ONKYO 「W800BT」コスパの高い完全ワイヤレスイヤホン 


AmazonでONKYO製の完全ワイヤレスイヤホン「W800BT」が販売されている。8.6mm径ダイナミックドライバーを搭載した注目の製品。密閉型構造で外音を遮断してクオリティの高いサウンドが楽しめる。

ONKYO 「W800BT」はどんな完全ワイヤレスイヤホンなの?

高音質にこだわった完全ワイヤレスイヤホン。Φ8.6mmダイナミック・ドライバー搭載でピュアで精度の高いサウンドが聴けるようになっている。

ボディは人間工学に基づいたデザインで快適にフィット。本体にマイクを内蔵し、ハンズフリー通話も利用できる。

また、製品にはUSB充電器を兼ねたコンパクトな充電ケースが付属。フル充電時でイヤホンへ5回分のチャージが可能になっている。

ONKYO 「W800BT」の価格は?

Amazonでの「W800BT」の価格は現在 12,076円。音質にこだわったコスパのいい完全ワイヤレスイヤホンを探している人におすすめだ。

公式製品紹介ページはこちら

完全ワイヤレスイヤホンのまとめ記事はこちら

ONKYO 「W800BT」8.6mm径ダイナミックドライバー搭載完全ワイヤレスイヤホン

W800BT」は左右のイヤフォンが独立した完全ワイヤレスイヤホン。外部からの騒音も遮断した密閉型構造や8.6mm径ダイナミックドライバーなどを採用し、バランスのとれたクリアなサウンドが楽しめる。

音はいいの?

「W800BT」には8.6mm径ダイナミックドライバーを搭載し、迫力の低音とクリアな高域をナチュラルに再現。外部からの雑音をさえぎ密閉型構造でクリアな高音質サウンドを実現している。

通信はどうなってる?

「W800BT」のBluetoothのバージョンは4.1、最大通信距離が約10m、対応プロファイルがA2DP、HFP、HSP、対応コーデックがSBCをサポート。

スマホと連携できるの?

「W800BT」本体にはマイクを搭載。スマホと連携することでハンズフリー通話も利用できる。

バッテリーはどうなってる?

「W800BT」の電源は55mAhの充電式リチウムポリマー電池を内蔵し、連続通信が最大3時間(音楽再生時)、充電時間が約90分、連続待受け時間が最大40時間となっている。

また、イヤホンに5回充電できるバッテリー内蔵の専用充電ケースが付属。ケースにはバッテリを充電するためのUSBケーブルが付いている。

ボディはどうなってる?

「W800BT」のホディには雑音を遮断する密閉型構造を採用。人間工学に基づいたデザインとスタビライザーも採用し、長時間装着しても疲れにくくなっている。

サイズや重さ、色はどうなってる?

「W800BT」のサイズは不明。重量は125g(専用充電ケース含む)。カラーはブラックのみを用意する。

ONKYO 「W800BT」のスペック

  • カラー ブラック
  • ハウジング 樹脂
  • 磁石タイプ 強磁力希土類マグネット搭載ドライバー
  • スピーカー口径 φ8.6mm
  • 再生周波数帯域 6Hz – 22,000 Hz
  • 最大入力 30mW
  • 感度 107 dB / mW
  • インピーダンス 16Ω
  • 伝送方式 Bluetooth®4.1
  • 最大通信距離 10 m
    対応コーデック SBC
  • 対応Bluetooth®プロファイル HFP, HSP, A2DP
  • マルチペアリング 最大4台
  • 連続音楽再生時間 最大3時間
  • 連続待受時間 最大40時間
  • 充電時間 本体部90分 充電ケース2時間
  • マイク有無 有
  • 本体質量 125 g
  • 付属品 充電ケース
  • イヤホンチップ(シリコン)S,M,L 各2個

Amazonで「W800BT」をチェックする

楽天で「W800BT」をチェックする

ヤフーショッピングで「W800BT」をチェックする

<関連記事  音楽>

<オーディオプレーヤー>

オーディオプレーヤーは2万円前後がおすすめ 全機種を比較

ベストな一台はどれ? コンパクトに持ち歩ける最新ハイレゾ対応オーディオプレーヤー まとめ

<ソニーの音楽製品>

やっぱり音が一番いい ソニーのウォークマン・ヘッドホンで秋の音楽ライフを満喫する

<イヤホン>

完全ワイヤレスイヤホン 最強コスパはどれだ? 

ネックバンド型イヤホンに高コスパモデルが続々 全機種を比較

<レコードプレーヤー>

人気復活で大ブーム! 温かみのある音が楽しめるアナログレコードプレーヤー まとめ