ハイスペックで頂点を極める 世界初となる6GB RAMを搭載したフラグシップモデル BBK「Vivo Xplay5 Ultimate (旗艦版)」

Vivo-Xplay5-Ultimate-04

中国メーカー BBKから最新フラグシップモデル「Vivo Xplay5 Ultimate (旗艦版)」が発表された。

世界初となる6GB RAMや クアルコムの最高峰プロセッサSnapdragon 820 を搭載し、ハイスペックなモデルになっているという。

BBKはすでに「Vivo X5 Pro」や「Vivo X3S」などを発売済み。

低価格でハイスペックなモデルを次々に投入し、全世界の注目を集めている。

今回発表された「Vivo Xplay5 Ultimate」は画面分割機能も利用できるハイスペックなモデル。

RAM 6GBとSnapdragon 820で、快適に複数のアプリをマルチタスクで利用することが可能だ。

公式製品紹介ページ

www.vivo.com.cn/vivo/xplay5s/

世界初のRAM 6GB&Snapdragon 820を搭載したハイスペックモデル BBK「Vivo Xplay5 Ultimate 」

Vivo Xplay5 Ultimate-01

「Vivo Xplay5 Ultimate  (旗艦版)」は中国メーカー BBKが開発したフラグシップモデル。

世界初 RAM 6GB や Snapdragon 820 を搭載したほか、画面分割機能も利用できる。

ディスプレイは5.43インチ、解像度 2560×1440の Super AMOLED液晶を搭載。

画面の両端はGalaxy S6 Edgeのように曲面になっている。

また、画面分割に対応し、動画などのコンテンツを楽しみながらメッセージを確認するなど大画面を利用したマルチタスクが利用できるようになっている。

プロセッサはQualcomm Snapdragon 820 クアッドコア 2.2GHz、RAMは6GBを搭載。

ストレージ容量は128GBで、バッテリー容量は 3600mAh。

カメラは背面1600万画素、前面800万画素。

センサーにはSony IMX298センサーを採用する。

背面カメラにはF値2.0の明るいレンズを搭載し、前面カメラにもF値2.4の明るいレンズを備えている。

Vivo-Xplay5-Ultimate-05

通信はLTE-Advancedに対応し、高速通信が利用可能。

VoLTEでの通話にも対応する。

また、WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, Bluetooth 4.2もサポートする。

 音響面ではHi-Fi 3.0に対応し、ハイレゾでの再生が可能。

FM ラジオにも対応する。

底本体の面にはスピーカーと充電用のMicro-USBポートを装備し、指紋認証センサーも搭載する。

OSはAndroid 6.0 Marshmallow ベースの独自OS「Funtouch OS 2.6」を採用している。 

サイズは153.5×76.2×7.59mmで、重量は167.8g。

シャンパンゴールド/ローズゴールドの2色をラインナップする。

参考:

getnews.jp/archives/1422522

tabkul.com/?p=109318

gigazine.net/news/20160302-vivo-xplay5s/


「Vivo Xplay5 Ultimate (旗艦版)​」のスペック

Vivo Xplay5 Ultimate-02

■ディスプレイは5.43インチ、解像度 2560×1440の Super AMOLED液晶

■プロセッサはQualcomm Snapdragon 820 (MSM8996) Quad-core 2.2GHz

■RAMは6GB

■ストレージは128GB

■バッテリーは 3600mAh

■カメラは背面1600万画素、前面800万画素

■OSはFuntouch OS 2.6 (Android 6.0 Marshmallow ベース)


くさしいスペックはこちら

gpad.tv/phone/bbk-vivo-xplay5-ultimate/

 icon-chevron-circle-right 最新のスマートフォンをチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新のAndroid製品をチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新のシャオミ製品をチェックする