ。

日本で発売されている人気機種にも引けを取らないだろう。

また、新興国向けに発売されているローエンド端末にも注目したい。

低価格で使いやすい端末であれば、日本に上陸する可能性が高い。

おそらく格安スマホとのセット販売で売り出すメーカーも出てくるだろう。

今後のHuaweiの動きは見逃せない。

参考:

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1501/09/news104.html

ツインカメラを搭載したハイエンド端末「Honor 6 Plus」

honor6 Plus-01

Huaweiファーウェイから発売されているハイエンド端末と言えば、「Huawei Honor 6 Plus」が有名だ。

なんと言ってもカメラの性能がずば抜けている。

背面に搭載されている800万画素のツインカメラは、オートフォーカスも高速。

画素数800万でも画質は1300万画素相当になるという。

おまけに前面にも800万画素のカメラが搭載、自撮りも楽々だ。

また、解像度の高いジャパンディスプレイを採用して、美しい映像を見るのに最適。

カメラで撮った写真や動画コンテンツなども5.5インチの大画面で存分に楽しめるようになっている。

個人的にはmicro SDスロットが搭載されて、ストレージ容量を増えやせるところが気に入っている。

カメラで頻繁に撮影していると、ストレージ容量が気になってしまうからだ。

バッテリーが3600mAhと大容量なので一日フルで使えるのもグット。

Amazonで「Huawei Honor 6 Plus」をチェックする

楽天で「Huawei Honor 6 Plus」をチェックする

「Honor 6 Plus」のスペック

Huawei「Honor 6 Plus」 2

Huawei Honor 6 Plus

  • ディスプレイは5.5インチ、解像度1920×1080のジャパンディスプレイ液晶
  • プロセッサはHiSilicon製のKirin 925(オクタコア/1.8GHz)。
  • RAMは3G。
  • ストレージは16GB/32GB。
  • バッテリーは3600mAh。
  • カメラは背面に約800万画素(ツインカメラ)。前面に800万画素。
  • 通信方式はFDD-LTEとTD-LTEの2つの方式に対応。
  • OSはAndroid 4.4.4 KitKat。(Android5.1にアップデート可能)

くわしいスペックはこちら

Amazonで「Huawei Honor 6 Plus」をチェックする

楽天で「Huawei Honor 6 Plus」をチェックする


安くてもハイスペック Huawei「Honor 4X」

Huawei-Honor-4X

Huaweiファーウェイが新興国向けに販売しているのが「Honor 4X」だ。

価格は約120ドルだが、そのわりには非常に高スペック。

大画面の5.5インチの液晶に、ハイパワー処理が可能なオクタコアプロセッサを搭載。

なおかつバッテリーが3000mAhと大容量。

カメラも背面1300万画素と前面500万画素と妥協がない。

唯一ストレージ容量が少ないのが弱点だが、micro SDカードで32GBまで増やせるので安心だ。

ヤフーショッピングで「Honor 4X」をチェックする

「Honor 4X」のスペック

Honor 4X

Honor 4X

  • ディスプレイは5.5インチ、解像度1280×720のHD液晶
  • プロセッサはHiSilicon製のKirin620(オクタコア/1.2GHz)。
  • RAMは2G。
  • ストレージは8 GB。microSDで32 GBまで増設可能。
  • バッテリーは3000mAh。
  • カメラは背面1300万画素、前面500万画素。
  • OSはAndroid4.4.2 (KitKat)。
  • 通信方式は4GがFDD-LTEとTD-LTEに対応。
  • 価格は約120ドル。

くわしくスペックはこちら

ヤフーショッピングで「Honor 4X」をチェックする

SIMフリー&LETに対応した8インチAndroidタブレット「MediaPad M1」

MediaPad M1-01

Huaweiファーウェイから発売されているタブレットと言えば「MediaPad M1 」が有名だ。

気軽に持ち出せる8インチサイズで8mmを切る薄さ。

LET通信にも対応しているので外出用としても使える。

解像度は低めだが、IPS方式なので視認性は十分。

液晶面上下にステレオスピーカが搭載されているので音楽も楽しめる。

Amazonで「MediaPad M1」をチェックする

楽天で「MediaPad M1」をチェックする

ヤフーショッピングで「MediaPad M1」をチェックする

「MediaPad M1 」のスペック

MediaPad M1 」

  • ディスプレイは8インチ、解像度1,280×800のIPS液晶。
  • プロセッサはHiSikicon製のKirin910(クアッドコア1.6GHz)。
  • RAMは1GB。
  • ストレージは8GB。32GBのmicroSDカードにも対応。
  • バッテリーは4,800mAh.
  • カメラは背面約500万画素.
  • OSはAndroid 4.2。

くわしいスペックはこちら

 Amazonで「MediaPad M1」をチェックする

楽天で「MediaPad M1」をチェックする

ヤフーショッピングで「MediaPad M1」をチェックする

<関連記事>

アキバにも売っていない超激レアなスマホをまとめて紹介!

一度持ったら手放したくなくなる ちっちゃくてかわいい ちびちびスマホ まとめ

指紋認証も大容量バッテリーも当たり前?! アキバにも売っていない超激レアなAndroidスマートフォン まとめ

EXPANSYS レノボ製「Lenovo Vibe Shot」など激レアなAndroidスマホを激安で大量販売!

一万円以下で買えちゃう?! SIMフリーで使える通話専用ガラケー/スマホ まとめ

きみたち タブレットじゃなかったの?! 超大型液晶を備えたジャンボなAndroidスマホ まとめ

最強のタフネススマホはどれだ? 京セラ「TORQUE G02」 vs サムスン「Galaxy S6 Active」

格安SIM&スマホもチェック!

LINE好きならコレで決まり! 月額500円から利用できる格安SIM「LINEモバイル」

電話料金を安くしたいならコレ! 楽天スーパーポイントも貯まる格安SIM「楽天モバイル」

乗り換え続出でパンクする?! Yahoo!プレミアムが無料で使えるお得なスマホ「ワイモバイル」(Y!mobile)

人気メーカーのスマホやタブレット、スマートウォッチをまとめて紹介!

今がチャンス? SIMセットでお買い得になったファーウェイスマホをまるごとチェック!

格安スマホは意外と高い?! 激安でASUS ZenFoneシリーズを手に入れる方法

格安SIMはもう当たり前 SIMフリーのソニー Xperiaシリーズを激安でゲットする

SIMフリーでも激安! 不動の人気を誇るApple「iPhone」 「iPad」シリーズを激安で手に入れる方法

人気復活で絶好調! サムスンの最新Galaxyシリーズを激安でゲットする

最新のスマートフォンをチェックする

最新のタブレット製品をチェックする

最新のスマートウォッチ製品をチェックする

最新のAndroid製品をチェックする

最新のWindows製品をチェックする

最新のデュアルOSタブレットをチェックする

最新のゲーム製品をチェックする

最新のモバイルバッテリーをチェックする

最新のガジェットをチェックする

最新のフリーテル製品をチェックする

最新のHTC製品をチェックする

最新のサムスン製品をチェックする

最新のソニー製品をチェックする

最新のシャオミ製品をチェックする

最新のZTE製品をチェックする

最新のASUS製品をチェックする

最新のEXPANSYS情報をチェックする

最新のApple製品をチェックする

最新のファーウェイ製品をチェックする