「Samsung Galaxy S7」タフに進化したハイスペックスマホ


サムスンからフラグシップモデルのAndroidスマートフォン「Samsung Galaxy S7」が発表された。新たにスリープ中でも時計やカレンダーなどを常時表示できる「Always-On Display」機能が追加され、電力消費を抑えることができるという。

サムスンはこのほかにもデュアルエッジスクリーンを搭載した「Galaxy S7 edge」を発表済み。お気に入りのアプリのショートカットを表示できる「アプリエッジ」やサードパーティーでも対応アプリ(パネル)を開発できる仕組みを採用して注目を集めている。

今回発表された「Samsung Galaxy S7」はIP68等級の防じん・防水に対応する待望のモデル。ゲームアプリの処理速度を抑えてバッテリー消費を減らす機能も搭載されたことで、これまで以上に快適に使うことができそうだ。

公式製品紹介ページはこちら

Samsungスマホのまとめ記事こちら

Always-On Displayを搭載したサムスンのフラグシップモデル「Samsung Galaxy S7 」

Samsung Galaxy S7」はAndroid 6.0を搭載したハイスペックなスマートフォン。IP68等級の防じん・防水に対応するほか、新たに「Always-On Display」機能が追加されている。

ディスプレイは5.1インチ、解像度1440×2560のSuper AMOLED液晶を搭載。プロセッサはExynous 8 Octa」またはQualcomm Snapdragon 820で、RAMは4GBを備える。ストレージは32GB、64GB、128GBの3種類を用意し、microSDXCカードで最大200GBまで増設可能。バッテリー容量は3000mAh。Qi(チー)規格とPMA規格に準拠する非接触充電に対応。急速充電はUSB端子では「Quick Charge 2.0」に、非接触充電ではQiの高速充電にそれぞれ対応している。

カメラは背面1200万画素、前面500万画素。背面カメラはF1.7の明るいレンズを採用し、位相差オートフォーカス(AF)が利用可能。光学式手ぶれ補正に対応し、センサーの受光素子の面積も56%大きくなっている。

通信は4G LET、3G、2Gに対応。

対応ネットワークは4G LTE  1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/38/39/40/41、3G/HSPA 850/900/1700/1900/2100、2G/ 850/900/1800/1900。SIMスロットはデュアル仕様でSIMカードサイズは nano SIMを採用する。WiFi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz), Bluetooth4.2 LEをサポート。ANT+、NFC,に対応するほか、送信機と受信機の双方で複数のアンテナを使い、通信品質を向上させるMIMOにも対応する。

本体はIP68等級の防じん・防水仕様で、水ぬれやほこりの多い環境でも利用可能。USB端子、イヤホン端子ともにキャップレス防水となっている。また、本体内部に水分を含むヒートパイプを装備し、処理の大きい処理が連続する状況でも発熱を抑えることが可能。ゲームアプリの処理速度を抑えることでバッテリー消費を減らす機能も備えている。

本体の背面はガラスパネルとなっており、バッテリーは交換不可。本体上端にトレイ形式のSIMカードとmicroSDカードのスロットを装備し、デュアルSIM(nano)にも対応。デュアルSIM利用時にはmicroSDカードは利用不可。

そのほか、スリープ中でも時計やカレンダーなどを常時表示できる「Always-On Display」に対応。Always-On Display機能では黒い背景のまま時刻など限られた情報のみを表示し、電力消費を抑えることができる。また、ホームボタンにはGalaxy S6同様に指紋認証センサーを備えている。カラーはブラックオニキス、ホワイトパール、シルバーチタニウム、ゴールドプラチナの4色を用意。「シングルSIM」モデルと「デュアルSIM」モデルが用意される。サイズは150.9×72.6×7.7mmで、重量は157g。

「Samsung Galaxy S7」のスペック

  • ディスプレイは5.1インチ、解像度1440×2560のSuper AMOLED液晶
  • ※「Galaxy S7 edge」は5.5インチ
  • プロセッサはExynous 8 Octa」またはQualcomm Snapdragon 820
  • RAMは4GB
  • ストレージは32GB、64GB、128GBの3種類  (microSDXCカードで最大200GBまで増設可能)
  • バッテリーは3000mAh
  • ※「Galaxy S7 edge」は3600mAh
  • カメラは背面1200万画素、前面500万画素
  • OSはAndroid 6.0
  • くわしいスペックはこちら

Amazonで「Samsung Galaxy S7」をチェックする

楽天市場で「Samsung Galaxy S7」をチェックする

ヤフーショッピングで「Samsung Galaxy S7」をチェックする

デュアルエッジスクリーンを搭載したフラグシップモデル「Galaxy S7 edge」

Galaxy S7 edge」はAndroid 5.1を搭載した5.7型のスマートフォン。デュアルエッジスクリーンを搭載し、エッジ部分をスワイプすることで好みのアプリに簡単にアクセスできる。

ディスプレイは5.7インチ、解像度2560×1440のSuper AMOLED液晶を搭載。プロセッサはオクタコア「Exynos 7420」(クアッド2.1GHz+クアッド1.5GHz)、RAMは4GBを備える。ストレージ容量は32/64GBで、micro SDカードで増設可能。バッテリー容量は3000mAh。カメラは背面1600万画素、前面500万画素。ホームボタンをダブルクリックすることで、1秒未満でカメラを高速起動できる。

通信は4G LET、3G、2Gに対応。

対応ネットワークは4Gが FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26, TDD-LTE: B38/39/40/41 / 、3Gが 850/900/1900/2100 MHz / 、2GがGSM: 850/900/1800/1900 MHz。

SIMカードサイズNano-SIMを採用。IEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠の無線LAN規格とBluetooth 4.2もサポートする。

機能面では、エッジ部分をスワイプして好みのアプリに簡単にアクセスできる新機能「Apps edge」を搭載。このほか「People edge」では、あらかじめ設定した連絡先を検索し、メッセージを送信したり、電話をかけたりすることができる。サイズは75.8(幅)×154.4(高さ)×6.9(奥行)mm、重量は約153g。カラーはブラックサファイア、ゴールドプラチナム、シルバーチタニウム、ホワイトパールの4色をラインナップする。

「Galaxy S7 edge」のスペック

  • ディスプレイは5.7インチ、解像度2560×1440のSuper AMOLED液晶
  • プロセッサはオクタコア「Exynos 7420」(クアッド2.1GHz+クアッド1.5GHz)
  • RAMは4GB
  • ストレージは32/64GB
  • バッテリーは3000mAh
  • カメラは背面1600万画素、前面500万画素
  • OSはAndroid 5.1(Android 6.0へアップデート可)

 

 

 

ビックカメラ.com

 

<関連記事  スマホ>

Samsungスマホをまとめて紹介!

人気復活で絶好調! サムスンの最新Galaxyシリーズを激安でゲットする

<コスパのいいスマホ>

一万円以下で買えちゃう?! SIMフリーで使える通話専用ガラケー/スマホ まとめ

1万5千円前後で買える性能の高いスマホ まとめ

2万円台で買えるリッチなスマホ 全機種を比較 

激安過ぎておつりがくる EXPANSYSで買えるお得なSIMフリースマホ まとめ

<ハイスペックなスマホ>

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

選ばれし者だけが使う究極のハイスペックスマホ まとめ